シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 心理カウンセリングの手法を、自己管理に応用する…

<<   作成日時 : 2008/12/19 12:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

≪自分を励ます最良の方法は、誰かを励ますことだ≫

先日、テレビの音声が耳に残りました。
何の番組か分かりませんが(画面を見ず、耳だけ聞いていました)、マークトウェインの言葉だといっていました。

良い言葉ですね。

ブログに励ましのコメントを頂き、よっし!頑張ろうと思う。
そして、同じように毎日セルフコントロールに励んでいる仲間のブログにコメントを入れる。

実は、このことも、自らを励ます力になっていたんですね…。

ところで、心理カウンセリングの手法に、「認知療法」というものがあります。

簡単にいうと、ある出来事から行動や感情にいたる過程に、「認知」があり、その「認知」を理解することで、自分の行動や感情を客観視し、不都合を改善していくというものです。

これは、論理的思考と水平的思考を組み合わせたような思考法で、この考え方は、自己管理に応用できそうです。

例えば、食事戦略。

どうしても炭水化物を減らせない方もいます。

炭水化物中毒というものがあるのですか?
仮にあったとしても、タバコも止められるのですから、制限できないことはないでしょう。

実は、この認知療法を使って、自分の気持ちを掘り下げていくと、本当の原因にたどり着く場合があります。

本当の原因にたどり着けば、適正な戦略を組むことが可能になり、結果を改善できると思うのです。

意外に、炭水化物中毒ではないかも知れません。

血糖値を上げる要因が、炭水化物であると分かっていながら、どうしても減らせない人がいます。

そのような方は、この「認知療法」を応用してみてはいかがかと思います。

【甘いものが止められず、血糖値を管理できない】

なぜ、血糖値が管理できないのか⇒甘いものをよく食べるから
なぜ、あまいものが止められないのか⇒甘いものを食べて、ストレスを解消している
なぜ、ストレスが溜まるのか⇒仕事や友人関係が上手くいかないから
なぜ、仕事や友人関係が上手くいかないのか⇒どうしても、付き合いの上手くいかない(にがてな)人がいる
なぜ、にがてだと思うのか⇒自分の感情が柔軟でないからだ

ここまでが、論理的な縦軸の深堀です。

ここから、水平的思考を横軸に展開します。

にがてな人は、何人いるのか⇒一人か二人
自分に賛同してくれる人は、何人いるか⇒二人か三人
その他は?⇒あまり気にならない人たち

では、この状況を改善するにはどうしたらいいのか…?

どう頑張っても、にがてな人にこちらを向いてもらうことはできない。
たった一人や二人に振り回されてしまうのは、勿体ない。
それよりも、自分に賛同してくれる人と仲良くし、あまり気にならない人に誠意を向けよう。

これで、ストレスが減り、結果的に甘いものを食べる回数が減れば、改善!ですよね。

この甘いものという部分を、ごはんやラーメン、アンパンに置き換えてやってみてはいかがでしょう…。

人は、ある出来事に対して、無意識に反応してしまうことがあります。

炭水化物(糖質)が止められないという事象を、単に嗜好で片付けてしまったり、ましてや食文化や人類の起源まで持ち出すのはどうかと思います。

健常人とは違って、我々にとっての炭水化物は、まさに生死を分けているといっても過言ではありません。

いろいろ考えてもなお、炭水化物をたっぷり摂らなければならない結論にたどり着いたのなら、その時は覚悟して高血糖を受け入れるしかないのでしょう。

まずは、なぜ…を繰り返して深堀していく。
真の原因にたどりつたなと思ったら、こんどはその改善策を自由に横に広げて検討してみる。

考えてみるのは…タダ!

覚悟を決めるのは、それからでも遅くないと思います。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いい言葉ですね☆

同じ目標に向ってる仲間に
エールを送るのは自分の為でもあるんですね。
これでコメしたくなる訳が解りました(笑)
miwa
2008/12/21 22:55
miwaさん、おはようございます。

たった一言が人を勇気付け、たった一言が人を傷付ける。

言葉って…、不思議ですね。
sho
2008/12/22 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
心理カウンセリングの手法を、自己管理に応用する… シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる