シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS プロセスを変えなければ、結果は変わらない…

<<   作成日時 : 2010/01/23 10:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のジムでは、主にSMBG関連の活動を行ってきました。

お一方は、「コンパクトプラス」の取り扱い説明、もうお一方は、「フリースタイル」の測定チップの手渡し。
両方ともに、みうパパさんにお世話になりました。

柏店では、1月30日(土)am11:00から、無料セミナーを行います。
フロントで確認すると、現在のところ、ご夫婦が二組(4名)の申し込みです。

ジムでは、セミナーの案内チラシも、配布させて頂きました。

最近、ようやく、お客さまと中身の「濃い」お話しができるようになってきました。

なかなかA1cの数値を仰っていただけなかったのですが、自然に「6でした」、「6.0から5.6に下がった」などと言っていただけるようになってきました。

ある方は、「主人がメタボなんです。特定健診で引っかかり、保健指導を受けたんですけど…。なかなかねぇ」と…。
ウェストサイズは、確かに基準値以上ですが、その他に、血糖値かコレステロールか、中性脂肪の値がオーバーだったのでしょう。

そのあたりは、はっきりとしませんでした。

ご夫婦でセミナーに参加なさるようお勧めしましたが、「男の人は、なかなかねぇ…。やる気になってくれないんですよ」。

食事についても、「ごはんが好きですから。甘いものも大好きなんですよ。お酒もチョッとですけど…好きなんです」。

気持ちは分かります。

私も、ごはんは好きです…し、甘い物もお酒も好き…ですよ(笑)。
でも、好きとこれとは別なんですよね。

この方自身は、しばらく前に、安静時心拍数が高く、持久力がない…と、相談を受けたのです。

そこで、お話ししながら運動はできるが、ややキツイと思える強度のウォーキングを30分、40分と続けて行う、エアロビックトレーニングをお勧めしました。

心拍数を一定に上げ、これを維持していくトレーニングです。

その後、忠実にこれを実行していただいたようで、「お陰さで、80の心拍が70まで下がりました」と、仰っていただきました。

このように、素直に取り組んでいただけると、本当に嬉しく思います。

先にご紹介したAさんは、ご自分のことを考え、夕食では主食を抜き、朝食と昼食の主食も以前の1/3に減らしています。

Aさんには、コンパクトプラスの説明をしながら、早速、測っていただいたところ【197】でした。
朝食後、丁度、2時間だということでしたので、かろうじてセーフです。

その後、ジムでエクササイズをこなしていただきますので、昼食前には120以下、あるいは二桁が期待できます。

Aさんは、25日に検査がありますが、一応、6〜7%台のA1cの場合、3食共に主食を抜く必要があるかも知れないと、示唆いたしました。

勿論、食生活はQOLに大きく関わる重要事項です。

最終的に決めるのは、ご本人の意志…という事になりますが…。

また、先日のセミナーに参加していただいた女性は、食生活に野菜を多く取り入れ、1sの減量に成功したそうです。

この方は、5.%台だと仰っていましたので、「抵抗性があるかないかの確認は、取ってください」とお願いしました。

拝見するところ、抵抗性がありそうに伺えます。
抵抗性がある場合、コントロールが良好だからと、油断して糖質摂取量を加減しないでいると、β細胞の疲弊を招き、中長期的には糖尿病が悪化します。

ある方は、娘さんの取れ合いが糖尿家系だそうで、娘さんへの情報を提供する目的で、今回のセミナーに参加してくださるそうです。

その方(娘婿さん)は、残念ながら遠方にお住まいで、メンバーでもありません。
(どちらかというと、上志津店の方が近いかなぁ…)
是非、柏で行う半日の集中セミナーに出ていただきたいと思います。

プロセスを無視して、結果は得られません。
また、プロセスを変えずして、結果を変えることもできないでしょう。

当然の帰結、それで良しとするならば話は別ですが、糖尿病を放置した結果は、自分だけでなく、家族にも負担をかけることになってしまいます。

糖尿病を放置する…、それは治療を受けずにいることだけではありません。

治療を受けながら、なにもせずに薬に依存することも、放置することに等しいと思います。
現に、3年前、以前の私がそうでした。

プロセスを変えずに、結果を得られなかった私自身が、今、それを実感しています。

あれほど沢山飲んでいた薬から離脱し、今では、自分自身の変化さえ、楽しんでいます。

決して難しいことではなく、糖質管理と、クロス・トレーニングを戦略的に組み立てるだけのことです。

できるだけ多くの方に広めたい…というよりも、できるだけ多くの方と「出会い」たいと思う、今日この頃です。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロセスを変えなければ、結果は変わらない… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる