シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 加圧トレーニングメニュー

<<   作成日時 : 2009/10/16 11:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、加圧トレーニングでした。

夕方4:20の血糖値が【163】と高めでしたが、昼食が2:20でしたので、これで食後2時間の値です。

いつものようにアミノ酸(BCAA)を二さじ飲み、支度をして出かけました。

トレーニング直前、5:10で【163】でした。
今回は、アミノ酸の血糖降下作用はありませんでしたね…。

トレーニング前の値としてはベストですので、糖質の追加摂取は行わず、このままトレーニングに入りました。

ベンチプレスは、25sで20回・20回・12回。

続いて、マシンを使って後背筋のトレーニングです。
ラットプルダウンをアンダーグリップで10回、ノーマルブリップで10回。
ケーブルローイング20回。
同じく、下からのケーブルローイング20回。

低い台を使って、デイップス。
上腕三頭筋が、主動筋です。
20回、2セット。
高い台だと、左肩の可能範囲と右肩の可動範囲が違うため、アンバランスになってしまいます…。

前回から、上腕二頭筋のトレーニングであるアームカールは負荷を増やしています。
5sのダンベルで、ベントオーバーの(前かがみで、背筋を伸ばした)姿勢で20回、2セット。

この姿勢だと、後背筋にも負荷がかかります。

三角筋の運動は、肩甲骨の可動範囲を広げる意識で、2.3sのダンベルで行います。
サイドレイズ20回、フロントレイズ20回、ベントオーバーの姿勢からキックバック20回、フロントオープン20回。
キックバックは、上腕三頭筋が主動筋となります。

最後に、圧を強めて、グリップ50回。
握力強化を図ります。

これで、上半身のトレーニング終了ですが、時間は15分ですよ!!
インタバル30秒です…。

もう、腕パンパンです(笑)。
完全にバンプアップしています。

続いて、ベルトを太もも付け根に締めて下半身のトレーニングに入ります。

静止ランジ左右各20回。
大腿四頭筋のトレーニングです。
20回目、下で止め、そのまま小さく10回。
2sのウェイトを両手に持ちながら行います。

次は、スクワット。
これも、大腿四頭筋です。
これも2sのウェイトをもって、ノーマルスタンスで20回、下で止め、小さく30回。
ワイドスタンスは、5sのダンベルを両手で一つ持って、20回。
同じく、下で止め、小さく30回。

続いて、カーフレイズです。
ふくらはぎのトレーニングになります。

カーフレイズは、支え無しですので、バランスを取るだけで難しいのですが、大分慣れてきました。
ノーマルスタンス、ハの字、X字で各30回。

次は、腹筋に入ります。

シットアップ20回。
クランチ20回。
足上げ20回。

ヒップアップ左右各20回。
これは、ハムストリングや大臀筋が主動筋となります。

最後に、フロントブリッジ60秒。
これは、四つんばいの姿勢で肘とつま先をつけ、この姿勢を保持するものです。

下半身のトレーニングも、ここまでで15分。
足も、パンパンです(笑)。

30分のトレーニングで、いっぱいいっぱいです(笑)。

トレーニング直後、【125】。
アミノ酸(BCAA)を摂り、エアロバイク17分。

着替えて、帰宅し測定、【87】と久しぶりの低値でした。

夕食は、マグロ刺身(昨日、スパーで安かったので買ってきました)、玉子焼き、おから、カブのみそ汁、白菜浅漬け、6Pチーズ。

ホッピー3杯です。

食後2時間は、【120】と、いい感じでした。

週一回の加圧トレーニング、2年半以上継続してきました。

そうです…継続はチカラですね!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先週、ジムにでも通おうかと思って、ちょっと覗いて来ました。

イヤ〜皆さんムキムキで、「服を脱ぐのが恥ずかしいなー」と思ってしまいました(笑)

とりあえず、トレッドミルから始めてみようと思います。
honobono
2009/10/18 10:10
honobonoさん、こんにちは。

ジムに通う…ナイスな選択ですね!

ジムなら、雨の日でも運動ができますよね。

ジムによっては、かなりマニアックなところもあり、ボディビルダーばかりというところもあります(笑)。

まずは、有酸素運動から入って、慣れてきたら、マシンを使ってみてもいいかも知れませんね。

私も、マシンの使い方や効用なども、ブログに書いていきたいと思いますが、ジムスタッフに尋ねれば、きっと親切に教えてくれると思いますよ。

運動効率がいいのは、筋トレ後に有酸素運動という順番となります。

筋トレは、筋グリコーゲンの好循環作りと基礎代謝の向上、有酸素運動は食後2時間の血糖管理というように、二つの異なった目的の運動(クロストレーニング)を使い分けることが、糖尿病管理の運動戦略のすべてです。

honobonoさんがジムに通おうと、自らの気持を動かしたということに、拍手を送りたいと思います。



sho
2009/10/18 11:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
加圧トレーニングメニュー シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる