シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイエットを考える…

<<   作成日時 : 2009/10/06 14:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

ダイエット…、男性にとっては、簡単ではないにせよ、決して先の見えないものではありません。

しかし、女性にとっては、頑張っても頑張っても、なかなか結果に結びつかないことも多いようです。

元々、男性に比べると女性の方が体脂肪率が多いのです。

ダイエットとは、即ち、体脂肪を減量することですから、目に見えるほどの結果を出すのに、女性は男性よりも時間がかかるという事になります。

また、体脂肪や内臓脂肪は、女性の方がつきやすいという事もあります。

我々にとってのダイエットは、インスリン抵抗性を減じる効果もありますので、一病を息災とするには、是非とも取り組みたい課題ですね。

そういうと、ダイエットは結果がすべてだと思いがちですが、本当にそうなのでしょうか?

ダイエットの本当の価値とは、一体、どこにあるのでしょう…?

私は、ダイエットという取り組みのプロセス(過程)こそ、価値があると考えています。

続けていくこと。

継続の過程で、心身の健康が育まれるのだと思います。

…そうです、ダイエットの目的は、痩せることではなく、健康になることです。

ここで、ダイエットについてまとめてみたいと思います。

ダイエットのゴールドスタンダードは、エネルギー収支をマイナスにすることだといわれます。

確かに、エネルギー不変の法則からいえば(物理的には)、その通りです。

摂取エネルギーよりも、消費エネルギーを大きくするということですよね。

しかし、実際には、それだけではなかなか結果に結びつかないかも知れません。

ダイエットには、食事プラス運動の管理が不可欠です!

食事だけでダイエットしても、体脂肪の減量は難しいでしょう。

実際に運動して、脂肪細胞を分解してエネルギー源として使っていかなければ、体脂肪は減りません。
1kgの脂肪を分解するのに、7,200kcalの消費エネルギーが必要となります。

一方、摂取エネルギーの面でも、工夫が必要です。

栄養素のうち、エネルギー源となるのは糖質です。
余剰の糖質は、中性脂肪として脂肪細胞中に蓄積されるのです。

全く動かなくても、700kcalは消費されるといわれていますが、700kcalは175gの糖質に相当します。

単純計算ですが、仮に、1日1,800kcalの摂取で、そのうち60%を糖質で摂ったとすると、1080kcalとなり、1080-700=380kcalが余剰となります。
運動しなければ、それは脂肪として蓄積されることになります。

380kcal分の運動とは、60kgの体重の人が、12.6kmをウォーキングする運動量です!
ジョキングでも、6.3q走らなければなりません。

そこで、摂取カロリーだけでなく、糖質摂取量を運動量に合わせる必要性が出てくる訳です。

耐糖能とも相談しなければなりませんが、運動量と糖質摂取量をジャストミートさせることが、第一歩だと思います。

また、ダイエットといえば、ウォーキングなどの有酸素運動が中心になりますが、合わせて、筋トレなどのレジスタンストレーニングも行うことで、ダイエットの効果が加速されます。

それには、二つの理由があります。

筋トレ等の強度の高い運動を行うと、筋に蓄えられているグリコーゲンを主たるエネルギー源として使っていくことになります。

一見すると、脂肪燃焼作用が下がるので、ダイエット効果は低いと考えがちですが、筋グリコーゲンが消費されることで、摂取した糖質を取り込むための空きができます。

そのため、摂取した糖質は筋グリコーゲンに回されますので、余剰分が出にくくなるのです。

また、筋トレ等では、成長ホルモンが活発に分泌されます。

成長ホルモンは、筋の再生を助ける一方、脂肪の分解を促進しますので、筋トレ後に有酸素運動を組み合わせて行うと、非常に効率的に脂肪をエネルギー源として消費することができるのです。

いかがでしょうか…。

ダイエットは、このように、日々の積み重ねなんですよね。

いずれにしても、1sの減量を果たすのに、7,000kcal以上の収支マイナスが必要なのですから、時間はかかります。

ダイエットという、知的でクリエィブな日常を楽しみましょう。

それこそが、価値のあるプロセスです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アミノ酸ダイエットの注意点
ダイエットにアミノ酸を活用する場合、運動の補助的な存在あることを把握しておきましょう。 ...続きを見る
ビューティーダイエット
2009/11/05 23:14
ダイエットで痩せる
ダイエットで痩せる ...続きを見る
日記
2009/11/15 20:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイエットを考える… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる