シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

<<   作成日時 : 2008/05/10 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、5月の定期通院日でした。

薬を止めて1ヶ月、血糖コントロールに苦しんできましたが、案の定、【6.6】という数値で、0.2ポイント上がってしまいました。

それでも、薬を再開しようということにはならず、「この調子で、薬なしで頑張っていきましょう」という方針は堅持される事になりました。

早朝空腹時血糖の、この3ヶ月の推移は、2月144、3月145、4月143と、それ程の変化はないのですが、直近、5月に入ってからの平均値は、151になっています。

この、早朝空腹時血糖値が、私のインスリンの≪実力≫なのだそうです。

通常、その値が140〜150台である場合、A1cは8%台が普通なのだそうです。

A1cが6.6%という事は、「それだけ頑張って下げているという事ですよ」と、主治医からいわれ、それを聞いて、素直に嬉しいと思いました。

主治医は、「相当弱ってますからね」と、付け加える事は忘れませんでした(汗)…。

どこで頑張って下げているのかといえば、食後2時間に違いありません。

薬を止めて、なかなか下げられないと感じたり、実際に高めなのが、この食後2時間値で、それが如実に数値に反映されたのだと思います。

そこで、今月は、特に昼食後2時間値を注視して、コントロールしていこうと思います。

30分のジョキングだけでは、200以下にコントロールできませんので、バレーと加圧トレーニングのない日以外は、主食を抜いてカーボ摂取量を下げようと思います。

1時間半以上運動ができれば、その後の血糖は確実に下がりますので、たとえ主食を摂って200以上になったとしても、そのリスクは数時間に限定する事が可能となるからです。

≪実力≫である早朝空腹時血糖は、8月時点から確実に下がってきています。

すい臓をさらに休めれば、少しはマシになる可能性は、まだまだあると思います。

この状態は、過渡的な状態だと考え、しばらくの間、トライしていこうと思います。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移 シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる