シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 発散チャンネル

<<   作成日時 : 2008/02/29 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎日続く、セルフ・コントロール(自己管理)…、時には、なにか狭い所に閉じ込められたような息詰まり(行き詰まり)を感じる事がありませんか。

そんな時、威力を発揮するのが「発散チャンネル」です。

「発散チャンネル」を持ち、チャンネルをスイッチする事で上手にストレスを吸収することが出来ます。

「発散チャンネル」は、人によりそれぞれ違ったものです。

スポーツであったり、お酒であったり、旅行であったり、カラオケであったりします。

それでは、趣味を持てば良いということなのでしょうか?
私は、そうではないと思います!

「発散チャンネル」を持つという事は、このチャンネルにスイッチすることによって、「自分は解放されるのだ」という「意識」を持つ事だと思うのです。

決して、趣味自体に発散効果があるわけではないと思います。

当然、没頭しているときは、何もかも忘れて集中できるかも知れません。

しかし、例えば、旅行から帰ってきた後、「あぁ、明日から仕事かぁ…」と、逆に落ち込んだ経験はありませか?

お酒を痛飲し、その時は大きな声でしゃべり、愚痴を言い、「あぁ、すっきりしたぜ」と思っても、翌朝、妙に空しい気分に襲われることはありませんか?

スポーツでも、お酒でも、旅行でも、カラオケでも、何でも良いのですが、それが「逃げ場」なのだとすれば、かえってストレスを増長することになりかねないのです。

私の「発散チャンネル」は、やはりスポーツ(バレーボールとソフトバレー)。
さらに、スポーツ仲間との飲酒です。

スポーツを続けられるように毎日頑張ろうと思うし、スポーツをしている時は他の事は考えていません。

スポーツの後は、爽快な気分になれるし、その後、仲間と飲む一杯のビール(ビールは一杯で、後は焼酎です…)は、最高の「発散チャンネル」なのです。

スポーツですから勝ち負けはあるのですが、勝敗よりも、その日の面白かったプレーや珍プレー、あるいはたった一回のファインプレーが、酒のつまみとなります。

時には「反省」もあるのですが、それが少しもストレスとは感じません。

やはり、「私は、この場で発散できるのだ」という「意識」を持てるという事が重要だと思います。

スポーツ自体が発散させてくれるのではなく、「私の意識」なのです。

だからこそ、「明日から頑張ろう」と思えるし、たとえ日曜日であっても(翌日は、みんな仕事!)心を開放して、汗をかき、お酒も飲めるのです。

それ自体に没頭できるかどうかも大切かも知れませんが、その事によって、「私は解放されるのだ」と「意識」できることが、「発散チャンネル」なのだと思います。

だとすれば、それが趣味である必要はありません。

海を見に行くだけでも良いし、好きな音楽を聴くだけでも良いし、お気に入りの入浴剤をいれ、ゆっくりと湯船につかるだけでも良いと思います。

自分自身が、「開放」される周波数を「意識」して探す。
それが見つかれば、それこそが、「発散チャンネル」です。


皆さんの「発散チャンネル」は何でしょうか?









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発散チャンネル シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる