シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 身体活動(生活活動)の重要性

<<   作成日時 : 2009/01/16 14:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

糖尿病と診断されると、まずは運動…となり、一日一万歩と、判で押したような指導を受けます。

勿論、ウォーキングは、大変優れた運動だと思います。
しかし、忘れてはいけないのが、身体活動(生活活動)です。

スポーツやエクササイズだけでなく、身体を動かして生活するだけで、ある程度、血糖値を下げることが出来ます。

運動の場合、少し構えなけれえばできないかも知れませんが、身体活動、生活活動であれば、それこそ気軽に、あるいは、必要に応じてできるでしょう。

女性の場合は、家事は典型的な身体活動ですし、男性の場合も、洗車や庭仕事、掃除などは優れたエクササイズ効果があります。

運動や身体活動の強度を、メッツという単位であらわします。

静かに座って(あるいは横になって)テレビ、音楽鑑賞…この状態が「1メッツ」です。

座位での会話、入浴、編み物、手芸…この辺りで「1.5メッツ」。

料理や食材の準備、洗濯物を洗う、しまう、会話をしながら食事をする…この辺りで「2メッツ」。

植物への水やり、子どもの世話、動物の世話、軽い整理整頓やゴミ捨て…この辺りで「2.5メッツ」。

幼い子どもを連れた買い物、車の荷物の積み下ろし、階段を下りる…この辺りで「3メッツ」。

モップがけ、掃除機、軽い荷物運び…「3.5メッツ」。

4メッツ以上を、中程度の運動といい、週に4エクササイズ以上の中程度の運動が推奨されています。
この場合のエクササイズは、メッツ×時間であらわす運動量の事です。

身体活動で4メッツ以上の強度のものは、庭の草むしり、子どもと走り回って遊ぶ、屋根の雪下ろし…と、結構ハードな活動になります。

これくらいの強度の活動を、週2回、一回30分、これで目標が達成できます(4メッツ×0.5時間×2回=4EX)。

もしも小さなお子さんがいれば、週末に公園で思いっきり走り回って遊べば、楽しみながらこの目標に到達することができます。

それが、朝食後であったり、昼食後であれば、食後血糖も管理できますから、まさに一石二鳥ですね(笑)。

最低限の目標は、週に23エクササイズ(EX)、そのうち4エクササイズ以上が中程度以上の運動です。

例えば、このような一日の身体活動を記録し、セルフマイレージを設定して自分にご褒美をあげたり、ご主人にお小遣いをあげる…という手もあります(笑)。

横になってテレビを見るのも魅力的ですが、このように「生活を楽しみながら」積極的に身体を動かせば、血糖管理に大いに役立つと思います。

私の本日。
早朝作業前【127】。(3.5メッツ×4=14EX)
バナナ半分とプロテインを摂り、作業中は、ラスク2枚、ビスケット2枚、コーヒー数杯、帰宅後【119】。

朝食はいつものメニューで、大概は40〜50上がる(通常は3時間後で150〜160です)のですが、今日は、週末の買い物へ。
その後、所用で町会会館を2往復(往復200mほど)。

帰宅後昼食を食べましたが、昼食前(朝食後3時間)【128】と低目でした。
買い物は、3メッツ×1.5=4.5EX程度でしょうか…。

食後に少し動くだけで、違いますね。

ただし、これだけでは、基礎代謝の低下はくい止めることはできません。

やはり、運動でしっかり筋を使い、筋の減少を食い止めなければ、加齢とともに筋力が弱り、筋量も低下していくのです。

これはこれで、楽しみながら、やっていきましょう!










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
身体活動(生活活動)の重要性 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる