シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

<<   作成日時 : 2008/08/01 22:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

今日は、定期通院でした。

病院を替えて、丁度1年です。

本日のA1c、6.3%!

過去最良値です!

昨年8月3日、A1c8.2%でした…。
早朝空腹時血糖のアベレージは179!
病歴10年以上、勿論、薬漬けでした。
そろそろインスリンに移行といわれましたが、現在は、インスリンも薬も無しです。

隔世の感があります。

しかし、実際は隔世の感などというものではなく、日々、リアルに努力と工夫を重ねてきた結果です。

HDLコレステロール62
LDLコレステロール127
中性脂肪117

これもオールクリアです。

主治医からは、特にコレステロール値の改善について、「炭水化物かなぁ?玉子や乳製品減らしました?それとも運動ですかね?」と尋ねられましたが、「玉子やヨーグルトは特に制限してません。炭水化物は、制限していますが、運動は、相当強化しています」とお答えしました。

「今は、体脂肪率12%台ですよ」というと、主治医は、「スゴイですね!私も、負けずに頑張りますよ。お互いに長生きしましょう!」と…。


いまだに、炭水化物の摂取と、カロリーコントロールにこだわっている方もいます。

脳の活動には、ブドウ糖が欠かせない…。
あるいは、日本人の食文化、DNA!?

しかし、低血糖になっているならいざ知らず、ただでさえ高血糖ぎみな我々が、主食を摂らなかったからといって、直ちに脳へのブドウ糖供給が不足するるのでしょうか?
野菜にも、たっぷりと炭水化物は含まれていますよ。

血糖自己測定を行う限り、低血糖がない事は確認できるはずです。

さらに、日本の食文化って、米だけではない思います。

発酵食品、貯蔵食品、…これこそが日本の食文化です。

米文化という場合、食というよりも、むしろ、「水」を介した生活文化全体、「ムラ社会」を指します。

第一、現在の日本は、小麦消費文化圏になっています。
年間の米消費量800万t、同じく小麦消費1000万t。

主食は、米ではなく、小麦なのです。

それならば、パンを食べ、パスタを食べ、ピザを食べたほうが良いのですか?
だとすれば、日本の食の文化論は、どこに行ってしまうのでしょう…。

文化論と、血糖管理は別物だと思いませんか?

私の場合、主食を抜いても、低血糖にはなりません。
勿論、食べられる範囲で、主食を含めた炭水化物の摂取は必要です。
私も、そうしています。

多くのカロリー制限派(高炭水化物摂取)のかたがたが、皮肉な事に、ウェイトコントロールできず、さらに、薬やインスリンからも脱却できないでいるように思えるのです。

私は、曖昧な文化論に逃げ込まず、現実的で様々な要因(血糖値、BMI、運動評価等)をセルフコントロールする事で、結果を得ることができたと考えています。

もっと、結果を考えてみてはいかがでしょうか…。
もしも、今の方法で、コントロールできているのなら、それはそれで結構です。
異存はありません。

日本の食文化を信じ、炭水化物を中心(栄養比55〜60%)に摂取、カロリー摂取制限による体重コントロールこそ糖尿病改善の最良の戦略。
結果、これで、コントロールできているのなら、何もいう事はありません。

しかし、そうでないのだとするれば、現実や実績を見てもらいたいと、切に思います。
私には、カーボカウンターや糖質制限している方に、コントロール良好な方が多いように思えてならないのです。

私も、一年前は、カロリーを気にして、炭水化物中心の食事。
その結果、A1cは悪化の一途をたどっていたのです。

もしも、壁にぶつかって悩んでいる方は、半年でも結構です。
耳を傾けて、トライしてみてはいかがでしょうか。

戦略は二つ。

炭水化物の制限(マネージメント)と、運動の強化。
運動は、食後の血糖管理プラス中長期の戦略。
そして、血糖コントロールの要は、なんといっても、炭水化物の摂取マネージメントだと思います。

主治医からは、「油断しないで、これからも、この調子で頑張りましょうね」といわれましたが、リバウンドする事はないと思います。

多少のアップダウンはあるにせよ、自己管理(セルフコントロール)の要は、確かなものになったと考えています。

あとは、加齢(時間経過による機能劣化)かなぁ…。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
結果が出て良かったですね。
M先生は著書でも書いてましたが、専門外はそれほど詳しくないようです。
コレステロールに関してはかなり古い知識だと感じました。

まあ、何にしてもローカーボを頑なに否定する意識は何なのか?それも興味あります。
(ただの選択肢の一つですよね)
sakeoni1616
2008/08/01 22:32
sakeoni16156さん、こんばんは。

なんとか、ここまでこれました。
お陰さまです。
ありがとうございます。

>ローカーボを頑なに拒否する意識って何なのか?

これって、何でしょうね…。

厳然としてありますよ、この意識。

私はわかりません。。。
sho
2008/08/01 22:50
良かったですね!
7月と同じ状態が維持出来れば次回は6.1ですね。
頑張って下さい。
モンチ
2008/08/01 23:06
モンチさん、おはようございます。

いつも励ましていただき、ありがとうございます。

>次は6.1…

いけますかね…。

よ〜し、頑張るぞぉ!!
sho
2008/08/02 06:56
努力が報われましたね。
よかったです。

ブログ見ている人の励みになります。

shoさんを見習って、運動頑張りたいです。



2型カーボカウント
2008/08/02 07:35
2型カーボカウントさん、おはようございます。

≪お互いに≫というところが、大きな支えになっています。
お陰さまです。

また、最近の自己管理は、「守り」から「攻め」になってきたかな…と感じています。

まだまだ先は長い…と信じて、≪お互い≫に頑張りましょう!
sho
2008/08/02 07:54
過去最良値おめでとうございます!
記録更新、スポーツでも血糖値でもついついガッツポーズ!ですね〜♪

血糖値を測定し数値管理することは、
まるでトレーニングの時の心拍数管理のような、あるいは自転車のペダル回転数を管理・検証している時以上の「楽しさ」があります。自分のカラダですもんね(笑)

それをアスリートなshoさんに気付かせていただいて、大変感謝しています♪

いつか杯を酌み交わせることを楽しみにしておりますです♪
チョイマルオヤジ
2008/08/02 15:26
チョイマルオヤジさん、こんばんは。

お陰さまだと思っています。
ありがとうございます。

最近、本当にアグレッシブになってきました。
どこかで何かが吹っ切れたのかなぁ…。

私は、れっきとした糖尿人なのですが、何か、「健康」な人のように錯覚してるんですね。

でも、それはそれで良いかなぁ…と。

何よりも、自分の限界に挑戦。
それが、何故か心地よいのです。

本当に、馬鹿だと思います。

チョイマルオヤジさん、そして、2型カーボカウントさんとは、きっと、いつか、杯を酌み交わす時があると思います!

杯を酌み交わす?!糖尿人で?!
ソウデス、糖尿人です、我々は!

私も、sakeoni1616さんも、結構、いきますからね。
覚悟召されィ〜!!

必ず、実現しましょうね!

sho
2008/08/02 20:55
shoさん、良い結果が出て良かったですね。
食事をどのように摂るかは健康な人でも難しい問題ですね。
日本の食文化に関してですが、食べ物の組み合わせと発酵食品に関しては優れていると思います。
秋刀魚に大根卸し、ご飯に納豆、麦とろなどでしょうか。
消化を助け内臓に負担をかけないようになっています。
発酵食品は蛋白質を効率良く分解、吸収する働きがあるそうです。
血糖値の管理と共に内臓に負担の少ない食事の摂り方も大切ですよね。
内臓がうまく機能しなくなると代謝が落ちますから糖尿病に限らずいろんな病気の原因になります。
動物性の物を多く摂り過ぎない事を私は心がけています。
食品添加物の入った物より手作りで新鮮なものは安心ですからその事も気を付けています。

