テーマ:食(food)

「楽しみ」?それとも「補給」?

皆さんにとって、食事とは「楽しみ」ですか? それとも…「補給」でしょうか…? シニアになると、だんだんと食欲がなくなり、食が細くなってきます。 勿論、健啖家は健康長寿、おおいに結構なのですが、一般的には、年齢と共に小食になっていきます。 それはそれで、自然の摂理、衰えの証しでもある訳ですから、受け入れざるを得ません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もまた…腸健康法で

今年もまた、「腸」から始めます(笑)。 腸はぜったい冷やすな! 松生恒夫著 光文社新書 著作にもあるように、以前は、胃がんが多かったのですが、今は、大腸がんの方が増えています。 その原因についての考察も書かれていますので、是非、ご一読を。 腸が、我々にとって、とても大切な器官であるという記述は、他の著作…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人は「バランス」

最近は、すっかり「脱・炭水化物」が定着しましたね。 先週の続きは、こちらです。 50歳からは炭水化物をやめなさい 藤田紘一郎著 大和書房 確かに、20代の青年に炭水化物ダイエットを指導した際、この青年は、当初、「なにか力が入らない」といっていました。 慣れれば、問題ないのですが…。 エネルギーシス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり…腸!だった

久しぶりに、面白い本に出会いました。 脳はバカ 腸はかしこい 藤田紘一郎著 タイトルにひかれました(笑)。 人は誰でも、「幸せ」になりたいと思っていますよね。 「幸せ」を感じるのは、セロトニンやドーパミンなどの脳内ホルモンの分泌があるからです。 セロトニンは、歓喜や快楽を伝え、ドーパミンは、気持ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

権限は、我々自身にある!

このところ、「糖質制限」が、メディアに取り上げられるようになりました。 数日前の読売新聞、一昨日の、NHK「クローズアップ現代」でも、取り上げていましたね。 どちらも「自己流はやめて欲しい」という、「但し書き」付きです(笑)。 なぜ、糖質制限のリスクを強調するのか…、根底にあるのは、糖尿病学会の既得権益を守りたいという…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ポジティブに改善が期待できる栄養素はない

糖尿病は、飽食の時代の栄養失調だった? この本のサブタイトルです。 糖尿病は栄養をとれば健康に戻る 笠原友子著 経済界 ある意味、炭水化物にまみれた食生活は、栄養失調といっていいかも知れませんね。 この本では、特に、亜鉛不足が問題だとしています。 ビタミンとミネラル…これが、著作でいう「栄養」…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

空腹? それとも満腹?

世は、空前の「空腹」ブームですね(笑)。 火付け役の南雲先生は、いまや、引っ張りだこです。 確りと栄養を摂る方が良いのか…、それとも、一日一食、空腹を享受する方が良いのか…考えてみたいと思います。 南雲先生の食事をテレビで放映していましたが、本当にその通りならば、極めて質素で、基礎代謝分も摂れていないと感じました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

インスリンとグルカゴン

昨日も、加圧トレ、バレーとフルコースでした。 加圧トレは、スローで行いましたが、これがまた効きます(笑)。 バレーの方も、人数が少なかったので、私が球出しではなく、受け手にまわってみました…。 見事に、足が動きません(笑)。 これは、筋力ではなく、神経ニューロンの反応速度の低下ですね。 さらに、ボールとの距…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タンパク質を考える

三大栄養素の最終回は、タンパク質を考えましょう。 タンパク質は、消化されるとアミノ酸となり、筋肉の原材料となります。 筋の細胞は異化と同化、即ち、分解と再生を繰り返しています。 筋細胞からなる筋原線維は、運動によって壊れ、その再生の過程で以前よりも強く、太くなるのです。 再生の過程では、特に、必須アミノ酸が必要と…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

糖質を考える

血糖値を上げる栄養素は、糖質です。 我々、糖尿人にとっては、この、糖質が問題なのですが、ここでは、糖尿病でない方の事も考慮して、炭水化物として考えたいと思います。 炭水化物は、下記の三つのタイプに分類されます。 1.単糖類・二糖類 2.多糖類 3.食物繊維 炭水化物から食物繊維を差し引いたものが糖質ということ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

脂質を考える

先日、牧田先生が朝の情報番組に出演していましたね。 女房が録画していてくれました。 「カロリーはあまり関係ないんですよ。炭水化物が問題なんです」と仰っていました。 未だに、「カロリー」神話が語られているのが現状です…。 キャスターの小倉さんも、糖尿病のベテランのようですが、インスリンを使っています。 やはり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食の欧米化…ではない、多様化!

今日は、午後から市の委託事業である、介護予防の受講者の方のトレーニングでした。 制度の利用率が下がっているのは、残念なことですが、まずは、参加していただいた方に、全力投球したいと思います。 少し、風邪気味のようでしたので、運動を控えめにし、栄養指導と転倒予防、さらに、失禁予防についてのレクチャーを長めに行いました。 栄…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宇都宮餃子行…

一昨日の日曜日、宇都宮までドライブに行きました。 娘が免許を取得し、その娘の運転で出かけてきました。 初心者マーク、娘の、初ドライブだったんです。 宇都宮と言えば、餃子…。 そうです…、実は初ドライブに名を借りた「餃子ツアー」だったんです(笑)。 しかし、私が、無制限に餃子を食べられるはずもありません。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糖質の多い、日本酒を飲み始めた?!

日本酒を飲み始めました…。 といっても、晩酌の最初のワンショットです(笑)。 勿論、酒蔵メーカーは、東北! 今日は、宮城県塩釜市のメーカーの「浦霞」です。 「今日も一日、無事に過ごせました」と、感謝の念と、東北への応援の気持ちを込めて、味わっています。 東北には、沢山の酒蔵メーカーがあります。 日本酒…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

食事というより、補給…

このところの昼食は、勤務先の介護施設で摂っています。 時間がありませんので、持参したサンドイッチを、ササッと食べておしまい(笑)。 サンドイッチのパンは8枚切りですので、20gほどの糖質となります。 具は、レタスとハム、または、たまごなど。 さらに、ウインナー2本です。 女房からは、「毎日同じで、飽きない?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

原発…予断を許しません!

昨日は、鷺ノ宮のジムから、青山に移動し、NESTAの継続講習がありましたので、21時過ぎまで東京にいました。 その間、緊急地震速報もあり、鉄道も混乱していましたが、何とか、22時には北柏にたどり着きました。 帰宅時間帯の混乱を除き、電車は驚くほど空いていました。 また、JRの駅構内の売店などは、軒並み閉まっています。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

カロリーって、何だ?

カロリーって、何なんでしょうね(笑)。 栄養学でいう、kcal(キロカロリー)です。 熱エネルギーの単位であることは分かるのですが、例えば、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、体重が減るのかといえば、一概には言えません。 物理学的には、減らなくてはおかしいですよね(笑)。 一日絶食すれば、-1,800kcal程…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミニジム完成

ミニジムが完成しました。 いつもお世話になっている、健康プラザ「ラクーン」から、いただきました。 私が、トレーニングの時に使わせていただいていたものです。 当初は、男性トレーニーのために設置していましたが、加圧の場合は、それほどの重量を必要としない事、また、シューズを履かない環境でのフリーウェイトのリスクを考慮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋グリコーゲンの貯蔵と補給②

≪続き≫ 筋グリコーゲンの貯蔵量は、ほぼ一定でることが分かりました。 そこで、一旦、枯渇させて、無理に押し込んで貯蔵量をアップさせようというのが、グリコーゲンローデイングです。 我々は、決して無理に押し込む必要はありません。 中長期的に、筋を大きくすればいいのです。 貯蔵庫である筋が大きくなれば、グリコーゲ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筋グリコーゲンの貯蔵と補給①

筋に貯蔵されているグリコーゲンは、一般的には、約1500kcalと言われています。 これを、運動量に換算すると、体重60㎏の人が、25㎞のジョキング(又はラン)を行った消費量に匹敵します。 運動消費量の計算は、簡易的な方法があります。 体重×距離が、ジョキング又はランの消費量です。 ウォーキングの場合は、この半分と考…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

朝食のパラダイム

最近の朝食は、ルーティンなものになっています。 サラダ、プレーンヨーグルト(ブルーベリー入り)、汁もの、シナモン入りコーヒーです。 ジムでも、「朝食は何を食べてるの?」とお客さまから聞かれます。 パンやごはんを摂らない朝食を、イメージできないのだと思います。 そこで、もう少し詳しく食事内容を公開しようと思います。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロイシン(分岐鎖アミノ酸)と血糖値

やはり、ロイシン(分岐鎖アミノ酸)が、血糖値を下げるようです。 木曜日の加圧トレーニングのことです。 トレーナーから、加圧学会でのお話しを伺いました。 ロイシンが話題になっていたようです。 私は、トレーニングの直前に、アミノ酸(分岐鎖アミノ酸/BCAA)の粉末を摂取しています。 この際、短時間で血糖値が下がる……
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

脂質効果で血糖上昇遅延…その結果は?

久しぶりのラーメンネタです(笑)。 昨日は、せがれが担任をしている、特学のイベント(野菜直売)があり、千葉市長沼のダイエーショッピングセンターに行ってきました。 クラスの教え子が、「無農薬ですよ~」と、一生懸命呼び込みをしているのが可愛かったです(笑)。 生徒一人、先生一人のクラスです。 大根、かぶ、ホウレン草を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筋のドラマを見るよう…

バンクーバーオリンピック、日本も、スピードスケート500mでメダルを獲得したことから、盛り上がってきましたね! 今日は、1000mのレースがありました。 日本人は残念な結果でしたが、スケート選手たちの大腿四頭筋とハムストリングは、圧倒的な迫力がありますね。 大腰筋は、見えませんが、これもすごいと思います。 特に、10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A1c、上がってしまいました…

本日は、クライアントAさんのセッションでした。 一昨日の検査結果を持参していただきました。 この1ヶ月間、改善を切に期待していましたが、結果は0.1%上がって、7.9%でした。 早朝の値は、【140】前後(以前は、180前後)と、少し落ち着いてきたようですが、A1cは手ごわいですね。 数日前から、SMBGをお願いして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糖質摂取量と運動量の関係

昨日は、久しぶりに「カップヌードル・ライト/シーフード」を食べました。 本当は、「緑のたぬき」が食べたかったのですが、60g近い糖質量に怖気づいてしましました(笑)。 「カップヌードル・ライト」なら、糖質量は30g未満です。 それでも、見事に血糖値は上がります…。 食前【146】、その他、厚揚げ、白菜浅漬け、八宝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖質が血糖値を上げるの?

今日は午後から、ジムの営業に行ってきました。 来週は、いよいよセミナーです。 皆さんに来ていただきたいと考えていますので、ジムには顔出ししなければいけません。 掲示板にセミナーの案内も貼り出していただきました。 館内放送もしていただいています。 私自身も声掛けして、手ごたえのあった方もいますので、今のところ数名…と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

岬めぐり…南房

先週の連休は、久しぶりに女房と一泊の旅行に出ました。 実は、結婚25周年(11/4です)だったんです。 本当は、25周年にはハワイに行こうといっていたのですが、南房になってしまいました(笑)。 ハワイは無理でも、やっぱり、暖かいところがいいねと、南房総に行くことにしました。 常磐ハワイアンセンターは、検討外でしたが(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酸化と糖化

先日、新聞に消費者庁が「特保食品」の見直しに入るという記事がありました。 「エコナ」の回収問題を受けての事のようです。 これさえ摂れば安心だという誤解を与えかねない「特保食品」です。 見直しは大いに結構だと思います。 それにしても、最近の消費者庁は、かなり積極的に動いている印象ですね。 しかし、明らかに健康に害のあるタ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食べるという事…

皆さん、食べることって、楽しいですよね! それとも、食べることは面倒なことなのでしょうか? 昨日のNHK「クローズアップ現代」によると、食べることが面倒だと思っている人が増えているそうです。 お菓子だけで済ませてしまう人、サプリしか摂らない人…。 特に、私と同年代の大学教授が、カップラーメンとサプリメントだけの食…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more