シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は、オフミでダイエットのお話…

<<   作成日時 : 2011/02/26 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

今日は、午後から越谷のファミレスで、ぴんくさん、せっちゃんと、私の3人で、オフサイトミーティングでした。

お二人にお会いするのは、本当にお久しぶりです…。

土曜日は、基本的にOFF日なのですが、しばらくは、上志津店で、どうしても土曜の午前中にパーソナルセッションを希望するお客さまがいますので、完全OFFは無しですね(笑)。

今日も、上志津でセッションを終え、越谷まで直行しました。

たまたま、今日は午後からのバレーの練習がお休みでしたので、お二人とのオフミが実現しました…。

今日のオフミのテーマは、「ダイエット」…です(笑)。

個別のお話は「オフレコ」ですが、ここで、基本的な事をまとめておきたいと思います。

まず、何故、体重が増えこそすれ、減らないのか…。

根本原因、それは、実は、基礎代謝の減少なんですね。

分かり易くいうと、筋の縮小と機能の低下です。

サルコペニアという現象で、加齢に伴う筋委縮です。

筋縮小と機能の低下は、基礎代謝だけでなく、活動代謝も下げてしまいます。

筋力が後退すれば、どうしても階段ではなくエスカレーターを選択し、歩いていけるところでも、クルマに頼ってしまったりしてしまいます。

いままで自転車で登りきることができた坂を、自転車を押して上るようになる日も、遠くありません。

まさの、負の循環です。

それでは、どうすればこの状況から脱却できるのでしょうか。

それは、月並みですが、レジスタンス運動によって、筋力を取り戻すことなのです。

特に、女性には抵抗があるかもしれませんね…。

レジスタンス運動は、別名、苦手の筋トレですからね(笑い)。

そして、筋トレの後、15分でも構わないので、軽めの有酸素運動を行ってください。

筋トレ後の有酸素運動は、脂肪燃焼のための「ゴールデンタイム」なのです。

筋トレといっても、難しいことはありません。

例えば、今日、ファミレスで実演したのですが、椅子に座った状態から立ちあがるスクワット。

上半身を前屈せずに、直立させたまま立ち上がってください。

これって、結構、きついですよ(笑)。

現に、お二人とも、立ち上がれませんでした…。

大概、椅子から立ち上がる際には、上半身を前屈し、勢いをつけているはずです。

これを、大腿筋だけで立ち上がる訳です。

皆さんも一度、試してみてください。

このエクササイズは、拙著で分かり易く解説しています。



筋を意識すること…、これも重要です。

例えば、我が家には黒猫の「クロ」というペットがいます。

撫でで欲しくて鳴きながら甘えてきます。

ところが、私が忙しい時など、ほとんど無視(笑)。

クロは、寂しそうに部屋を出ていてしまいます。

ところが、忙しい中でも、気持ちを「クロ」に向けて、撫でてやると、「ごろにゃん」と甘え、私の膝に乗ってきます。

筋も同じ何です。

「今、お前を使っているよ。頑張ってね!」と意識を筋に送れば、筋は、「ごろにゃん」と甘え、期待に応えてくれるんです!

例えば、坂道を自転車で登るときに、何が別のことを考えながら登る(筋を無視する)のではなく、大腿筋を意識し、「頑張れよ!」と念じつつ上るだけで、筋は「ごろにゃん」と応えてくれんです(笑)。

電車に乗っていても同じです。

吊革につかまりながら、腹筋を意識してギュッと締める、それだけで効果があります。

このところ、私の早朝血糖値が安定しているのですが、その原因は、良くわかりません。

ところが、ぴんくさんから、目からうろこの指摘がありました。

「電車通勤が増えたからではないですか?」

高田馬場や鷺ノ宮のジムに行くようになったのが1月。

確かに、1月から、電車で通うようになりました!

しかも、私は、ほとんどエスカレーターは使いません。

階段も、場合によっては2段上がり…。

そんな、日常的な運動の効果なのかも知れませんね。

筋は、可愛がってやれば、必ず応えてくれます。

本当は、お二人を、商売抜きで徹底サポートしたいのですが…。

あまりにも、時間が有りません(合いません)。

兎も角、良い報告を待っています。

ダイエットは、やると決意し、頑張っている今のあなたが美しいのです!!

ぴんくさん、せっちゃん…頑張れ!!















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、今日はこちらの方まで来て頂いて、本当にありがとうございました。
わかりやすく丁寧に教えて頂いて勉強になりました。
今のこのやる気を、継続できるように頑張りたいと思います。

今日早速筋トレとウォーキングをしてきましたが、すでに太腿がぷるぷるいってますよ^^;
良い報告出来るように頑張りますので、見守って下さいね!
ありがとうございました!
2011/02/26 22:08
すいません、上のコメント。
間違えてニックネームにタイトル書いちゃいました^^;
失礼しました。
せっちゃん
2011/02/26 22:08
せっちゃん、こんばんは。

先ほどはどうも…。

越谷〜柏は、20qチョットしかなく、ナビでは45分だったんですけど、道が混んでいて(消防車が数台止まっていましたので、何かあったみたいです)、1時間半かかりました(笑)。

兎も角、今日の今日、早速、踏み出していただいて、ありがとうございます!

3か月後に、また、お会いしましょう…。

その時に、輝いてるせっちゃんを見たいと思います。

何か分からないことや、ぶつけたいこと(笑)ことがあれば、いつでもご連絡くださいね!



sho
2011/02/26 22:29
今日はわざわざ忙しい中来て頂いてダイエットのお話ありがとうございました^^
ほんとお久しぶりでしたが・・・太ったなと思ったことだと思います(笑)

運動が必要であることはわかっているものの、なかなか動けなかったんですがshoさんのわかりやすい話を聞いて初心を思い出すことが出来てまた頑張ろうと思いました。


早速筋トレしてみました・・最悪なことに10回でギブアップでした><
予想以上に酷かったのでびっくり!

あまり無理のないようにshoさんの言うとおり
週3回を目標に始めてみます。
ちょっとくじけそうなときはメールさせてください(笑)
3ヵ月後shoさんに堂々と会える自分になってたいと思いますのでよろしくお願いします☆
今日はほんとにありがとうございました。
ぴんく
2011/02/26 22:47
ぴんくさん、おはようございます。

早速、始めていただき、ありがとうございます。

思い立ったが吉日といいますが、一歩を踏み出すことができて、良かったですね!

回数は、10回でも構いません。

1動作6秒、体を持ち上げる時に息を吐ききる、使っている筋を意識する、この3点を守って、出来る範囲で結構です。

なんとか15回できるようになったら、もう1セットやってみてください。

2セット目も、同様に3点に注意して、出来る範囲で、5回でも10回でも結構です。

3か月後に、またお会いしましょう!

何かあれば、いつでもご連絡ください!
sho
2011/02/27 06:53
体重は、不思議なことに53.5sあたりで動きません。一時は、68sもあったのですがね。痩せるこつは、まず食事。次に運動でしょうね。運動のみで痩せるのは至難の業。忙しい社会人では無理でしょうね。糖質制限し、運動する。これがダイエットのこつですねえ。特に夜の食事は大事です。昼は炭水化物を摂取しても夜は避けるべきです。そして、運動。今日もかんたん体操をしてから出勤しました。
生駒山
2011/03/01 09:03
生駒山さん、こんばんは。

仰る通りですね。

運動と食事は、クルマの両輪です。

自分自身が著しているにもかかわらず、本当に、「かんたん体操」は理にかなっていると、あらためて思っています(笑)。

ところで、生駒山さんの体脂肪率はどれ位なのでしょうか?

次の目標は、体重を変えず、体脂肪率を落とすことだと思います。

現在、体脂肪率が十分に低ければ…、A1cを上げずに体重アップが目標になりますね。

「からだ作り」は、永遠のテーマです。

お互いに、頑張りましょうね!
sho
2011/03/01 21:44
あちゃ、体脂肪率なんて測定したことなかったなあ。BMIは、20.5なんですけどね。一度調べてみます。今日もかんたん体操を実践して出勤した生駒山でした。
生駒山
2011/03/02 09:45
生駒山さん、こんばんは。

おそらく、体脂肪率は問題ないと思います…。

が…、確認できればと思います。

生駒山さんの、今後の中長期的な筋強化戦略としては、体重アップかも知れませんよ。

体脂肪を減量して、筋量をアップすることです。

>BMIは、20.5

私と、ほぼ、同等ですね。

まずは、体脂肪率の確認をお願いします。
sho
2011/03/02 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は、オフミでダイエットのお話… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる