シニアフィットネス研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 親指の法則と近道選び

<<   作成日時 : 2008/02/20 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

「親指の法則(ルール・オブ・サム)」というものがあります。

これは、問題を解決するプロセスを簡単にするために、一般的に賢いと考えられている手頃な定石を用いることだそうです。

下記の著作に詳しく書かれています。


我々の自己管理も、「親指の法則」を探る試行錯誤だといえます。

ところが、ここに一つ、落とし穴があります。

それが、単なる「近道選び」でしかない場合があるのです。

この「近道選び」について研究して、ノーベル賞まで受賞した人がいるというのです。

ダニエル・カーネンとエイモス・トヴァースキーです。

彼らは、近道を選ぶ事で人間の行動が大きく誤ることを証明したというのです。

人間の代表的な「近道選び」は、三つあるといいます。

「代表性」
「利用可能性」
「係留効果」です。


「代表性」とは、良い結果を出した上位数パーセントの人たちの結果を聞いて、自分もそういった結果を得られると錯覚する事です…。

健康食品の効果等、この典型です。
○○の「ノウハウ」や「ドウハウ」の類もそうです。
世の中は、この「代表性」で溢れかえっているといっても良いでしょう。

我々は、どうしても、手っ取り早く手に入る情報を優先してしまいがちです。
これが、「利用可能性」です。
また、アタマに浮かびやすい事柄を、過大評価してしまう傾向もあります。

そして、過去の自分の経験や身近な数字を基準に何でも判断してしまう…。
これを「係留効果」というのだそうです。

本当は、行動を変えることで結果は違ってくるはずなのに…。

著作では、「近道指向」は「原理主義」につながると、警鐘をならしています。

我々にとっての「原理主義」…。

分かるような気がします。

我々だけでなく、医療にもそれはある。

血糖コントロールのための自己管理、それは、「一病息災」を目指した「生き方」そのものだと思います。

著者も、「それでも法則はある」といっています。

「近道選び」に陥ることなく、「親指の法則」を見つけることができれば、もっと肩の力を抜いて、それでも方向を見失わず、生きていけるかも知れません。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イベント企画会社でのバックオフィス業務
今日は続いてもう1社ご紹介です。代々木公園にあるイベント企画会社。Jリーグなどスポーツ系や、IT系メーカーの展示会などでとても実績のある会社です。この企業、何がいいかというと・・・“無理に売上の拡大を目指さず、クオリティーの高い仕事をしていく”というスタンスもなのですが。それ以上に、そういうスタンスで仕事をされている社長様がつくっている社風がすごくいいんですよね。社員の方にはどんどん権限を渡して、成長をしてもらう。結果、彼らが力をつけて、独立して、その独立した会社と一緒に仕事... ...続きを見る
求人情報の探し方
2008/02/20 12:04
履歴書のチェックポイント
履歴書、提出前にここは見直しておかないと絶対危険!!な5つのチェックポイント今回は形式面の当たり前。ばかり。ただ、当たり前だけに、ミスを犯すと手痛いしっぺ返しが待っています。1:日付基礎の基ですが、たまに間違っている方がいらっしゃいます。日付は提出日!!また、手書きの場合、書いているペンが日付のところだけ違う。など、明らかに「まとめ書きしてここだけ後で書いたな・・・」となると印象ダウン。まとめ書きするのは別にOKですが、ちょっと注意です。恋愛と同じく、企業側はワガママなもので... ...続きを見る
職務経歴書の書き方
2008/02/20 12:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親指の法則と近道選び シニアフィットネス研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる