テーマ:食(food)

伝えることの難しさ!

以前、ジムのセミナーに参加して頂いていた方のお話です。 ご夫婦ともに、糖尿病です。 一旦、A1cが改善し、毎月通院から3か月に一回の通院になったのです。 ところが、直近の検査で、ご夫婦ともにA1cが上がってしまったということです。 今日、そのようなお話を伺いました。 特に、奥様は、何と1%上昇して6.9%!…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

同じラーメンを食べたのに…運動量の違いで…

今日は、世界糖尿病デーですね。 新聞にも、糖尿病の全面広告が載っていましたが…、「専門医」の対談トークは、相変わらず、低炭水化物食に否定的です。 また、A1c6.1%で糖尿病確定とする基準が示されました。 ところで、「糖新生」ですが、こちらに詳しく書いていました。 http://rise-up.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

11月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

昨日は、11月の定期通院でした。 その前に、すぐ向いのビルにある、「メディカルスキャン」で、腹部CT撮影を行ってきました。 数日で連絡がなければ、特に問題はないということで、次回の通院時に結果を聞くことになります。 2年前の撮影では、すい臓に嚢胞が見つかり、聖路加病院で再検査を受けました。 結果は、「問題なし」。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

我々は、何のために「食べる」のか…

先日、糖尿病腎症についての記事をかきましたが、今回は、その際の食事療法に関して、ひとこと。 江部先生のブログで、「糖尿病腎症が、糖質制限で改善」という記事がありました。 http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1422.html 投稿者は腎症初期の状態だったのだと思いますが、一つ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

10月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

昨日は、定期通院の日でした。 毎回、少し早めに銀座に着き、有楽町の三省堂に寄るのが、お決まりのパターンです。 そこで、1冊、本を購入し、コージーコーナーでコーヒーを飲みながら、その本を読んだりして、まったりと過ごします。 昨日は、「まったり」する時間はなかったのですが、三省堂には寄ってきました…。 ある目的があっ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

SMBGと炭水化物

昨日、家族で銀座に行ってきました。 目的は、娘の検査のため、私のかかりつけクリニックに行くことだったのですが、完全におのぼりさん状態です(笑)。 私や女房は、銀座という街に落ち着きを感じるのですが、娘は、渋谷や原宿の方があっているようです(笑)。 店のウインドウを覗いても、ほとんど関心を引くような商品はないようで…。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

健常人の血糖値、本当に140を超えないのか?!

このところ、機を見て娘の血糖値を測っています。 昨日も、帰宅後、仕事中、手が震えたということでしたので、測定してみました。 【90】と、正常な数値でした。 自覚症状がある時点で測定すれば、あるいは、低血糖だったのかも知れません。 このように、バランスが崩れている時には、食後の血糖値も上がってしまうのではないかと考…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

砂糖が悪い?

今朝の読売新聞に、「砂糖」の全面広告がありました。 ジャーナリストの大宅さんと、スポーツジャーナリストの三屋さんの対談です。 「砂糖」は、悪くない…という内容ですが…。 分かってます!って(笑)。 「砂糖」の消費量は、少なくなっているにも関わらず、糖尿病と肥満は増えている…。 そんなデータも示していましたが、いうま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食べる自由

食べられないって、切ないですね…。 それとは逆に、食べても食べても、満足できなというのも、辛いものです。 昨日のテレビ番組、サイエンス・スペシャルは、「食べる」ことを、あらためて考えさせてくれました。 数日前の読売新聞、医療ルネサンスには、Ⅰ型糖尿病を宣告され、1600kcalの摂取制限を受けた女性が、食事制限のストレ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ファーストフードから考える、日本…

今日の読売新聞に、「低所得者ほど肥満…」という特集記事がありました。 当然、流れとしては、肥満⇒生活習慣病⇒短命となるわけです。 また、所得が低ければ、治療にお金を使えないという点が、問題を加速させます。 一方で、国は「医療ツーリズム」を推進して、外国の高所得者層を囲い込み、あらたなビジネスの構築をサポートするとの記事…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サッカー、岡田ジャパンの栄養補給に思う

岡田ジャパン…、頑張ってますね! 是非、予選リーグを突破して欲しいと思います! ところで、選手の栄養補給って、どうなっているのでしょうか…。 食材を持ち込んで、和食中心のメニューのようですが、昨日はテレビで、本日の読売新聞には関連の記載がありました。 次の試合は、25日早朝(日本時間)ですので、今頃、選手達は、炭水化物中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

食の洋風化とはなんだ?

読売新聞、医療ルネサンス/糖尿病と生きるは、5回の連載予定が、3回で打ち切りとなってしまいましたね。 この連載に限らず、そもそも、ある思い込み…、ある固定観念が糖尿病に関する誤解を拡大し、多くのコントロール不良患者を作り出してしまっているのではないかと思います。 それは、「食の洋風化」です。 「食の洋風化」といえば、乳…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

生きることは、食べること…

「朝は、おにぎり1個と豆乳、昼は仕事が忙しくて、カロリーメイト1箱…。これって、400kcalなんだよね。結構、満足できる。夜は、場合によっては、バナナ1本」 60歳前半の男性、ジムでの実際の話しです。 皆さん、どう感じますか? さらに、「怖くて食べられない…」と、仰っています。 これが、いたずらにカロリーを制限…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

またまた…脂質?!

相変わらず、脂質悪玉論がばっこしているようです(笑)。 試してガッテン…。 モンチさんから、お題をいただきました。 エビデンスが間違っているのではなく、ある方向に誘導する番組作りに危うさを感じます。 番組のサブタイトルです。 「AMPキナーゼを運動で活性化させ、血糖値や中性脂肪を下げる/ためしてガッテン(NHK…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

エネルギー代謝から、糖尿病を考える

一昨日は、上志津店でセミナーを行いました。 今回、参加いただいたかたがたは、皆さん、固定観念を配して、前向きに捉えていただけたと思います。 いつも、皆さんが仰るのは、「病院では、こんな話をしてくれなかった」ということです。 診察という範囲では、時間がないのかも知れませんが、糖尿病に関する医学的な事実と、体の基本的なメカニズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

インクレチン効果の低下が、糖尿病の主因?!

先日も紹介しましたが、下記の著作、インクレチン製剤を服用している方は、是非、一読をお勧めします。 なるほどと納得できるところや、大変に勉強にもなります。 しかし、それでもなお、違和感…があり、それは違うだろうと思うことがらもあるのです。 先の記事では、それを「病気」と「体質」という切り口で考えてみましたが、もう少し、掘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糖尿人にとっての、糖質摂取 ≪後編≫

私の考えている「糖質管理」が、以下であることを、≪前編≫で述べました。 ①糖質摂取量 ②糖質摂取タイミング ③糖質摂取条件 この三つです。 この三つについて、さらに具体的に説明していきたいと思います。 ①糖質摂取量については、個人差の大きいものです。 私の場合には、「どれ位摂取可能か」という考え方で臨む…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

糖尿人にとっての、糖質摂取≪前編≫

糖尿人と糖質…、永遠のテーマ…では困ります。 そろそろ、結論付けたいですよね。 そこで、あらためて、糖尿人と糖質の関係について、まとめておきたいと思います。 ズバリ、糖尿病(境界型を含めて)と診断されたら、自由に糖質は摂れないという事だと考えています。 糖質摂取には、制限がつきます。 血糖値を上げるのは、糖質で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more