これからも食事のコントロールと運動で良い結果が維持出来ますよう応援してます!
ナターシャ
2008/08/03 08:12
ナターシャさん、コメントありがとうございます。

>発酵食品は蛋白質を効率良く分解、吸収する働きがあるそうです。

そうなんです。
私の場合は、炭水化物の摂取比が少なくなっていますので、相対的にタンパク質や脂質が多くなります。
そこで、特に発酵食品を積極的に摂って腸内細菌層を整えるように心がけています。
免疫力も、高まりますよね。
納豆、キムチ、ヌカ漬け、みそ汁、ヨーグルト、3食中必ず1品を加えるようにしています。

また、野菜も大好きですから、サラダだけでなく、煮物にしたり、みそ汁も具沢山にして食べるようにしています。

食事の管理は、女房の功績が大きいと思います…。

継続してこその、自己管理。

これからも、頑張ります。




sho
2008/08/03 10:14
 過去最良値、おめでとうございます!!!
 努力すると結果が出せる、これってほんとうに、正統派の励みですよ。
 奥様、おめでとうございます。
 私にもshoさんの奥様みたいな奥様がついてりゃなあ・・・いや、一人でがんばっている人もたくさんいるんだから、言い訳はするまい。私も、運動強化は無理だけど、がんばろうっと。
 それにしても、10年間の投薬を脱したshoさんの記録は貴重です。パチパチパチ!!
まや
2008/08/03 20:18
おめでとうございます!!!

薬を飲まなくても良いなんて
最高のお褒めですよね☆

あたしもsyoさんを見習って
運動嫌いを克服したいと思います!
・・・ウォーキングからで良いでしょうかw
miwa
2008/08/03 21:55
まやさん、こんばんは。

最初は「努力」だったのですが、今ではそれが「楽しみ」に変わってきました。

夕食時、少々の晩酌が楽しみになりましたし、そもそも食べることが楽しみ。
トレーニングも、それはそれで独立して楽しくなってきました。

バレーボールの練習の前には、サンドイッチ等、堂々と食べているのですが、これがまた格別に美味い!
以前には、こんなこと思いませんでした…。

人間って不思議なもので、やっぱり対応力があるんですね。
しかし、それは悪い環境にも良い環境にも慣れてしまうという事だと思います。

自分にとって、良い環境を作るためには、多少の艱難辛苦も良しとすべきだという事を学びました。

そのうちに、慣れるんです。
慣れれば、楽しくなってくる。

それでも、一人ではないという感覚が大きかったと思います。

皆さんのお陰です。
そして、女房のお陰です…。

これからも、お互いに励ましあい、勉強しあい、頑張っていきましょう!
sho
2008/08/03 21:59
miwaさん、こんばんは。

薬無しで、ここまでこれるとは思っていませんでした…。
でも、方法を間違わなければ、誰にでも出来ることでもあるんですよね。
私も、ここでとどまらず、さらに改善をはかっていこうと思います。

運動嫌いな方、多いですよね。
糖尿病⇒運動⇒ウォーキングという図式が一般的ですが、こだわることはないと思います。

特に女性の方は、「形」から入ったらいかがかでしょうか…。

ウォーキングでなくても、何かご自分が「カッコイイ」と思える運動はあるのではありませんか。

その「カッコイイ」と思う運動の「形」を整える。

ウェーアとか小物とか道具とか…。

ジムでも良いし、水泳でもヨガでもテニスでも何でもOKです。

その「カッコイイ」自分を鏡で見るような感覚になれれば、継続への扉が開かれると思います。

一度やり始めてしまえば、後は良い回転になりますよ。

お互い、頑張りましょう!

sho
2008/08/03 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる