テーマ:運動(exrsise)

運動機会も減りました…

昨日、一年ぶりにソフトバレーの仲間と会いました。 一年という年月…短いようで、様々な変化があるんですね。 このうち2名は、一緒に、体育指導委員をやってきたメンバーです。 この方たちから、同じ体育指導委員のメンバーのある方(女性)が、最近亡くなったと聞きました…。 乳がんだったそうです。 確か、60歳代前半だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

機能性低血糖症の方の運動…

昨日は、ビックボックスで仕事でした。 機能性低血糖症の方と、お話しすることができました。 確定診断を得られたことは良かったと思います。 これは、75gブドウ糖負荷試験を行った結果なのですが、機能性低血糖症の場合は、5時間の経過をみますから、大変ですよね。 ジムで、色々な方に相談したけれど、「誰も知らない」というこ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

乳酸の謎…

生駒山さんから、解糖と酸化機構に関する質問を頂きました。 乳酸…謎ですよね(笑)。 そこで、この疑問に答えたいと思います。 まず、筋収縮のエネルギー源である、アデノシン三リン酸(以下、ATP)の生成過程は、解糖系と酸化機構の二つの経路があります。 厳密には、この二つに加えて、ATP-PCr系の仕組みもあるのですが…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

あらためて思う…オークスベストコンディションクラブのレベル

本日は、上志津店の勤務でした。 11:00からのセッションを終え、次のセッションまで、丁度、時間がありましたので、ジムの栄養士さんのダイエットセミナーに参加してきました。 概ね、異論はありませんでしたよ(笑)。 グリセミックインデックスの話もありました。 私も、健常人の方の場合、GI値は参考にしています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

・・・は、会議室じゃなく、現場で起きるんですよ(笑)

本日は、上志津店で、無料カウンセリングのイベントを行ってきました。 午後から、60分のセッションが1本あり、空いた時間で4名の方の相談に応じてきました。 売れっ子のトレーナーさんは、終日、予約で一杯になりますが、私は、これで精一杯です(笑)。 久しぶりに、10:00~18:00まで、店舗に張り付いていました。 あ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

習慣化と定番化の違い

このところ、早朝の値が順調に推移しています。 一昨日は、SMBG開始以来、初の二桁、【99】を計測しました! SMBG以前は、通院時だけの計測ですが、これでいうと…10年ぶりです! ちなみに、本日早朝は【117】でした。 1月23日以降、特異的な高値が4日ありましたが、それ以外は、ほぼ、140未満で収まっています…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ある日の水曜日

水曜日は、毎週、ハードスケジュールです。 午前中は、女房や娘を駅まで送ったり、事務的な仕事をこなしたりして、11時半には家を出ます。 東武バス⇒常磐線⇒山手線経由で、高田馬場ビックボックスのジムに着くのが13時ちょっと過ぎ。 18時まで勤務して、今度は、東西線で南砂町へ。 19時から21時までバレーの練習があり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「体幹」を鍛える

ジムで多くの中高年の方を見ていると、衰えは「体幹」から…、これを実感しています。 「老け」の実態は、実は、「体幹」の衰えだったんですね。 最近、「老けたな」と感じることはありませんか? 「老け」は、姿勢、歩く姿、ちょっとした動作に如実に表れます。 外観(特に顔)の変化は仕方ありませんが、せめて、動きは、若々しくあ…
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

左側に集中的に不具合が…

今、うさぎ年に相応しく、左目の白目(白目の左側)が真っ赤です(笑)。 結膜下出血になってしまいました。 火曜日の朝、少し赤いなと思っていたのですが、午後になって、急速に拡大してしまいました。 上志津に向かう車の中で、ミラーを見てビックリ…。 眼科に行きましたが、1~2週間で、自然にきれいになるようです。 特…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ランニングかジョキングか!?

健康のためのジョキングと、競技スポーツとしての長距離ランニングは、やはり、一線を画するものでした…。 数々のメダリストと、一流選手を育てた小出監督、その小出さんの練習に興味がありました。 マラソンの完走をガイドする本は、沢山あります。 しかし、私としては、小出さんに関心があったんです。 そのこころは、「完…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今日は一日、運動してました(笑)

本日は、加圧トレーニングの後、バレーボールの練習でした。 基本的に、土曜日はOFFにしているのですが、何のことはない、いつも、運動、運動です(笑)。 加圧トレーニングは、レジスタンス運動…、即ち、筋トレですから、エネルギー源は、筋グリコーゲンが主体になっていると思います。 勿論、脂肪燃焼も、ハイブリッドに働いていますが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「結果」の最大責任者は貴方…、そして、私!

先日、鷺ノ宮店で、「中高年から始めるダイエット」というテーマで、セミナーを行ってきました。 実は、中高年と若者では、ダイエットの意味やコンセプトが違うんですよね。 ちなみに、参加者の中には、糖尿病の方もいらっしゃいました。 このセミナーのポイントは、クロストレーニングと、糖質管理です。 これでやっていただければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有酸素運動の最適化≪後編≫

運動による血糖降下作用の決めて…、これは、筋収縮の時間だったのです。 ≪前編≫で、いくつかのヒントを書きました。 酸化機構と解糖、脂肪と糖を材料とするエネルギー生成システムは、常に、ハイブリッドに稼働しているということです。 例え、ウォーキング程度の軽い運動であっても、筋に蓄えられている糖と、体脂肪を分解して得られる脂…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

心拍数と運動

「たけしの家庭の医学」、見ましたか? 食べて改善するメタボ対策…。 心拍数を管理する、運動…ですかぁ…?! これさえやれば、どんなに食べても大丈夫? 心拍数100だとか、120だとか…、これは個人差のあることです。 皆さん、これを信じてはいけませんよ(笑)。 実は、昨日、上志津のジムで、この心拍数をテーマ…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「箱根駅伝」と「チーム」

今年もまた、「箱根駅伝」から、感動をもらいました。 実は、今年の「箱根駅伝」…、少し変わった見方をしていたのです。 見方といっても、「視点」ではありません。 実際の、テレビ観戦の仕方です。 それは、「本」との同時進行! その「本」というのが、これです。 箱根駅伝の、学生選抜を描いたものです。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「セルフ・コントロール・ラリー2011」がスタート

あけまして、おめでとうございます。 千葉県柏は、穏やかなお正月ですが、皆さんの地域はいかがでしょうか。 さて、この年末年始、不覚にも最低の体調で迎えてしまいました(汗)。 27日の夜から寒気に襲われ、夕食も摂らずに睡眠。 翌日は、ある「忘年会」があったのですが、私が幹事だったため、出席。 しかし、一次会で早…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

必ず起こる危機(リスク)!

健保組合の80%が、赤字なんだそうです…。 これは、高齢者負担分が大きいのですが、そもそも、誰だって、歳をとります。 歳を重ねれば、不具合がでるのは当たり前のこと。 この事実を知らない人など、一人もいないでしょう。 だったら、何故、「予防」に力を入れないのでしょうか? このままでは、国民皆保険制度は、崩壊し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「疲労」って、何だろう?

スポーツにおける「疲労」と、日常生活での「疲労」は別ものですよね…。 今日は、日常的な「疲労」について、考えてみようと思います。 「あ~あ、疲れた・・・」と、背伸びをして、疲れを自覚はしていても、どこか、心地よさを感じることって、ありませんか? あるいは、それとは逆に、「ふぅ~、疲れた・・・」と、ため息をついて、気分だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

同じラーメンを食べたのに…運動量の違いで…

今日は、世界糖尿病デーですね。 新聞にも、糖尿病の全面広告が載っていましたが…、「専門医」の対談トークは、相変わらず、低炭水化物食に否定的です。 また、A1c6.1%で糖尿病確定とする基準が示されました。 ところで、「糖新生」ですが、こちらに詳しく書いていました。 http://rise-up.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スポーツを楽しもう!

朝の血糖値は、相変わらずです…。 加圧トレーニングの翌日は低いという定説は、崩れつつあります。 午前中は下がりにくく、午後は、比較的、順調なんです。 夕食後2時間が、140~160であっても、翌日の血糖値は、150~160という状態。 今週水曜日は、定期通院ですが、どうなることやら…。 また、2年ぶりに腹部…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

除脂肪体重を目標に!

先日、このブログのリンク先を見てみると、≪加圧トレーニング 糖尿病≫というキーワードがありました。 どなたかが、このキーワードから、このブログを訪れていただいたんですね。 この、キーワードで、いくつかのサイトが検索されるのですが、そのうちの一つの、ある、加圧トレーナーのブログを見てみました。 そのブログでは、加圧トレー…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

乳酸も、エネルギー源!

筋肉痛…体験したこと、ありますか? 階段、降りられない!…よくあることです。 これは、筋に乳酸が溜まっているからだと、以前はよく言われました。 運動をあまりやらない方でも、聞いたことがあるのではありませんか? 実は、これは、間違いなのです。 筋肉痛は、別の原因で起こっています。 今回のテーマは、筋肉痛…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

糖尿人こそ、持久力と瞬発力の両立が必要!

もしも、あなたが市民アスリートならば、競技の内容によって、異なったトレーニングを行わなければなりません。 例えば、ラグビーもトライアスロンも、過酷な競技という点では、一致しますよね。 しかし、運動に必要なエネルギーのシステムは、まるっきり違うのです。 仮に、あなたが市民アスリートでないにしても、糖尿病の持病があるのなら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大腰筋…これが大事!

2007年11月14日(世界糖尿病デー)に始まったこのブログも、まる3年になります。 この間、500以上の記事を書いてきました。 私自身、どこにどの記事があるか、分からなくなってきています(笑)。 そこで、便利な機能を紹介いたします。 テーマ別に集約することもできますが、右下にある、「サイト内検索」が便利です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病と、密接な関係にある筋

先日、ぶぶさんから筋収縮の話を、もう少し詳しく教えてと、コメントを頂きました。 記事は、こちらです。 「筋収縮のメカニズム」 http://rise-up.at.webry.info/200904/article_11.html その後、セミナー等で使う図を、下記のように変更しましたので、紹介します。 筋収縮の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筋トレ翌日は、血糖値が低め!

8月の早朝空腹時血糖値の平均は、【145】と、やや高めでした。 早朝の値と、A1cの関係は、必ずしも相関しているとは言えませんが、それが自分のすい臓の実力だとすると、やはり、この値にはこだわりたくなってしまいますよね(笑)。 早朝以外の血糖値は、食事と運動で、おおよそコントロールすることが可能です。 しかし、この、早朝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジャンプ…したことありますか?

昨日は、久しぶりにバレーの練習でした。 蒸し暑い体育館の中で、大汗をかいてきました。 汗をかくことは苦になりませんが、久しぶりということで、かなり息が上がりました(笑)。 運動中と、帰宅途中に、1L以上の水分を補給しましたが、食事後の入浴時で体重は約1kg減っていました。 このところ、何せ運動不足です。 早…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暑さに慣れる…

毎日、暑い日が続きます。 暑さに慣れるまでが大変です。 熱中症には、十分に注意する必要がありますね。 熱中症は、温度もさることながら、湿度との関わりが大きいのです。 高温多湿の環境が、最もハイリスクとなります。 暑さに慣れることを、「暑熱順化」といいますが、運動が欠かせない我々には、切実な問題ですよね。 暑い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

朝の血糖値が低いのには、訳がある…

私の早朝空腹時血糖の目標は、【140未満】なのですが、これを、12日間連続でクリアしています。 空腹時血糖は、自分でコントロールすることができませんので、この記録は、正直うれしいです(笑)。 この間の最低値は、【114】と【111】なのですが、両日ともに、金曜日です。 なぜ金曜日なのか…? これには、訳があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の選択

糖尿病には、一日一万歩。 よく言われることですよね。 確かに、ウォーキングは手軽な運動で、老若男女にとって無難な運動には違いありません。 一万歩歩くには、1時間15分ほどの時間が必要になります。 仮に、週に2回、1時間チョッとの運動時間しか取れないとして、その時間に一万歩のウォーキングをしたからといって、糖尿病が…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more