テーマ:介護

コントレーションストレッチ

今年4月以降、生活期・維持期のリハビリは医療保険から介護保険の給付へと移行します。結果、生活期・維持期のリハビリを通所介護施設が中心になって担うことになります。 それでは、その期待に、どれだけの通所介護施設が応えられるのでしょうか…。 本日、私の母の担当ケアマネジャーの訪問を受け、いろいろとお話をしました。 私の、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにセミナーやります!

活動の拠点をジムから介護施設に移して5年と3ヶ月経ちました。 その間、シニアフィットネスの実践と研究を重ね、そのメソッドの総体を「コントレーション」と名付けました。 現在、商標登録を申請中です。 3月に中志津の事業所を退職しましたが、その後、沢山の方々からご支援を頂き、ようやく、頭の中に漠然とあったものを、「形」にする…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

歩くということ

16日から、こちらの施設でデイサービスの「再起動」に取り組んでいます。 地域密着の認知症対応型のデイサービスです。 顧客(利用者)層が限定されるため、集客は容易ではないと思われますが、持てる力のすべてを総動員して、困難なミッションに取り組んでいこうと思います。 ただ認知症の方をおあずかりするのではなく、「運動療…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

主体性を持って、セカンドオピニオンを

どうも最近は、薬は飲むなとか、医者にかかるなとか、医療に対してネガティブな著作を読むことが多くなっています。 ご利用者さんに紹介したところ、本屋さんに買いにいけないので、譲ってくださいと…。 そうですよね…。 ネットで購入できますよともいえません。 書籍に対する高齢者のニーズは確かにあると思いますが、とりわけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ADL(生活動作)の改善と維持は、人権の確保

今年になって、新たな機能訓練スタッフ(看護師)が加わり、5名体勢となりました。 皆、コミュニケーション能力、モチベーション、共に高く、素晴らしいスタッフです。 また、学習意欲も高く、このメンバーのうち二人が、今年、NESTA PFTの取得に向けて、勉強中です。 これで、定員25名のご利用があっても、しっかり対応…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

歩いて歩いて

運動を継続するためには、モチベーションが大切です。 私たちのデイサービスでは、こんな取り組みをしています。 館内を1周につき、一駅、色鉛筆で塗っていただきます。 山手線や常磐線、東北本線などがあります。 原紙はスタッフの手書きですが、とてもセンスがあり、助かりますね。 終点まで行けたら、写真を1枚、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クロスマットステップ

クロスマットステップというエクササイズを考案しました。 認知症予防教室で、しばしば実施しています。 認知症は、今や、300万人といわれ、ご本人にもご家族にも、大きな負担となります。 どうすれば、認知症にならずに済むのか…、私自身にとっても、重要なテーマです。 認知予防教室では、病院等でも実施している「MM…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トレーナーズハイ

高齢者の場合、脊柱の正常なS型カーブは、C型に変形してしまいます。 いわゆる、腰曲状態です。 C型では、骨盤が後傾し、腰椎も後弯します。 その結果、膝は屈曲してきます。 すでに変形してしまった脊柱は、元には戻らないといわれています。 しかし、脊柱は、それほど強固なものではありません。 脊柱の変形が初期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレッチのチカラ

先日、「日本ストレッチング協会」のパトナーストレッチングの講習を受けてきました。 講習の後、筆記試験と実技の認定試験があります。 昨日、無事に認定書が届きました。 ストレッチの有用性は、現場で実証済みですが、やはり、基本に立ち返り、裏付けをとることも必要です。 今回の講習は、大変に勉強になりました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

明日死んでもいい生き方

今日は、久しぶりに、ゆっくりと本を読むことができた休日でした。 こちらです。 タイトルから、「死生観」、とりわけ「死に様」について書かれたものかなと想像していましたが、「生きざま」について書かれた本でした。 この本、女房や母にも読んで貰おうと思います。 目からウロコとは、まさに、これだったんですね。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高齢者に特化したトレーニング&リハビリスタジオ

久しぶりの平日休暇です(笑)。 そして、久しぶりのブログ更新ですね(汗)。 実は、一昨年出版した、血糖値が下がる!糖尿病に効く「かんたん体操」の新書版の発刊が決まりました。 7月上旬の発売予定です。 ムック本とは、字数が違いますので、現在、書き加えの執筆で忙しく、休日は「休み」にはなりません(笑)。 きっと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

高齢期への備え/その②

前回の記事では、老化の具体的な部位について書きました。 今回は、その対策について書きたいと思います。 対策は、ズバリ、生活習慣の見直しです。 問題になる部位は、以下の三つです。 一つには、膝関節の関節包や靭帯の短縮。 二つ目は、太ももの裏側のハムストリングの短縮です。 三つ目が、体幹の筋短縮です。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高齢期への備え/その①

このところ、高齢者のお話しばかりになっていますが、現場で得たことをもとに、中年世代にフィードバックすることも大切ですね。 10年、20年、30年後には、我々も間違いなく高齢者と呼ばれる立場になります。 その時になって、こうすれば良かった、ああすれば良かったと思っても、後戻りはできません。 まずは、高齢者にどのような問題…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

認知症の自覚症状?!

このところ、花粉症で目がかゆく、おまけに瞼がただれて腫れがひどい状態です。 仕事の合間を見て、職場近くの眼科で点眼薬と瞼の塗り薬を貰ってきました。 点眼薬は、ステロイド系です。 目のかゆみは、今月に入ってからずっとなのですが、瞼の腫れにまで発展したのは、ここ数日のことです。 最悪のピーク時の朝は、血糖値が205!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発想の転換

今日の夜8時からのNHK、足こぎ式の車椅子の特集でした。 実は、利用者さんから、「すごい車椅子があるよ!足で漕ぐんだって」ということ、少し前に伺っていました。 しかし、足で漕ぐ車椅子って、想像できませんでした(汗)。 利用者さんが、何を言っているのか…分からなかったのです。 車椅子って、足が不自由だから使うのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無くて七クセ

人の脳と体の動きのメカニズムは、本当に精密です。 我々が当たり前に行っている…、例えば、ハサミを使って何かを切るという動作も、実に精密な脳の働きと、神経経路の情報流通があるんです。 片麻痺の生活期リハビリを希望する利用者さんも増えてきましたが…、発病から相当年月が経っている方も多く、どこまで回復できるのか…と、考えることもし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仕事も職場も…出会い

やっと、念願の機能訓練スタッフに入社いただきました! トレーナーの資格を持った、20代男性のMさんです。 かねてから、あるSNSで、この職種でのトレーナーの可能性を呼び掛けていましたが、活発なレスポンスはありませんでした。 やはり、若い人と介護の現場はミスマッチなのかなと、諦めていたのです。 ところが、1本のダイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フィールド

毎日毎日、このフィールドで高齢者の生活動作改善と、健康作りに取り組んでいます。 奥のフロアを片づけましたので、介護予防教室の時も、余裕を持って取り組むことができるようになりました。 デイサービスの利用者さんも増えましたが、介護予防教室の参加者も定員になり、フロアは手狭になってきています。 先日も、デイ、予防とも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジレンマ

ある方が介護認定調査依頼を、取り消しました。 今、調査を受けると、間違いなく介護認定度が低くなってしまうからです。 大腿骨頚部を骨折し、リハビリセンターを退院してから、あちらこちらのデイサービスを転々としましたが、まともなリハビリが受けられずに、ほぼ、車椅子の生活になってしまいましたが、私どもの施設にみえてから、めきめきと改…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PSRT…って?

先日、「ためしてガッテン」で、変形性股関節症を取り上げていました。 股関節は、歩行動作に深く関わっているだけでなく、膝や腰とも連動する関節ですから、ここの障害は深刻です。 私どものデイの利用者さんの場合、それほど多くはない疾患ですが、やはり、腰や膝の痛みも、併せて訴えています。 膝の変形や腰の変形も、今後は出てくるよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

衰えはハムストリングから…

日々、高齢者の体に触れて、とりわけ、ハムストリング(腿の裏側)の衰え、萎縮を顕著に感じます。 施設には、レッグカールのマシンがありませんので、座位から、徒手抵抗で引いてもらうのですが、ほとんどの方が、片手で動きを阻止できてしまいます。 力を入れることすらできない方もいます。 さらに、筋持久力も落ちていますので、3回目以…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

地域での「見守り」

久しぶりの更新になります…。 忙しいからから書けないのか…といえば、それも違います。 今、アウトプットだけの毎日なんです。 インプットが、ほとんどありません。 すべて、出し切った感じです(笑)。 この状態は、私の本意ではないんですよね。 何かを、変えなければと思っています。 まだまだ、アウトプッ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

皆、歳をとる、老化するんです!

皆さん、デイサービスや老人ホームといった、高齢者施設の事て…、実感はありませんか? 介護…といっても、身近に切羽詰まった問題が無い限り、きっと、何処吹く風ですよね。 実際、我が家でも、私がこの仕事に携わらなければ、昭和6年生まれの母もいたって元気ですから、何所吹く風なんです…。 しかし…、あと10~15年もすれば、今は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more