シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS PPK

<<   作成日時 : 2010/07/18 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

PPK。
この言葉をご存知ですか?

ピーピーケー。
ピンピンコロリの略です。

ピンピンコロリって?
ピンピン元気で生きて、或る日、突然コロリと逝くことです(笑)。

誰の命も、有限のものですよね。

我々の命は、いつかは終わります。

それでも、生涯現役で、元気に暮らそう…、それが生きることを楽しむ秘訣だということです。

この言葉、最近、いわれ始めたのではありません。

私は、10年以上前に、この言葉を耳にしています。

当時、農業関係の会社に勤めていたのですが、長野の農村で、「PPK運動」が持ち上がっていると、農文協とう出版社の「現代農業」という雑誌で知りました。

当時の私は、40代。
言葉の意味は理解できましたが、全く、実感をもてませんでした。

糖尿病の数値は、今よりもはるかに悪かったのですが、まだまだ、「PP」に近かったんでしょうね(笑)。

やっと今、「K」が見えてきました。

今、切に、「PPK」を望んでいます。

糖尿病という、ハイリスクを抱えるだけに、余計にそう思います。

何事においてもいえることですが、結果を得るには周到な準備が必要です。

その上で、後は運!

やはり、食事と運動は極めて重要です。

今日の番組、「からだの気持ち」で、「PPK」を取り上げていました。

長野県は、男性長寿NO1の県だそうです。

その食事は…。

低カロリーで減塩。

しかし、これも、番組です。

番組にデバイスは付き物。

一方で、高齢者のカロリー不足が病気の根源だという研究もあります。

減塩は必要ですが、カロリーに関しては、腹八分とタンパク質中心にたっぷりと摂る食事とが、拮抗しているように思います。

健康なお年寄りは、何でもよく食べます。

何でもよく食べる方は、元気で長生きであることも、事実です。

要は、バランスなんですね。

バランスという事では、運動が先です。

身体活動を含めた運動があり、その運動に見合った食事バランスが求められるのです。

糖質、脂質、タンパク質、どれをとっても不必要なものはありません。

何百年前には、糖質は少なかったのでしょうが、人体のエネルギーシステムを考えると、決して、不要な栄養素ではありません。

我々には、糖質に対して、確かにハンデはありますが、「PPK」を目指すのであれば、まず運動し、適時、筋へのグリコーゲンを補給しなければなりません。

体つくりが、「PPK」への道です。

体つくりは、ボディーデザイン。

ボディーデザインは、体の設計施工です。

糖質制限していれば、確かに、血糖値は安定しますが、運動が伴わなければ、いずれ、筋は衰え、糖の行き場がなくなってしまうのです。

糖質制限だけで、体の持久力が向上することはありませんし、筋肥大が起こることもありません。

糖質ゼロでも、トライアスロンを完走する、あるドクターは、それ以上にエアロビックトレーニングを積み重ね、エネルギーの酸化機構に、並外れた効率を実現しているはずです。

運動と食事。

この二つを、ハイブリッドに機能させることが、「PPK」への道です。

我々の共通テーマは、糖質を管理しつつ、どれだけ体を維持、発展させることが出来るか…ということですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
「PPK」まさに私もそうありたいと強く願います。
私の担当している方にも、合併症により介護状態となられ苦しんでおられる方が数名いらっしゃいます。
現状を受け入れ頑張っている人、早く死にたいという人…さまざまですが、
皆さんこうなるとは思ってみなかった。という思いが強いようです。
人生の先輩(糖尿の先輩)の苦しみを傾聴しつつ、共感しながらも現状に沿った支援をしています。

そういう私も、筋トレの効果?が顕著に現れA1c6.5を切りました。
基礎代謝 1117kカロリー
筋肉量 13.6キロ
BMI  20.5
(体脂肪率と体重は、秘密) 
まぁ!完全な隠れ肥満と言われました(泣)
きっとこの筋肉量では話にならないのでしょうね。。。(笑)

今まで、歩く事ばかりしていましたので、今後は、筋トレと有酸素運動+なんば歩き+自宅での柔軟体操を行っていこうと、決意を新たにしました。


  
ももちゃん
2010/07/18 17:54
ももちゃんさん、おはようございます。

合言葉は、「PPK」ですね(笑)。

ところで、うれしい報告ありがとうございます。

そして、コントロール良!おめでとうございます。

クロス・トレーニングの成果ですね。

筋トレを縦軸に、横軸の有酸素運動を組み合わせることで、運動効果を最適化することが出来るんです。

筋は地道なトレーニングで、必ず、大きくなります。

心配はいりません(笑)。

現状の運動戦略と、糖質管理を組み合わせれば、長期に糖尿病を管理していくことが可能だと思います。

これから、本格的に暑くなりますので、熱中症には十分に注意を払って運動してくださいね。
sho
2010/07/19 06:59
長野に「ぴんころ地蔵」なるものがありますよー
http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/kaiwaizu/index.html
先日キャンプに行き、カンバンをみかけました。
PPKから来ているんだろうなーと思いましたが・・
カッパ
2010/07/21 16:17
カッパさん、おはようございます。

確かに、PPKからきているようですね(笑)。

長野でキャンプかぁ…いいなぁ…。

キャンプは、子どもたちが大きくなってから、いってません(泣)。

あの頃は、飯ごうで炊いて、ひたすらごはんを食べてました(汗)。

コメだけ持っていけば、後の食材は現地調達だと…。

まだ、糖尿発病前でしたので、大丈夫だったと思いますが。

懐かしいです。
sho
2010/07/22 06:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
PPK シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる