テーマ:パーソナル・フィットネス・トレーナー

あらためて思う…オークスベストコンディションクラブのレベル

本日は、上志津店の勤務でした。 11:00からのセッションを終え、次のセッションまで、丁度、時間がありましたので、ジムの栄養士さんのダイエットセミナーに参加してきました。 概ね、異論はありませんでしたよ(笑)。 グリセミックインデックスの話もありました。 私も、健常人の方の場合、GI値は参考にしています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は、オフミでダイエットのお話…

今日は、午後から越谷のファミレスで、ぴんくさん、せっちゃんと、私の3人で、オフサイトミーティングでした。 お二人にお会いするのは、本当にお久しぶりです…。 土曜日は、基本的にOFF日なのですが、しばらくは、上志津店で、どうしても土曜の午前中にパーソナルセッションを希望するお客さまがいますので、完全OFFは無しですね(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

・・・は、会議室じゃなく、現場で起きるんですよ(笑)

本日は、上志津店で、無料カウンセリングのイベントを行ってきました。 午後から、60分のセッションが1本あり、空いた時間で4名の方の相談に応じてきました。 売れっ子のトレーナーさんは、終日、予約で一杯になりますが、私は、これで精一杯です(笑)。 久しぶりに、10:00~18:00まで、店舗に張り付いていました。 あ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

習慣化と定番化の違い

このところ、早朝の値が順調に推移しています。 一昨日は、SMBG開始以来、初の二桁、【99】を計測しました! SMBG以前は、通院時だけの計測ですが、これでいうと…10年ぶりです! ちなみに、本日早朝は【117】でした。 1月23日以降、特異的な高値が4日ありましたが、それ以外は、ほぼ、140未満で収まっています…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

フィットネスジムは、要らない?!

私自身がフィットネスジムのパーソナルトレーナーでありながら言うのも変なのですが、最近、フィトネスジムは要らないと思っています(笑)。 スタジオプログラムや、プールに魅力を感じているのなら、それはそれで構わないのですが、一部のトレーニーを除いて、一般の方にとってのトレーニングスペースには、あまり意味がないと思います。 私のクラ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ロコモティブシンドローム

変形性膝関節症による障害を、「ロコモティブシンドローム」といいます。 今後、高齢化に伴い、潜在的には5000万人だといわれています。 人口の半分ですかぁ?! ほとんど自覚症状のない「メタボリックシンドローム」に比べると、実際に不具合に悩んでいる方も多いでしょう。 「ロコムティブシンドローム」は、運動経験がなかったり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日の水曜日

水曜日は、毎週、ハードスケジュールです。 午前中は、女房や娘を駅まで送ったり、事務的な仕事をこなしたりして、11時半には家を出ます。 東武バス⇒常磐線⇒山手線経由で、高田馬場ビックボックスのジムに着くのが13時ちょっと過ぎ。 18時まで勤務して、今度は、東西線で南砂町へ。 19時から21時までバレーの練習があり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「体幹」を鍛える

ジムで多くの中高年の方を見ていると、衰えは「体幹」から…、これを実感しています。 「老け」の実態は、実は、「体幹」の衰えだったんですね。 最近、「老けたな」と感じることはありませんか? 「老け」は、姿勢、歩く姿、ちょっとした動作に如実に表れます。 外観(特に顔)の変化は仕方ありませんが、せめて、動きは、若々しくあ…
トラックバック:1
コメント:26

続きを読むread more

左側に集中的に不具合が…

今、うさぎ年に相応しく、左目の白目(白目の左側)が真っ赤です(笑)。 結膜下出血になってしまいました。 火曜日の朝、少し赤いなと思っていたのですが、午後になって、急速に拡大してしまいました。 上志津に向かう車の中で、ミラーを見てビックリ…。 眼科に行きましたが、1~2週間で、自然にきれいになるようです。 特…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「結果」の最大責任者は貴方…、そして、私!

先日、鷺ノ宮店で、「中高年から始めるダイエット」というテーマで、セミナーを行ってきました。 実は、中高年と若者では、ダイエットの意味やコンセプトが違うんですよね。 ちなみに、参加者の中には、糖尿病の方もいらっしゃいました。 このセミナーのポイントは、クロストレーニングと、糖質管理です。 これでやっていただければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動は、転ばぬ先の杖!

身近な話を聞くにつれ、糖尿病が国民病なんだと実感します。 昨日、床屋に行きました。 その床屋の、ご主人の先輩が、糖尿病なのだそうです。 年齢は、30代後半です。 網膜症でほとんど目が見えず、足の指も神経症から感覚麻痺し、その結果、やけどをして切断したそうです。 ご本人は、明るくゴルフなど、なさっているようで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「疲労」って、何だろう?

スポーツにおける「疲労」と、日常生活での「疲労」は別ものですよね…。 今日は、日常的な「疲労」について、考えてみようと思います。 「あ~あ、疲れた・・・」と、背伸びをして、疲れを自覚はしていても、どこか、心地よさを感じることって、ありませんか? あるいは、それとは逆に、「ふぅ~、疲れた・・・」と、ため息をついて、気分だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

伝えることの難しさ!

以前、ジムのセミナーに参加して頂いていた方のお話です。 ご夫婦ともに、糖尿病です。 一旦、A1cが改善し、毎月通院から3か月に一回の通院になったのです。 ところが、直近の検査で、ご夫婦ともにA1cが上がってしまったということです。 今日、そのようなお話を伺いました。 特に、奥様は、何と1%上昇して6.9%!…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

遺伝子(DNA)が主役!

先日、遺伝子(DNA)を組み替えた動物…という番組を、NHKでやっていました。 動物アレルギーを起こさない猫…!など。 遺伝子を組み替えた農作物は、今や、グローバルスタンダードになりつつあります。 日本人に必須の(私にとっても・笑)「大豆」、これも例外ではありません。 遺伝子非組み換えの大豆を使っているのは、日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お金では買えないものを手に入れる!

このところ、年長の方との酒席がたびたびあります(笑)。 皆さん、お元気なのですが、やっぱり、体が資本…、なによりも健康が第一と思うのです。 先輩方も、皆が皆、悠々自適の生活を送っている方ばかりではありません。 昨日も、ある集まりがあったのですが、それぞれの後半の人生について、考えさせられました…。 何かをやりたい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「肉もお酒も楽しんで 糖尿病が良くなる」

主治医の著作です。 今回の著作の特徴は、治療の戦略を「AGEマキタ式血糖低下法」と銘打ったことだと思います。 従来から、牧田先生は、患者への「権限の委譲」(エンパワーメント)を治療の柱としてきました。 医師は上から目線で指導するのではなく、患者が自己血糖を測定しながら、最も自分に適した管理法にたどり着くことが、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第4回 グループセミナーのお知らせ

お待たせしました。 久しぶりに、グループセミナーを実施いたします。 今回は、2時間に集約し、より分かりやすいセミナーへと、バージョンアップしましたので、ご期待ください。 下記の要領です。 第4回 『血糖値を下げ、コントロールを良好にするための、運動療法完全ガイド』 *****一病息災、健康を目指して!*****…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久々のロングウォーク

先週水曜日は、町内会のウォーキングイベントを行いました。 これで、4回目になります。 12名の参加をいただき、最高齢は91歳!です。 19,000歩、約11kmの全行程でした。 母は、今回は膝痛で不参加でした。 コースは、我孫子の文壇史跡めぐり。 武者小路実篤、志賀直哉など、白樺派ゆかりの史跡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乳酸も、エネルギー源!

筋肉痛…体験したこと、ありますか? 階段、降りられない!…よくあることです。 これは、筋に乳酸が溜まっているからだと、以前はよく言われました。 運動をあまりやらない方でも、聞いたことがあるのではありませんか? 実は、これは、間違いなのです。 筋肉痛は、別の原因で起こっています。 今回のテーマは、筋肉痛…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

糖尿人こそ、持久力と瞬発力の両立が必要!

もしも、あなたが市民アスリートならば、競技の内容によって、異なったトレーニングを行わなければなりません。 例えば、ラグビーもトライアスロンも、過酷な競技という点では、一致しますよね。 しかし、運動に必要なエネルギーのシステムは、まるっきり違うのです。 仮に、あなたが市民アスリートでないにしても、糖尿病の持病があるのなら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大腰筋…これが大事!

2007年11月14日(世界糖尿病デー)に始まったこのブログも、まる3年になります。 この間、500以上の記事を書いてきました。 私自身、どこにどの記事があるか、分からなくなってきています(笑)。 そこで、便利な機能を紹介いたします。 テーマ別に集約することもできますが、右下にある、「サイト内検索」が便利です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り戻そう!!

失われて初めて気付くもの…誰でも実感できることだろうといだと思います。 それは、普段は当たり前と見過ごしてしまうような些細なことです。 些細なことに、どれほどの意味があるのかと気付くんですね。 実は、大それたことなど、どうでもいいのです。 些細ではあるけれど、それが無ければ成り立たないような、基本的なことこそ、大…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最高のおしゃれ!

先日、あるクライアントが、私のことを「コーチ」と呼んでくれました。 嬉しかったです(笑)。 ほとんどのクライアントが、私のことを「先生」と呼びます…。 しかし、私は、先生ではありません…。 「先生」…、確かに、ジムのスタッフは、パーソナルトレーナーである我々を「先生」と呼びます。 いきおい、クライアントも「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病と、密接な関係にある筋

先日、ぶぶさんから筋収縮の話を、もう少し詳しく教えてと、コメントを頂きました。 記事は、こちらです。 「筋収縮のメカニズム」 http://rise-up.at.webry.info/200904/article_11.html その後、セミナー等で使う図を、下記のように変更しましたので、紹介します。 筋収縮の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筋トレ翌日は、血糖値が低め!

8月の早朝空腹時血糖値の平均は、【145】と、やや高めでした。 早朝の値と、A1cの関係は、必ずしも相関しているとは言えませんが、それが自分のすい臓の実力だとすると、やはり、この値にはこだわりたくなってしまいますよね(笑)。 早朝以外の血糖値は、食事と運動で、おおよそコントロールすることが可能です。 しかし、この、早朝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「現場に役立つスポーツ医科学研究会」 第一回 バレーボール編

先週、29日(日)に、表題のセミナーに参加してきました。 やはり、「勉強」は必要ですね(笑)。 このセミナーから、沢山の気付きを頂きました。 バレー関連のことは、後程、バレーブログの方に書きたいと思いますが、ここでは、セルフ・コントロールを中心に、気付いたことを書き留めておきたいと思います。 すべての演者の講演が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あらためて思う…生きざま

先日、親戚に不幸があり、葬儀に出席するため、仙台に行ってきました。 亡くなったのは、従兄です。 享年66歳(実年齢は64歳)でした。 体がだるい。 冷房病なのか…寒い。 自覚症状は、せいぜいこれ位だったそうです。 それでも、家族に勧められ、検査入院。 14日に入院して…20日に亡くなったのです…! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大いに汗をかきましょう!

これほど熱中症が猛威をふるった年があったでしょうか…。 昔は、30度を超えたら「猛暑」だと感じたものですが、30度どころか、35度を超える日さえあるんですからね。 30度から先の1度の重みを噛みしめる毎日です(笑)。 暑さ寒さも彼岸まで…と言われる通り、当分、この猛暑が続きそうです。 汗を大量にかけば、水分ととも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

42条施設の実態

先の記事、「近いからという理由で病院を選ばないこと…」で、自来也さんとやりとりしながら、思うことがありました。 我々が本当に必要としている医療サービスが無いということです。 言い換えれば、病院は沢山あっても、世の中に価値を提供しきれていないということです。 もったいないことだと思いませんか? 医大を卒業するには、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

非効率なところを利用する…

糖質を抑えた食事をしていると、体重が減ってくる方が多いと思います。 これは、体脂肪になってしまうような、ブドウ糖の余剰がでにくいということが大きいのだと思うのですが、体重がなかなか減らない方もいらっしゃいます。 体重は、一筋縄ではいかないものですね。 この場合、出口側に工夫をしてみてはどうかと思います。 通常、入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more