シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 競技スポーツと血糖値

<<   作成日時 : 2009/07/23 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

競技スポーツと血糖値の関係は、どうなっているのでしょうか…。

勿論、健康が目的のエクササイズと、競技スポーツは一線を画するものです。
しかし、私のような運動好きにとっては、競技スポーツは趣味…と、いっていいと思います。

趣味ならば、多少カラダによくないと分かっていても…仕方ないですよね(笑)。

昨日は、バレーボールの練習でした。
私は、選手ではなく指導者の立場ですが、運動量としてはそこそこのものがあります。

昨日は、バレーに行く前、pm5:00の時点で、血糖値が【177】!もありました。
これは、昼食後3時間半の値です。
昼食の内容が原因でしょう…。

春巻きかな…、ホイコーローかな…?

そこで、何も食べずに出掛けました。
いつもは、サンドイッチなどを摂っていきます。

バレー後の血糖値に自信を持っているんです(笑)。
サンドイッチくらいなら…ハハハ。

以前、何も食べずに行き、胃の調子がおかしくなったことがあります。
なにせ、夕方から夜の10時まで、なにも食べられないからです。

体育館には、クルマで約1時間15分です。
体育館に着き、血糖値を測定、【147】と、少し下がっています。

そこで、黒糖コッペパンを1/3ほど食べました。
推定カーボ20g。

ネット張りなどの準備をして、ウォーミングアップ後、約1時間半の練習です。
私が動いている正味時間は、約1時間といったところでしょうか…。

勿論、アドレナリンは活発に分泌されていると思いますが、GLUT4が勝っているのではないかと思っています。

練習終了後に、自信を持って計測…【175】!
あれ…??

仕方なしに、プロテインを飲みながら帰宅し計測、【123】!
なにもせずに、ただ運転して帰ってきただけですが、1時間で見事に下がってます。

いつもは、練習直後には測りません。
帰宅後の数値が、私にとっての練習後の数値だったのです。
それならば、【123】…これでOKです。

今回の計測は、いつもと少し違います。
通常、糖質(20g前後を目途に)は練習前1時間半〜2時間前に摂取しています。

その場合の練習前の血糖値は、何回か計測したことがありますが、【180】〜【160】といった感じです。
今回は、練習直前の摂取でした。

練習直後に、明らかに二桁ということもありますす。

今後も、SMBGを強化して、運動直後の血糖値と、落ち着いてからの血糖値を追いかけてみることにします。

一応、今回の結果を結論付けたいと思います。

アドレナリンの分泌で、運動直後に血糖値が上がる場合がある、。
しかし、運動を止めれば、副交感神経系が優位になり、アドレナリンの分泌は止む。
運動後、しばらくは、GLUT4は活発に働くので、糖質摂取で上がった血糖値に比べると、アドレナリンによる肝からのグリコーゲン放出の血糖上昇の方が沈静化が容易い。

また、筋トレ後の有酸素運動が、顕著に血糖値を下げると考えています。

これも、本日の加圧トレーニングで検証してみます。

アドレナリンの分泌に関して、いつまでも血糖値が下がらない場合は、ストレスを疑う必要があるかも知れません。
ストレスによる分泌と、運動等に備える戦闘モードでは、少し状況が違います。

やはり、ストレスは大敵ですね…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
競技スポーツと血糖値 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる