テーマ:パーソナル・フィットネス・トレーナー

地域での「見守り」

久しぶりの更新になります…。 忙しいからから書けないのか…といえば、それも違います。 今、アウトプットだけの毎日なんです。 インプットが、ほとんどありません。 すべて、出し切った感じです(笑)。 この状態は、私の本意ではないんですよね。 何かを、変えなければと思っています。 まだまだ、アウトプッ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

皆、歳をとる、老化するんです!

皆さん、デイサービスや老人ホームといった、高齢者施設の事て…、実感はありませんか? 介護…といっても、身近に切羽詰まった問題が無い限り、きっと、何処吹く風ですよね。 実際、我が家でも、私がこの仕事に携わらなければ、昭和6年生まれの母もいたって元気ですから、何所吹く風なんです…。 しかし…、あと10~15年もすれば、今は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

リハビリ難民

若い方の場合、脳梗塞よりも脳出血が多いように感じます。 先日は、30歳!の脳出血既往の方が、新規ご利用になりました。 この方も、6ヶ月のリハビリ期間を終え、延長を繰り返してきましたが、自宅のバリアフリ―改装の完了を待って、「生活期」のリハビリ…即ち、自主リハビリに移行したのです。 介護にあたる奥様、あるいは、まだ幼いお…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

廃用症候群って、病気?!

気が付けば、もう、11月。 暫く、ブログを更新していませんでした…。 毎日、「現場」に全力投球し、疲れ果てての帰宅です。 たまの休日には、1週間分の買い物やら、娘の「運転」にお付き合い(笑)。 ということで、久しぶりに、取り立てて予定のない2連休です。 今日は、2週間ぶりに自分自身のトレーニングです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糖尿病から、歩けなくなる…

このところ、新規のご利用が増えています。 新規の傾向はリハビリが目的の方と、90歳以上の方の連続ショートステーのご希望とに二極化されています。 そして、最近、糖尿病の合併症である神経障害で、足が動かなくなったという方が、リハビリ目的で新規利用となりました。 初日は、デイの責任者と私と、二人でお迎えにあがったのですが、自…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

P値に注目!

相変わらずの「ためしてガッテン」…でしたね。 その内容は、いわば、「常識」でした…。 誇大広告は、景表法違反になりますよ(笑)。 睡眠時間と血糖値の関係…、これも、無いことはないのかも知れませんが、そもそも、データ取得に信頼性が全くありません。 その点、「特保食品」と同じです。 「実験」には「仮説」があり、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

脳卒中の後遺症

先週は、新たに脳卒中の後遺症リハビリご希望の利用者さんを2名受け入れました。 今週も、もうお一人、予定しています。 最近の新規利用の方の多くは、リハビリが目的です。 62歳、42歳、56歳…、皆さん、男性です。 働き盛り…ですよね…。 脳卒中の方は、女性が2名、男性が7名となります。 このうち、女性1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高齢者になって気付く、運動の必要性と楽しさ

機能訓練に、主体的に参加していただける方…、本当に増えてきました。 また、「介護予防事業」の方も、包括センターからの問い合わせや、新規の申し込みも、この1か月で驚くほど増えてきました。 もはや、一人では手が回らない状態です(汗)。 やっと、周辺から認知していただいた感じです。 そうかといって、サービスの質は落とし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深呼吸と排尿

昨日は、久しぶりに自分自身のメンテナンスデイでした。 午前中に、加圧トレーニング。 先週は、トレーニング後、ジョキングで帰宅しましたが、さすがに血糖値は【136】から【76】まで急降下しました。 昨日は、バスで行って、帰りはジョキングにしたかったのですが、天候が不安定だったため、クルマで行き、クールダウンは加圧ジムで行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NESTA パーソナルトレーナーズ サマーセッション2011

先週末は、NESTAの「パーソナルトレーナーズ サマーセッション」でした。 土曜日曜、二日間で、延べ52セッションという、日本最大のイベントでした。 私は、土曜のみ参加し、3つのセッションを受講してきました。 どれも、大変に勉強になりました。 早速、顧客にフィードバックしたいと思っています。 やはり、インプ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

みんなの家庭の医学 グルット4

今更なのですが…「グルット4」です(笑)。 その通り…、意義はありません。 こちらを読んでいただければ、万全です。 何のことはありません、「かんたん体操」を実践してください(笑)。 何故なのか? すべて、著作に書いています。 私自身、基本は「かんたん体操」です。 プラスして、加圧ベルトと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

介護予防運動指導員 110005002890 登緑完了!

今日、介護予防運動指導員の登録証が届きました。 合格です。 だからといって、何かが変わる訳ではありませんが、私自身、気を引き締めて、明日からの活動に全力を尽くしたいと思います。 今日も、午後からは「介護予防」のクライアントを受け入れました。 目標である、長時間連続歩行には、まだまだ到達できていませんが、全身全霊を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筋肉痛のメカニズム

ともつまさんから、下記の質問を頂きました。 ≪主人と先日、温泉に行った時に、とても急で長い階段を下り、また上ってという場面がありました。 私は普段から、こまめに動き、スイミングやウィーキングもしています。 体重も学生のころから変わりません。 主人は、超メタボでいつも脂質異常や体重でひっかかり、ようやくダイエットにも耳を傾…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「重心」…

久しぶりに、面白い本に出会いました。 こちらです。 「重心」というのは、実に興味深いテーマだと思います。 こちらは、一般的な書籍ではありませんが、やはり、「重心」に対する意識が深まります。 「重心」が「支持基底面」より外に移動したときに、転倒のリスクが高まります。 例えば、杖を使えば、「支持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護されたくないのなら、血清アルブミンに注意を!

毎週、火曜木曜は、「介護予防事業」が入っています。 今月は、両日ともに1名ずつ。 ということで…まさしく、「パーソナル・トレーニング」になっています。 午前は「デイ」の機能訓練、午後は介護予防と、全力投球の結果、帰宅後は、一杯やって風呂入って寝て、ハイ、朝(笑)という状態です。 いっぱいいっぱいです…。 で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

部分痩せは可能!?

とりあえず6月は、水曜日の夜間の体育館使用が許可され、バレーの練習が始まりました。 土曜日に関しては、5月中旬から、練習が始まっています。 私自身は、昨日は、震災以来、初めての練習でした。 これでやっと、運動の柱が元に戻ったということになります。 練習前のウォーミングアップでは、筋トレも意識して行うようにしていま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あたり前…って、当たり前じゃない…?!

我々が当たり前と思っている日常生活。 しかし、それは当たり前ではないんですよね。 自分の体を思い通りに動かす…、通常はこれが当たり前の日常ですが、実は、これって「当たり前」ではないんです。 もしも、脳溢血の後遺症があればどうなのでしょうか…。 思い通りにいかないんないんですよ。 私のいる「現場」…、本当に個…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

転倒した…かも知れません

お酒の失敗は数々ありますが、先週土曜日に、また一つ、歴史を刻みました(笑)。 といっても、誰かに迷惑をかけたわけではありません。 その日は、デイサービスの職場の初めての飲み会でした。 特に、気合が入り過ぎるでもなく、ごく自然体で臨んだのです。 その日は、飲み放題とコース料理の設定でした。 私が食べることがで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

時間の流れ

時間の流れって…、不思議ですね。 時間は、誰にでも共通のはずです。 一日は24時間で、それ以上でも以下でもありません。 ところが、その時間の感じ方は、実に主観的なものです。 一日はあっという間に過ぎてしまうのですが、その中で流れている時間は、ゆったりとしているという…、不思議な感覚の毎日です。 昼食を摂る暇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貯筋!

新たな「資格」取得に向けて、動き始めました。 その「資格」は、「介護予防運動指導員」というものです。 これは、事業者が介護予防事業を行うにあたり、配置する職員の資格要件の一つなのです。 勿論、デイサービスで行う機能訓練でも、この「資格」は必要なものとなります。 勤務する介護施設から、この「資格」を取得するよう、要…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

年齢差75歳!

クライアントの最年少は、20歳(フィトネスジム)。 最高齢は95歳(デイサービス)!です。 年齢差、75歳…。 すごいですね(笑)。 でも、基本は一緒。 基本は一緒といっても、同じ事をやるということではありません。 目的、そして、そこに至る目標は個別にあるものですし、そのための方法論も、個別のものです…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

パーソナル・トレーナーの新たな可能性!

デイサービスの介護予防指導員を始めて、1か月が経ちました。 改めて、運動の重要性と有用性を感じ、身が引き締まる思いです。 本来、介護予防指導員は、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、柔道整復師、鍼灸師という、介護保険が適用になる方々の仕事です。 民間の認定機関もありますが、その受験資格も上記に限定されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラットプルダウン!

介護施設で、どうしてもやりたいエクササイズがありました。 ラットプルダウンです。 このエクササイズは、どこのフィトネスジムでも、必須のものとして、専用のマシンを備えているものです。 主に、広背筋を鍛えるものです。 介護施設では、介護予防…自立という観点から、下肢に重点を置いたマシン設定になっています。 上肢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幾つになっても…運動なんです!

私の行っている介護施設には、いくつかの筋トレマシンがあります。 リカンベントスクワット、レッグエクステンション、アブダクションの3種類です。 座った状態でないと、運動できない方が多いので、座位で筋に負荷をかけることができる「マシン」は、とてもありがたいのです。 この施設の機能訓練を担当するようになって、3週間になります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィトネスクラブと介護施設…その両極端

フィトネスクラブと介護施設…、両極端です。 しかし、その一端である介護施設の実情は、決して、他人事ではないんです。 我々が、将来、どちらの利用者になるのかは、まさに、いま、この時にかかっています。 どちらが良い悪いということではなく、生活、人生の質を、自らに問いかけてください。 そして、介護施設の実情を知ることで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あまりにも大きい格差…

天と地の差! ある意味…それほどの格差です! 片や、フィトネスジムの高齢者。 一方、介護施設の高齢者。 高齢者の定義には、いろいろとあると思いますが、一応、70歳以上としておきます。 しかし、年齢では語れないのです。 介護施設では、「デイサービス」がすべて。 フィトネスクラブでは、登山にスキーに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

唯一無二のものは無い!

トレーニングに唯一無二のものはありません。 これって、人生も一緒ですよね。 人生も唯一無二のものではないと思います。 例えば、トレーニング。 これさえあれば。 これでなければ。 そんなものはありません。 すべてのトレーニングは、あらゆる可能性を肯定しながら、トライし、漸進していくものです。 常…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

諦めなくて良かった!

この混沌とした情勢の中、自分自身の生活のあり方も、見直さざるを得ないことになっています。 上志津のジムは復旧の見通しが立っていません。 また、もう一つの仕事…、カーオークション会場での車の移動等の作業も、4月いっぱいで打ち切りとなります。 しかし、「思い」は叶うものです…。 諦めなくて良かった…。 昨日、介…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

いつでも勉強!

昨日は、NESTAの認定継続の為の講習がありました。 テーマは、「肩甲骨」。 ある意味、「股関節」と並び、今、旬の「部位」でもあります(笑)。 講師は、NESTA理事の澤木一貴さん。 とても分かり易く、とても勉強になりました。 やはり、このような勉強は必要です! 現場での経験と合わせて、我々は、常に知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳酸の謎…

生駒山さんから、解糖と酸化機構に関する質問を頂きました。 乳酸…謎ですよね(笑)。 そこで、この疑問に答えたいと思います。 まず、筋収縮のエネルギー源である、アデノシン三リン酸(以下、ATP)の生成過程は、解糖系と酸化機構の二つの経路があります。 厳密には、この二つに加えて、ATP-PCr系の仕組みもあるのですが…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more