シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョキングって、なんだ?!/スピード編

<<   作成日時 : 2008/07/23 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一体、ジョキングって何だろう?
ウォーキングとどこが違う?
ランニングとどこが違う?

ウォーキングやランニング(マラソン等)の著作は沢山あります。
しかし、ジョキングにフォーカスした著作は、思いの他少ないようです。

そこで、ジョキングの歴史や成り立ちはおいおい調べるとして、現在までに私の知る限り、できるだけ数値的にその違いをまとめておこうと思います。

ウォーキング、ジョキング、ランニング、この三者の違いを数値的に表す事ができるのは、「スピード」と「心拍数」だと思います。

長くなりそうですので、「スピード」と「心拍数」とに、分けて書く事にします…。

まずは「スピード」です。

これには、どこまでがウォーキングで、どこまでがジョキング、どこから先がランニングといった明確な規定はありません。

しかし、ウォーキングのスピードに限界があることは事実です。

「歩く」スピードを究極まで高めたものが、競歩なのですが、これがとてもハードなものであることは、よく知らている通りで、ウォーキングとは似て非なるものです。

よく、ウォーキングならば故障のリスクが少ないといいますが、競歩はその限りではありません。
腰やヒザに、相当な負担がかかるはずです。

文科省が2006年に公表した「健康作りのための運動指標2006〜生活習慣病予防のために〜」によれば…

●普通歩行:平地67m/分(幼い子どもや、犬を連れた散歩、買い物)
●歩行:平地81m/分(通勤等、目的地への到着時間を意識した場合)
●やや速歩:94m/分(やや早めに歩く)
●速歩:95〜100m/分

となっています。

117m/分が歩くスピードの限界といわれていますが(歩幅にもよると思いますが)、私の実感では、100m/分は、相当厳しい速さです。
この辺りが、ウォーキングとジョキングの境目ではないかと思います。
このスピードでは、ウォーキングはとても厳しく(ハードに)感じるでしょうし、ジョキングはとてもゆっくりに感じるでしょう。

私のジョキングでは、3,300mを30分台〜31分台となります。

これを分速に換算すると、110〜106m/分となります。

ちなみに、今日のタイムは32分05秒ですから、103m/分となります。

遅いといえば遅いし、だからといってウォーキングと比較すれば、やっぱり早い…中途半端な速さが、ジョキングなのです。

仮に、ウォーキングで100m/分のスピードを維持しようと思えば、腕を直角に曲げ、強く振り出す、あの、競歩のウォームが必要になると思います。

私は、どうも、あの不自然なフォームでのウォーキングが好きではありません。
腕の振りはバックスウィングを大きくとり、自然な振りの方が、フォーム的にも美しいと思っています。

しかし、そのフォームでは、「やや速歩」が限界であり、事実、同じジョキングコースをウォーキングした場合、35分台となり、スピードは94m/分となります。

ちなみに、先日、このコースをデジカメを撮りながら歩いたのですが、撮影のたびに止まりましたので、その時は41分かかりました。
スピードは、80m/分です。

ジョキングとランニングのスピードに関しては、なお更、規定はありません。

その違いは、ズバリ、「心拍数」です。

また、ジョキングのスピード自体を決定するものも、ズバリ「心拍数」なのです。

≪続く≫




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョキングって、なんだ?!/スピード編 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる