シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動戦略の見直し

<<   作成日時 : 2010/03/21 14:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

今週は、またまた、早朝の値が高めに出ています。

週間アベレージは、第一週【144】、第二週【146】、第三週【156】と、上昇傾向。

fumさん、お勧めの、就寝前の軽めの筋トレ&ストレッチもやってみましたが、残念ながら、翌日、早朝の値には確たる効果を感じることはできませんでした。

本日、早朝、【159】。
いつもの朝食で、2時間後【200】!

昨日も、早朝【165】、朝食後2時間【202】。

これじゃ、A1cは下がりませんよね。
糖質は、10g程度だと思います。
午前中は、糖質を摂らなくても上がる気がします…。

昨日も、一昨日も、夕食後2時間は、【146】、【145】と、順調なのですが…。

午前中は、下がりにくい状態が続きます。

食後2時間が、【200】の大台、ここから5.5時間かけて、昼食前に【140】〜【150】台にまで下がるのが精一杯です。

今日は、時間がありましたので、午前中に筋トレを行いました。

筋トレ前【200】。
筋トレ後(1時間後)【147】です。
昼食前には【128】になっていました。

筋トレ後、ジョキングすれば、多分、二桁だったと思います。

先週の日曜日、やはり、筋トレをしましたが、トレーニング前【172】。
その後、30分のジョキングで、【84】まで下がっています。

久しぶりに、低血糖の症状、手の震えを自覚しました(笑)。

ここまで下がると、リバウンドします(笑)。

一口チョコ2個を補給しましたが、昼食前で【147】と、いつもの値でした。
チョコで、10程度上がった可能性がありますが、通常、120前後まではリバウンドします。

夕食前のアベレージは、【135】。
夕食後2時間のアベレージは、【150】です。

血糖アベレージを下げるのであれば、血糖値が高めの午前中の運動が有効のようです。

午前中は、摂取糖質量はそれほどありませんので、トレーニングやジョキング30分程度で簡単に下がります。

午前中にできるだけ下げておいて、昼食を摂る。

午後は、午前よりもインスリンの出がいいようですので、食間を6時間空ければ、夕食前には120〜130台になります。

夕方、運動ができれば下がりますが、下がりすぎてもリバンドします。
ジョキングは、30分で効果的に下がるのですが、午後は、中長期的な目的の筋トレを主に考えた方ががいいようです。

筋トレは、週に一回木曜の加圧と、自宅の「ミニジム」で日曜又は月曜日の夕方と、週2回。

水曜(夜)と土曜(夕方)は、バレーボール。

となると、火、金の午前中に、いかにジョキングするか…ですね。
また、バレーの練習の無い場合の水曜と土曜日も、ジョキングデーです。

皆さんも、今一度、ご自身の運動戦略、見直してみませんか。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
WII EA SPORTS アクティブ パーソナルトレーナーWii 6週間集中ひきしめプログラム
より美しい体を作るパーソナルトレーナー ...続きを見る
ゲーム攻略サイト
2010/04/03 13:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Shoさん、
そうですか、効果がなくて残念です。私の場合もシックデーや睡眠不足、火傷や捻挫などで体調不良のときはあまり効果が見られません。タイミングや運動強度の調節は通常の運動よりもかなり難しいです。実は、先月扁桃腺炎でダウンしてから、咳と夕方の微熱が長引き、風邪が治ってからも心拍数がすぐに目標値の上限を超えてしまい、思うようにジョギングができません。高熱も出たし、ほとんど運動できなかった3週間でかなり体力が落ちているのでしょう。暁現象でしょうか、朝の血糖値もいつもより10〜15ほど高く、初期の頃のまで戻っています。マッスルメモリーがあると信じて、とりあえず心拍数に合わせてトーンダウンしながら運動を再開しました。ちょっとしたことがこんなにもコントロールに影響するのですね。気候も良くなってきたので、ウェアでも新調してモチベーションを上げないと、めげてしまいそうです。
fum
2010/03/22 07:00
fumさん、おはようございます。

ご紹介いただいた運動は、早朝の血糖値には効果が認められなくても、内容的には継続すべきものだと考えています。

肩のインナーマッスル強化と、やはり、肩周りのストレッチ(ポールを使います)が中心になっています。

左の五十肩も、この春で1年を超えますので、そろそろ、完治に向ってくると思います。

そのためにも、就寝前のこの軽トレ…、継続ですね(笑)。

心拍数は、その通り、調子が悪いとすぐに上がってしまいますよね。

3週間ほどでしたら、体調さえ戻れば、それほどのパフォーマンスの低下は無いと思いますよ。

新調のウェアで心機一転…!

ナイスです!

お互いに、頑張りましょう!
sho
2010/03/22 08:20
10年以上の病歴で最初から糖質制限を取り入れてこなくて、これだけがんばっておられるなら、かなり数値がいいほうではないでしょうか。

私は薬を使うのも血糖をコントロールする手段の一つと思っています。もちろんSMBGをしながら薬の量を調節しています。アントニオ猪木もインスリン注射をしていますからね

運動する方からすれば邪道かもしれませんが…
みうパパ
2010/03/22 14:56
みうパパさん、おはようございます。

そうですね…、なにしろ、10年、コントロールできませんでしたからね。

薬の量は、増え続けても、尚、数値は悪化の一途をたどってきました。

ウォーキングは頑張ってたんですけど…。
普通に炭水化物を摂っていたのでは、血糖コントロールはできません。

やっぱり、糖質管理をしないと、薬で抑えるのは無理ということです。

今では、糖質管理に加えて、運動についてもノウハウを掴んだと思います。

薬やインスリンは、私にとっては、「保険」のようなものですかね(笑)。

今のところ・・・。
sho
2010/03/23 07:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動戦略の見直し シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる