テーマ:介護予防運動指導員

歩いて歩いて

運動を継続するためには、モチベーションが大切です。 私たちのデイサービスでは、こんな取り組みをしています。 館内を1周につき、一駅、色鉛筆で塗っていただきます。 山手線や常磐線、東北本線などがあります。 原紙はスタッフの手書きですが、とてもセンスがあり、助かりますね。 終点まで行けたら、写真を1枚、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クロスマットステップ

クロスマットステップというエクササイズを考案しました。 認知症予防教室で、しばしば実施しています。 認知症は、今や、300万人といわれ、ご本人にもご家族にも、大きな負担となります。 どうすれば、認知症にならずに済むのか…、私自身にとっても、重要なテーマです。 認知予防教室では、病院等でも実施している「MM…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ストレッチのチカラ

先日、「日本ストレッチング協会」のパトナーストレッチングの講習を受けてきました。 講習の後、筆記試験と実技の認定試験があります。 昨日、無事に認定書が届きました。 ストレッチの有用性は、現場で実証済みですが、やはり、基本に立ち返り、裏付けをとることも必要です。 今回の講習は、大変に勉強になりました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

高齢者に特化したトレーニング&リハビリスタジオ

久しぶりの平日休暇です(笑)。 そして、久しぶりのブログ更新ですね(汗)。 実は、一昨年出版した、血糖値が下がる!糖尿病に効く「かんたん体操」の新書版の発刊が決まりました。 7月上旬の発売予定です。 ムック本とは、字数が違いますので、現在、書き加えの執筆で忙しく、休日は「休み」にはなりません(笑)。 きっと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

高齢期への備え/その②

前回の記事では、老化の具体的な部位について書きました。 今回は、その対策について書きたいと思います。 対策は、ズバリ、生活習慣の見直しです。 問題になる部位は、以下の三つです。 一つには、膝関節の関節包や靭帯の短縮。 二つ目は、太ももの裏側のハムストリングの短縮です。 三つ目が、体幹の筋短縮です。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高齢期への備え/その①

このところ、高齢者のお話しばかりになっていますが、現場で得たことをもとに、中年世代にフィードバックすることも大切ですね。 10年、20年、30年後には、我々も間違いなく高齢者と呼ばれる立場になります。 その時になって、こうすれば良かった、ああすれば良かったと思っても、後戻りはできません。 まずは、高齢者にどのような問題…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

認知症の自覚症状?!

このところ、花粉症で目がかゆく、おまけに瞼がただれて腫れがひどい状態です。 仕事の合間を見て、職場近くの眼科で点眼薬と瞼の塗り薬を貰ってきました。 点眼薬は、ステロイド系です。 目のかゆみは、今月に入ってからずっとなのですが、瞼の腫れにまで発展したのは、ここ数日のことです。 最悪のピーク時の朝は、血糖値が205!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発想の転換

今日の夜8時からのNHK、足こぎ式の車椅子の特集でした。 実は、利用者さんから、「すごい車椅子があるよ!足で漕ぐんだって」ということ、少し前に伺っていました。 しかし、足で漕ぐ車椅子って、想像できませんでした(汗)。 利用者さんが、何を言っているのか…分からなかったのです。 車椅子って、足が不自由だから使うのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無くて七クセ

人の脳と体の動きのメカニズムは、本当に精密です。 我々が当たり前に行っている…、例えば、ハサミを使って何かを切るという動作も、実に精密な脳の働きと、神経経路の情報流通があるんです。 片麻痺の生活期リハビリを希望する利用者さんも増えてきましたが…、発病から相当年月が経っている方も多く、どこまで回復できるのか…と、考えることもし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仕事も職場も…出会い

やっと、念願の機能訓練スタッフに入社いただきました! トレーナーの資格を持った、20代男性のMさんです。 かねてから、あるSNSで、この職種でのトレーナーの可能性を呼び掛けていましたが、活発なレスポンスはありませんでした。 やはり、若い人と介護の現場はミスマッチなのかなと、諦めていたのです。 ところが、1本のダイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フィールド

毎日毎日、このフィールドで高齢者の生活動作改善と、健康作りに取り組んでいます。 奥のフロアを片づけましたので、介護予防教室の時も、余裕を持って取り組むことができるようになりました。 デイサービスの利用者さんも増えましたが、介護予防教室の参加者も定員になり、フロアは手狭になってきています。 先日も、デイ、予防とも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジレンマ

ある方が介護認定調査依頼を、取り消しました。 今、調査を受けると、間違いなく介護認定度が低くなってしまうからです。 大腿骨頚部を骨折し、リハビリセンターを退院してから、あちらこちらのデイサービスを転々としましたが、まともなリハビリが受けられずに、ほぼ、車椅子の生活になってしまいましたが、私どもの施設にみえてから、めきめきと改…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PSRT…って?

先日、「ためしてガッテン」で、変形性股関節症を取り上げていました。 股関節は、歩行動作に深く関わっているだけでなく、膝や腰とも連動する関節ですから、ここの障害は深刻です。 私どものデイの利用者さんの場合、それほど多くはない疾患ですが、やはり、腰や膝の痛みも、併せて訴えています。 膝の変形や腰の変形も、今後は出てくるよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

副交感神経とミトコンドリア系エネルギー生成

6日連続勤務が続いていましたが、今日は、久々の土曜休日です。 やりたいことや、読みたい本はたくさんあるのですが、帰宅後は、一杯飲んで寝るだけの毎日です(笑)。 前回の記事にも書きましたが、座位でのパートナーストレッチ+徒手抵抗負荷運動と、棒(実は、塩ビのパイプです…)を用いたストレッチは、驚くほどの効果をあげています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

衰えはハムストリングから…

日々、高齢者の体に触れて、とりわけ、ハムストリング(腿の裏側)の衰え、萎縮を顕著に感じます。 施設には、レッグカールのマシンがありませんので、座位から、徒手抵抗で引いてもらうのですが、ほとんどの方が、片手で動きを阻止できてしまいます。 力を入れることすらできない方もいます。 さらに、筋持久力も落ちていますので、3回目以…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

二つの新しい機器

昨年末に、二つの新しい機器を導入しました。 一つは、血糖測定器。 こちらです。 アクチェック・パフォーマー・ナノ 友人のみうパパさんが運営するサイトから入手しました。 http://esmbg.cart.fc2.com/?ca=16 デザインは、大変気に入っています。 血液量も、プレジション…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

地域での「見守り」

久しぶりの更新になります…。 忙しいからから書けないのか…といえば、それも違います。 今、アウトプットだけの毎日なんです。 インプットが、ほとんどありません。 すべて、出し切った感じです(笑)。 この状態は、私の本意ではないんですよね。 何かを、変えなければと思っています。 まだまだ、アウトプッ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

皆、歳をとる、老化するんです!

皆さん、デイサービスや老人ホームといった、高齢者施設の事て…、実感はありませんか? 介護…といっても、身近に切羽詰まった問題が無い限り、きっと、何処吹く風ですよね。 実際、我が家でも、私がこの仕事に携わらなければ、昭和6年生まれの母もいたって元気ですから、何所吹く風なんです…。 しかし…、あと10~15年もすれば、今は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

データを読み解く力

週に1回…月4回のブログ更新…これも危うくなってきました(汗)。 今日は、松戸市保健センターで介護予防事業の交流会があり、代表(社長)と出席してきました。 午前中のデイの現場は、アシスタントに任せて…。 会合では、発言は極力控えてきました(笑)。 現実に、「時間」が無いんですよね。 言えば、やらなければいけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リハビリ難民

若い方の場合、脳梗塞よりも脳出血が多いように感じます。 先日は、30歳!の脳出血既往の方が、新規ご利用になりました。 この方も、6ヶ月のリハビリ期間を終え、延長を繰り返してきましたが、自宅のバリアフリ―改装の完了を待って、「生活期」のリハビリ…即ち、自主リハビリに移行したのです。 介護にあたる奥様、あるいは、まだ幼いお…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

廃用症候群って、病気?!

気が付けば、もう、11月。 暫く、ブログを更新していませんでした…。 毎日、「現場」に全力投球し、疲れ果てての帰宅です。 たまの休日には、1週間分の買い物やら、娘の「運転」にお付き合い(笑)。 ということで、久しぶりに、取り立てて予定のない2連休です。 今日は、2週間ぶりに自分自身のトレーニングです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糖尿病から、歩けなくなる…

このところ、新規のご利用が増えています。 新規の傾向はリハビリが目的の方と、90歳以上の方の連続ショートステーのご希望とに二極化されています。 そして、最近、糖尿病の合併症である神経障害で、足が動かなくなったという方が、リハビリ目的で新規利用となりました。 初日は、デイの責任者と私と、二人でお迎えにあがったのですが、自…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

脳卒中の後遺症

先週は、新たに脳卒中の後遺症リハビリご希望の利用者さんを2名受け入れました。 今週も、もうお一人、予定しています。 最近の新規利用の方の多くは、リハビリが目的です。 62歳、42歳、56歳…、皆さん、男性です。 働き盛り…ですよね…。 脳卒中の方は、女性が2名、男性が7名となります。 このうち、女性1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

順番を順守して、「健康長寿」

ある男性利用者さんは、64歳。 そして、ある女性利用者さんは95歳。 64歳の利用者さんは、95歳の利用者さんに「私の母と同い年なんですよね。私など、ひよっこですな…」。 デイサービスでは、2世代が当たり前なんです。 それでは皆さん…、仮にあなたが30代、40代、50代だとして、将来的に、あなた自身が、あなたの親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者になって気付く、運動の必要性と楽しさ

機能訓練に、主体的に参加していただける方…、本当に増えてきました。 また、「介護予防事業」の方も、包括センターからの問い合わせや、新規の申し込みも、この1か月で驚くほど増えてきました。 もはや、一人では手が回らない状態です(汗)。 やっと、周辺から認知していただいた感じです。 そうかといって、サービスの質は落とし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深呼吸と排尿

昨日は、久しぶりに自分自身のメンテナンスデイでした。 午前中に、加圧トレーニング。 先週は、トレーニング後、ジョキングで帰宅しましたが、さすがに血糖値は【136】から【76】まで急降下しました。 昨日は、バスで行って、帰りはジョキングにしたかったのですが、天候が不安定だったため、クルマで行き、クールダウンは加圧ジムで行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NESTA パーソナルトレーナーズ サマーセッション2011

先週末は、NESTAの「パーソナルトレーナーズ サマーセッション」でした。 土曜日曜、二日間で、延べ52セッションという、日本最大のイベントでした。 私は、土曜のみ参加し、3つのセッションを受講してきました。 どれも、大変に勉強になりました。 早速、顧客にフィードバックしたいと思っています。 やはり、インプ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「生きる」って、何なんだろう?

「生きる」って何なんだろうと思います。 そもそも、糖尿病を管理するって、健康を管理するということですよね。 ところが、生きる=健康…ではない現実があります。 デイでの高齢者を見るにつけ、思いを新たにします。 94歳の男性。 糖尿病です。 A1cは不明。 以前はインスリン処方でしたが、ご本人はもと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最初の一歩のモチベーション

今日は、一段落した17:00過ぎに、サービス提供責任者を中心に、主に、機能訓練の成果についてのミーティングがありました。 目覚ましい成果のあった方と、停滞している方がいます。 また、今まで、全く運動に関心が無かったにも係らず、自ら運動を希望し、成果を上げている方もいます。 考えされられること、多いですね。 まず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護予防運動指導員 110005002890 登緑完了!

今日、介護予防運動指導員の登録証が届きました。 合格です。 だからといって、何かが変わる訳ではありませんが、私自身、気を引き締めて、明日からの活動に全力を尽くしたいと思います。 今日も、午後からは「介護予防」のクライアントを受け入れました。 目標である、長時間連続歩行には、まだまだ到達できていませんが、全身全霊を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more