テーマ:人生

大興奮(笑)

行ってきました…。 「サーキットの狼博物館」 大興奮です(笑) 憧れてやまない、トヨタ2000GT、しかも…オープン! こちらは、後期型。 ここの所蔵車は、ほとんどがナンバー付! スゴイです。 ランボルギーニやファラーリ、ランチャストラトス、勿論、ロータスヨーロッパなど、お宝ぞろい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたび「エンスー」に…

毎日、高齢者と接して、感じることがあります。 それは、60歳を過ぎると、格差が大きくなるということです。 郷ひろみさんは、「60代こそ、自分にとって最高の年代」なんだといっています。 私も、全く同感ですが、一方、多くの60代の方が、介護を要するというのも、事実です。 先日、父方の実家、伯母、伯父、と母方の伯母のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクターとの信頼関係

先週から、体調を崩していました。 せきが止まらず、疲労感が強く、絶不調でした(笑)。 やはり、市販の咳止めでは治らず、22日(金)の、呼吸器科を受診しました。 ネットで検索して、職場の近くのクリニックに行ったのですが、正解でした(笑)。 ドクターも、信頼できそうです! パソコンだけなく…ちゃんと、聴診器と触…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADL(生活動作)の改善と維持は、人権の確保

今年になって、新たな機能訓練スタッフ(看護師)が加わり、5名体勢となりました。 皆、コミュニケーション能力、モチベーション、共に高く、素晴らしいスタッフです。 また、学習意欲も高く、このメンバーのうち二人が、今年、NESTA PFTの取得に向けて、勉強中です。 これで、定員25名のご利用があっても、しっかり対応…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

セルフ・コントロール・ラリー2013、スタート!

あけましておめでうござます。 いつも、当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。 2007年11月14日、「世界糖尿病デー」を機会に書き始めて以来、皆さまに支えられて、6年になります。 お陰様で、また一つ、新しい年を迎えることができました。 歳のせいでしょうか…。 時間の経つのが早くてかないません(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輝くゴールデンエイジ

一昨日の勤労感謝の日は、女房方の法事で、小田原まで行ってきました。 法事の後、義母の誕生日(84歳)のお祝いを兼ねて、親戚一同、御殿場の「時の栖(すみか)」に泊まってきました。 夫婦と、息子と娘…家族4人で、こんなバンガローに宿泊です。 家族4人…そうあることでありませ。 きっと、これが最後かも知れません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日死んでもいい生き方

今日は、久しぶりに、ゆっくりと本を読むことができた休日でした。 こちらです。 タイトルから、「死生観」、とりわけ「死に様」について書かれたものかなと想像していましたが、「生きざま」について書かれた本でした。 この本、女房や母にも読んで貰おうと思います。 目からウロコとは、まさに、これだったんですね。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

セルフコントロールラリー2012、スタート!

あけましておめでとうございます。 被災地では、未だ、生活の目途が立っていない方も多いと思います。 また、原発から避難を余儀なくされている方も多いと思います。 3.11のあの日以来…、日本人の価値観に、大きな変化があったように感じるのです。 私自身、ジムのパーソナルトレーナーとしてのモチベーションを維持できなくなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

順番を順守して、「健康長寿」

ある男性利用者さんは、64歳。 そして、ある女性利用者さんは95歳。 64歳の利用者さんは、95歳の利用者さんに「私の母と同い年なんですよね。私など、ひよっこですな…」。 デイサービスでは、2世代が当たり前なんです。 それでは皆さん…、仮にあなたが30代、40代、50代だとして、将来的に、あなた自身が、あなたの親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生きる」って、何なんだろう?

「生きる」って何なんだろうと思います。 そもそも、糖尿病を管理するって、健康を管理するということですよね。 ところが、生きる=健康…ではない現実があります。 デイでの高齢者を見るにつけ、思いを新たにします。 94歳の男性。 糖尿病です。 A1cは不明。 以前はインスリン処方でしたが、ご本人はもと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

7月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

先週水曜日は、定期通院の日でした。 A1cは、6.7%と、横ばいでした。 気になっていた脳のMRI検査の結果は、「異状なし」ということでしたが…。 「頭蓋内に軽微な慢性虚血性変化を認めます。病的意義はほとんどありません」というコメントがありました。 I先生によると、誰にでもあることで、全く問題はないということです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糖尿病が変えた人生…

最近、時間が足りないと感じています。 これは、決して、良い傾向ではありませんよね。 きっと、自分の能力以上のことをやろうとしているんだろうと思います。 時間は、誰にでも平等です。 6月22日から26日まで、「介護予防運動指導員」の講習に行くことが決まりました。 最終日に試験があり、合格すれば、認定されます。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

時間の流れ

時間の流れって…、不思議ですね。 時間は、誰にでも共通のはずです。 一日は24時間で、それ以上でも以下でもありません。 ところが、その時間の感じ方は、実に主観的なものです。 一日はあっという間に過ぎてしまうのですが、その中で流れている時間は、ゆったりとしているという…、不思議な感覚の毎日です。 昼食を摂る暇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大変な時代に、生きてしまった…

今、この本だけは、読んで欲しい! 判断は、読者に任せます。 私としては、もう、原発は終わったと思っています。 それに伴う不便や不具合…、容認せざるを得ないでしょうね。 今、この本に書かれた通りのことが、現実に起こっています。 今ここにある危機の主因は、地震の活動期にあります。 この時代に生を受…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

唯一無二のものは無い!

トレーニングに唯一無二のものはありません。 これって、人生も一緒ですよね。 人生も唯一無二のものではないと思います。 例えば、トレーニング。 これさえあれば。 これでなければ。 そんなものはありません。 すべてのトレーニングは、あらゆる可能性を肯定しながら、トライし、漸進していくものです。 常…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

事態は、何一つ好転していません…

原発の状況は、ますます、混迷を深めているようです。 1号機がピンチです。 停電、そして今度は、放射性物質という驚異に晒されています。 野菜、水道と、首都圏でも大きな影響を受けています。 直接的な地震の揺れ、津波の被害は、東北地方だけでなく、関東各地でも甚大といえる被害が出ています。 千葉県でも、死者・行方不…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この震災を契機に、人生の価値観を変えてみよう…

今般の大震災を契機に、我々は、人生のパラダイム、あるいは、ライフスタイルを変換する必要があると思っています。 例えば、ガソリンや電気など、当たり前と考えていたエネルギーインフラは、盤石でないことを知りました。 電気の供給が、震災前と同等に戻ることは、不可能だと考えていた方がいいと思います。 福島の原発は廃炉になり、今後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諦めなくて良かった!

この混沌とした情勢の中、自分自身の生活のあり方も、見直さざるを得ないことになっています。 上志津のジムは復旧の見通しが立っていません。 また、もう一つの仕事…、カーオークション会場での車の移動等の作業も、4月いっぱいで打ち切りとなります。 しかし、「思い」は叶うものです…。 諦めなくて良かった…。 昨日、介…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

停電に戦略が無い!

現在、私の住む地域は、停電が実施されて…いるはずです。 昨日も、停電はありませんでした。 今も、こうしてパソコンを使っています。 「計画停電」とは、供給側に都合の良い呼び名で、実際は、「場当たり輪番停電」だと思います。 どこを停電させて、どこを活かすのか…はっきりと選択・集中して欲しいですね。 ビジョンが明…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

引き続き、混沌とした状況…

今日も、混沌とした状況が続いています。 上志津のジムは復旧の見込みが立たず、高田馬場も鷺ノ宮も、営業再開の見通しだ立っていません。 私自身の仕事への影響は甚大です。 JRも東武野田線も、駅に行ってみなければ分からない状況です。 20~30%程度の運行ですから、1時間に、2~3本程度なのかなと推察しています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

輪番停電

明日、6:30~10:00。 16:50~20:30、柏市は輪番停電の予定です。 関東地方も、被災地なのだと実感します。 全面停電になるとどうなるのか…初めての経験です。 たまたま、今、町会の副会長をしています。 この、停電情報は、実は、別ルートから早期に情報を得て、電話や個別訪問で、「もしかしたら」…といいう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

総括!

年の瀬…、何故か、「総括」したくなってしまうのは、私だけでしょうか(笑)。 皆さんにとって、2010年は、どのような年だったでしょう? 年末は、「総括」番組も多いですよね。 今日も、テレビ(TBS報道特集)を見ながら、思うことがありました…。 最近の日本って、もはや、3流国なんですね…。 本当に、夢も希望も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「歩く」ということ

先日、もう一つのブログに、とても切ないコメントを頂きました。 記事は糖尿関連ですが、そのブログは、バレーボール関連のもので、記事も3年前のものです。 丁度、病院をAGEクリニックに変え、糖質管理を始めたばかりの頃の記事です。 こちらです。 「血糖値とウォーキングの関係」 http://softvolley.at.w…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

遺伝子(DNA)が主役!

先日、遺伝子(DNA)を組み替えた動物…という番組を、NHKでやっていました。 動物アレルギーを起こさない猫…!など。 遺伝子を組み替えた農作物は、今や、グローバルスタンダードになりつつあります。 日本人に必須の(私にとっても・笑)「大豆」、これも例外ではありません。 遺伝子非組み換えの大豆を使っているのは、日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あらためて思う…生きざま

先日、親戚に不幸があり、葬儀に出席するため、仙台に行ってきました。 亡くなったのは、従兄です。 享年66歳(実年齢は64歳)でした。 体がだるい。 冷房病なのか…寒い。 自覚症状は、せいぜいこれ位だったそうです。 それでも、家族に勧められ、検査入院。 14日に入院して…20日に亡くなったのです…! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

格差の時代

格差…それは避けがたいもの…でしょうか? 格差の無い世の中はないでしょう。 現在、経済格差が拡大しています。 しかし、拡大しているのは、経済的な格差ばかりではありません。 人口の高齢化に伴い、体力レベルの格差も、拡大しているのです。 このような格差についての思いは、とかく、統計的な数値として捉えてしまい、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1:1の生き方

先日、ある本を紹介しました。 久しぶりに感動すら覚えました。 是非、一読をお勧めします。 人と癌の関係だけでなく、糖尿病についても触れています。 糖質制限には、肯定的な本でもあります。 下記です。 同著では、人の活動をエネルギー代謝の面から、解糖系とミトコンドリア系の二つに分け、両者のバランスを強…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

PPK

PPK。 この言葉をご存知ですか? ピーピーケー。 ピンピンコロリの略です。 ピンピンコロリって? ピンピン元気で生きて、或る日、突然コロリと逝くことです(笑)。 誰の命も、有限のものですよね。 我々の命は、いつかは終わります。 それでも、生涯現役で、元気に暮らそう…、それが生きることを楽しむ秘訣だと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一緒に歩いてくれる人…

ナターシャさんが、私の取り組みを紹介してくださいました。 http://yogatherapy.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-09da.html トラックバックもいただいています。 まずは、お読み下さい。 タイトルの、「一緒に歩いてくれる人…」というのは、文字通り、一緒にウォ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

7月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

昨日は、定期通院の日でした。 このところ、早朝空腹時血糖は、140以下、120~130で推移しています。 また、110台の時もあり、半年ぶりに低めで推移しています。 かなりの期待を持って検査に臨みました。 先月の6.2%は、過去最低値であり、これ以下になれば、新記録となります。 結果は、【6.3%】!と、記録の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more