シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 動機(モチベーション)をつくる…

<<   作成日時 : 2009/06/26 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

皆さん、なにかを始めようと考えた時、そのためにどこから手をつけていきますか?
動機とは、「動くきっかけ」…ということです。

動機(モチベーション)には、強弱があると思います。
しかし、強弱だけで行動のスタートが決まってしまう訳ではありません。

動機の強弱に関わらず、行動することが必要な場合があります。

例えば、糖尿病の管理が、その典型ではないでしょうか。

運動が必要なことは分かっている…しかし、「時間がない」「動くのが面倒」「外は雨」…等々、行動を抑制するネガティブな動機は、沢山あります。

このような時、私なら、投資をします。
投資といっても、株を買うわけではありませんよ(笑)。
そうです…、自分への投資です。

例えば、ウォーキングやジョキングは、基本的には外で行う運動です。
私たちは、外に出たくない動機を、いとも簡単に見つけ出してしまうでしょう。

それならば、外に出たくなるように、自分を仕向ければいいのです。

思い出してください。
あるいは、お子さんを見てください。

夏休み、行楽地で楽しむ家族連れ…。
ふと、子どもの足元を見ると…真新しい運動靴…。

そうです、子どもたちは、新しい靴を履いて出かけることを心待ちにし、楽しみにしていたのです。

夏休みを前に、クルマが売れるのも同じことです。

新しいクルマで、帰郷したい…。

その気持、良く分かります(笑)。

これらは、すべて、動機を形成するための、自分への(あるいは家族への)投資なのです。
あるいは、動機と行動の相乗効果といっても良いと思います。

大切な誰かと何処かに出かける時、着て行くものや持ち物など、こだわらない人はいませんよね(笑)。

人のこのような気持の動きは、自己管理に使えます。

運動したくても、なかなか踏み出せない方…、まずは、シューズを買いませんか!
これは、自分自身への投資です。

その靴に、こだわりがあればあるほど結構。

きっと、その靴を履いて、歩いたりジョキングしたりする姿が浮かんでくるに違いありません。
そうなれば、動機付けは成功です。

先日の記事にも書きましたが、男性は女性に比べて、自己投資が苦手なのではないかと思います。

女性にとってのお化粧やブランド品は、自己投資中の自己投資ですよね(笑)。
ところが男性は、それらを経費(コスト)と考えてしまいます。

「別に、何だっていいじゃないか…」と。

経費じゃないんです。
投資なんです。

いかがでしょうか…。

皆さんも、自分に投資しませんか!

その結果、得られるのは「一病息災」という果実です。

下記のセミナーも、自分に対する投資だと、考えてください。
マネーを少々、お時間はたっぷり半日いただきます。
その半日、貴重な皆さんのお時間を、私に預けていただけませんか?

きっと、得るものがあるはずです。

【第2回 グループセミナーのお知らせ】







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お別れ会〜さようなら三沢光晴!追悼番組も
お別れ会〜さようなら三沢光晴!追悼番組も ...続きを見る
お別れ会〜さようなら三沢光晴!追悼番組も
2009/07/03 09:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは,いつも拝見してますよ〜
グッチは普段から野球をしているのですが,大きな大会が終わってしまうと,早ければ夏からシーズンオフに突入してしまいます
そんなときのグッチの動機付けはですね!
ハーフかフルのマラソン大会にエントリーしてしまうのです
やるからには完走したいし,記録の更新もしたい!
となると,距離が距離なだけに,嫌でも練習しなければなりません

走ることは全てのスポーツにつながりますから,ムリをしなければ,再始動の時にも役立ちます。
そんな感じです。。。

あ!誰かはわかりますよね!
グッチ
2009/07/01 12:39
グッチさん、コメントありがとうございます。
勿論、誰だか分かりますとも!

なるほど、自分を追い込むんですね(笑)…。

野球には、筋の瞬発力と同時に持久力も必要ですよね。

野球だけに向けてトレーニングするのならば、ダッシュとジョグを交互に繰り返す、サーキットトレーニングが有効だと思います。

過酷な練習ですが、瞬発力と持久力を同時に鍛えられます。

また、体のキレを要求する場合は、ボディービルディング的なスローで、主動筋だけを意識する筋トレではなく、動きを伴った筋トレ(協働筋や拮抗筋も十分に動かす)の方が良いと思いますよ。

仰る通り、走ることはすべてのスポーツの基本です。

オーバートレーニングに注意して、この夏の体力アップに励んでください(笑)!

sho
2009/07/01 13:31
ありがとうございます

グッチ結構インターバルをやることが多いです
400m,300m,200m,100mのダッシュの間に100mジョッグを3〜5セットくらいですかね
身体のキレを作るためにはラダートレーニングをしたりもします。
インナーマッスルのためにセラバンドで筋トレしたり
と,なんだかんだとやっているのですが,shoさんみたいに,きちんとした意識を持っているかというと(?)な部分が大きいかな・・・
ちょっと意識変えてみようかなぁ?

あ!それと
おやじギャグのキレを良くするために,きみまろさんのCD聴いたりもしてます(笑)

アドバイスありがとうございます
すごく参考になります
グッチ
2009/07/03 13:12
グッチさん、こんばんは。

結構、ハードなトレーニングやってますね!

どうりで、体力あるはずです(笑)。

ラダートレーニングでは、機敏な動作と同時に、筋のコントロール力(りょく)を養えると思います。

この、筋コントロール力って、私のオリジナルな考え方です。
一般的なマッスルコントロールとは違います。

スポーツにおける動作の精度…と言ったようなものです。

球技をやっている人なら、分かりますよね。

グッチさんは、きみまろさんのCD聴きながら、走っているんですね?!

どうりで、「キレ」がいい訳だ(笑)?!
sho
2009/07/03 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
動機(モチベーション)をつくる… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる