シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 競技スポーツだけでは、健康維持は難しい?!

<<   作成日時 : 2009/10/28 12:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

昨日の早朝仕分け作業でのことです。

ある方(40歳代前半女性)、Bさんが、夜中に足がつったということでした…。

そこで、もしかして…と、今日、作業終了後に血糖値を測ってみました。
測定は9時過ぎになりますので、7時過ぎにパン1個を食べてもらいました。

結果は【95】と、問題なし。
ほっと、一息でした。

一昨日は、雨が降っていましたが、夜間に雨の中、犬の散歩の出て、体が冷えたのかもしれないという事でした。

しかし、その方の父親が糖尿なのです。

2時間後は二桁に落ちていますが、1時間後、あるいは、空腹時血糖も測定してみないといけませんね。

境界型で、抵抗性がある可能性も否定できないと思います。

体型から推測すると、抵抗性があってもおかしくない感じです…。

健康診断では、常に中性脂肪とコレステロールが高値だそうです。
そのため、今年の夏の健康診断は受けていないという事でした。

もう一方、「私も」ということで測定してみました。

この方、Aさん(40歳代後半)は、作業中に結構な糖質を摂取しています。
結果、【112】と全く問題なし。

その後、しばし健康談義となりました。

Aさん…「この早朝の仕事って、結構、運動になってるのかね?」

sho…「なってはいるけど、かなり偏った筋だけを使っている感じだね。主に上半身、肩と腕、背筋、腹筋周りかな」

Aさん…「それって、有酸素運動なの?筋トレなの?」

sho…「どちらかというと、筋トレ系だけどね(笑)。丁度、中間くらいかな…」

Aさん…「健康の為の運動って、どうしたらいいの?」

sho…「食後の有酸素運動。それと、的確な筋トレ」

Aさん…「私もジム、通おうかなぁ…」

sho…「どうぞ、どうぞ(笑)。どうせなら、私のところに来て(爆)」

皆さん、なかなか食後に運動する習慣はないようですね(笑)。
また、あえて筋トレをしている方も少ないようです。

そう考えると、ジムの存在価値はまんざらではないですよね。

何しろ、いつでも運動できて、筋トレマシンもある、風呂まで入れる(笑)。

Aさん…「血糖値が高いと、どんな不都合がある訳?」

sho…「自覚症状はなくても、血管は傷ついてるんだよ。合併症としては、眼底出血、神経障害、腎不全」

皆さん、血糖値ばかりでなく、中性脂肪、コレステロール、血圧、いずれかに問題があるようです。

そのすべて、運動(エクササイズ)が改善のカギであることに違いないのですが、かつての私は、上記、血圧以外のすべての薬を服用していました。

そのころ、決して、運動していなかった訳ではありません。
バレーボールは、週に4〜5回もやってました(つまり、ほとんど毎日…)。

それでも、薬で正常値を保っていたのは、コレステロール値だけでした。

ところが、今では何の薬も飲んでいません。

それでも、血糖値以外はすべて正常値です。

上記のAさんも、ママさんバレーの選手、立派なアマチュア・アスリートです。
動きは、実に俊敏ですよ!
それなのに、コレステロール値に問題があり、貧血ぎみだといいます。

競技スポーツをやっているからと言って、健康的だとは限らないんですね。

健康の為の運動(エクササイズ)には、チョッとしたコツがあり、ポイントを押さえる必要があります。

それが、筋トレと、有酸素運動の組みあわせ(クロス・トレーニングです。
また、運動の順番は筋トレが先、有酸素運動が後。
食後2時間の調整は有酸素運動、筋トレは中長期的な視野で。

また、食事の面でも工夫が必要です。

糖質量は、糖尿病の有無にかかわらず、運動(活動量)、耐糖能にマッチしたものでなければならないと思います。

摂取カロリーオーバーよりも、摂取糖質オーバーの方が、運動不足とシンクロして体脂肪を増やす可能性が高いのです。

また、特に中性脂肪は、過剰糖質摂取の影響をまともに受けます。

食事のバランスとは、その上で、できるだけ沢山の種類の食品を摂ることです。

糖質はアジャスト、その他の栄養素は万遍なく。

この辺りがポイントではないでしょうか。

私も、競技スポーツ愛好者ですが、それとこれとは別!と考えています。

その運動(エクササイズ)と、競技スポーツがシンクロした時、最高のパフォーマンスが期待できそうです。

この早朝作業も、年内一杯で卒業することにしました。

PTの活動に専念するためです。

PTの契約は、今月31日。

いよいよ、11月から始動します!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
こむらがえり。
さいきん、朝は足がつって目覚めます痛いし、なによりもそんな起き方だと気分わるいんです ...続きを見る
Life is good
2009/10/28 14:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コレステロールについて参考にして下さいませ。(下記で紹介しています。)
http://sugano.web.infoseek.co.jp/keiji/k-riyori.htm
モンチ
2009/10/28 18:01
モンチさん、こんばんは。

久しぶりに、ブログを更新なさったんですね!

文中にある、【コレステロールの真実】読みました。

メバロチンという薬は、私には効果がありませんでした。

その後、リピトールという新薬が出て、これに切り替えてから正常値となりました。

今では薬なしで正常値です。

やはり、薬に頼らず、自身の免疫や改善力を高めることが必要ですよね。

そのためにも、私は運動(エクササイズ)をお勧めします。
sho
2009/10/28 19:10
shoさんが薬をたくさん服用していたとは意外です。

糖尿病と診断された頃に、自己免疫力とか自然治癒力という言葉を知りました。
それには腸の健康が大事という事で、毎日ヤクルトを飲んだりしています。
そのせいか、毎年の秋にあった花粉症が軽くなりました。
honobono
2009/10/29 03:25
honobonoさん、こんにちは。

現在の「自己管理型療法」に出会うまでは、薬漬けでしたよ…。

それでも、A1cは8%台だったのですから…、何だったんだろうと思います。

私も、honobonoさん同様、腸内細菌叢を大切にしています。

一日一回は、発酵食品を摂るようにしています。

私の場合は、無糖ヨーグルト、ぬか漬け、キムチ、納豆、味噌などですね。

健康は大腸から!ですよね。

sho
2009/10/29 11:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
競技スポーツだけでは、健康維持は難しい?! シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる