暑さに慣れる…

毎日、暑い日が続きます。 暑さに慣れるまでが大変です。 熱中症には、十分に注意する必要がありますね。 熱中症は、温度もさることながら、湿度との関わりが大きいのです。 高温多湿の環境が、最もハイリスクとなります。 暑さに慣れることを、「暑熱順化」といいますが、運動が欠かせない我々には、切実な問題ですよね。 暑い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

PPK

PPK。 この言葉をご存知ですか? ピーピーケー。 ピンピンコロリの略です。 ピンピンコロリって? ピンピン元気で生きて、或る日、突然コロリと逝くことです(笑)。 誰の命も、有限のものですよね。 我々の命は、いつかは終わります。 それでも、生涯現役で、元気に暮らそう…、それが生きることを楽しむ秘訣だと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

食べる自由

食べられないって、切ないですね…。 それとは逆に、食べても食べても、満足できなというのも、辛いものです。 昨日のテレビ番組、サイエンス・スペシャルは、「食べる」ことを、あらためて考えさせてくれました。 数日前の読売新聞、医療ルネサンスには、Ⅰ型糖尿病を宣告され、1600kcalの摂取制限を受けた女性が、食事制限のストレ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一緒に歩いてくれる人…

ナターシャさんが、私の取り組みを紹介してくださいました。 http://yogatherapy.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-09da.html トラックバックもいただいています。 まずは、お読み下さい。 タイトルの、「一緒に歩いてくれる人…」というのは、文字通り、一緒にウォ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

朝の血糖値が低いのには、訳がある…

私の早朝空腹時血糖の目標は、【140未満】なのですが、これを、12日間連続でクリアしています。 空腹時血糖は、自分でコントロールすることができませんので、この記録は、正直うれしいです(笑)。 この間の最低値は、【114】と【111】なのですが、両日ともに、金曜日です。 なぜ金曜日なのか…? これには、訳があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の選択

糖尿病には、一日一万歩。 よく言われることですよね。 確かに、ウォーキングは手軽な運動で、老若男女にとって無難な運動には違いありません。 一万歩歩くには、1時間15分ほどの時間が必要になります。 仮に、週に2回、1時間チョッとの運動時間しか取れないとして、その時間に一万歩のウォーキングをしたからといって、糖尿病が…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

7月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

昨日は、定期通院の日でした。 このところ、早朝空腹時血糖は、140以下、120~130で推移しています。 また、110台の時もあり、半年ぶりに低めで推移しています。 かなりの期待を持って検査に臨みました。 先月の6.2%は、過去最低値であり、これ以下になれば、新記録となります。 結果は、【6.3%】!と、記録の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ダイエットアスリート

昨日は、バレーボールの練習でした。 いつものように、体育館に向う途中、運転しながらセブンイレブンの玉子サンドを食べていきました。 この玉子サンドは、糖質17gと、比較的、低糖質になっています。 また、タンパク質も摂れますので、練習前の定番です。 練習開始1時間前に食べるのですが、練習直前の血糖値は、【195】…と、ギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストフードから考える、日本…

今日の読売新聞に、「低所得者ほど肥満…」という特集記事がありました。 当然、流れとしては、肥満⇒生活習慣病⇒短命となるわけです。 また、所得が低ければ、治療にお金を使えないという点が、問題を加速させます。 一方で、国は「医療ツーリズム」を推進して、外国の高所得者層を囲い込み、あらたなビジネスの構築をサポートするとの記事…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自己管理のメンタルタフネス…①

メンタルタフネスという発想は、競技スポーツで勝ち抜いていくためのものと思われがちですが、実は、自己管理(セルフ・コントロール)にこそ、活かしていきたいものなのです。 私はバレーボールを通じて、選手として、監督として、競技と、このメンタルタフネスの関係について研究してきました。 その中で、メンタルタフネスが必要となる状況が、日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有酸素運動は、心拍数で管理

モンチさんから、下記のような質問を頂戴しました。 ≪教えて下され! 今下記のような運動をしています。 休憩を入れながら、ちっときつい運動が効果的な様な気がしています。 如何でしょう。 基本運動=ステッパー5分/5分休/スクワット5分/5分休/ステッパー5分/5分休/スクワット5分/5分休/バーベル(3㎏)5分=合計…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サッカー、岡田ジャパンの栄養補給に思う

岡田ジャパン…、頑張ってますね! 是非、予選リーグを突破して欲しいと思います! ところで、選手の栄養補給って、どうなっているのでしょうか…。 食材を持ち込んで、和食中心のメニューのようですが、昨日はテレビで、本日の読売新聞には関連の記載がありました。 次の試合は、25日早朝(日本時間)ですので、今頃、選手達は、炭水化物中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

理想のダイエット

先日、あるテレビ番組で、「5日間、コンビニのサラダだけを食べ続けて、どれ位減量できるか…」という、全くナンセンスな番組をやっていました。 結果的に、被験者の93㎏の男性ディレクターは、88㎏まで減量を果たし、喜んでいましたが、皆さんは、どう思いますか? ことダイエットに関しては、これと似たような話が横行しています。 「…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

失敗は成功の母!?

今週は、立て続けに糖質の事前摂取に失敗しています(笑)。 バレーの時は、練習開始1時間前に、糖質20gを目途に「玉子サンド」を食べます。 この場合、練習開始前が通常【180以下】、帰宅後が【120】から【130】といったところです。 16日(水)も、いつも通り、運転しながら「玉子サンド」を食べました。 練習直前計…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バレー復帰へ…!

バランス感覚を取り戻すことを主眼とたトレーニング。 eitomanさんから、問いかけがありました。 コメント欄では字数制限がありますので、本文に書きます。 質問内容は、下記になっています。 ≪最近になり、近所の体育館にあるトレーニングルームに通っています。 今回の発症で小脳をやられているため、身体に多少の「ふらつき…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

第6回 ワークショップ報告

昨日は、第6回ワークショップでした。 MAMORUさんと、痛風おやじさんに参加いただきました。 まず、コアマッスルを意識していただく為に、仰向けに寝た状態で、幾つかのメニューをこなしていただきました。 前回のワークショップでは、一定の姿勢を維持するというものでしたが、今回は、手足を一定時間、動かす運動です。 運動…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

運動後に血糖値が上がっても…心配無し!

久しぶりに、加圧トレーニング後の血糖値が、トレーニング前よりも上がりました…。 昨日、自らのトレーニング日です。 上志津店から、ラクーンに直行しました。 途中、コンビニの駐車場で、血糖値を測定。 【134】と、トレーニング前としては、やや低めです。 糖質の事前摂取しようかどうか、迷いましたが、とりあえずMUSASH…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食事だけでなく、運動も忘れずに!

昨日の「みんなの家庭の医学」、ついに、炭水化物が血糖値を上げる原因だと断じましたね。 詰めは甘かったと思いますが、NHKに比べれば、一定の評価はできると思います。 「食べすぎ」といわず、「炭水化物の食べすぎ」といえば、さらに評価できました。 また、食事の「から揚げ」は、いかにもハイカロリー、糖尿病の元凶と印象付けるものでし…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

食の洋風化とはなんだ?

読売新聞、医療ルネサンス/糖尿病と生きるは、5回の連載予定が、3回で打ち切りとなってしまいましたね。 この連載に限らず、そもそも、ある思い込み…、ある固定観念が糖尿病に関する誤解を拡大し、多くのコントロール不良患者を作り出してしまっているのではないかと思います。 それは、「食の洋風化」です。 「食の洋風化」といえば、乳…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

6月の定期通院/ヘモグロビンA1c推移

昨日は、6月の定期通院でした。 いつもは夕方の予約なのですが、昨日は午後から予定があり、昼の時間帯でした。 担当は、Ⅰ先生。 今月のA1cは、【6.2%】と、なんと、過去、最低値! この半年は、早朝の値は乱高下していました。 根拠が分からないまま、180台、170台もあったのです。 ところが、5月の早朝空腹時…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

フィットネスジム活用法/スタジオ・プログラム&プール編

前回は、フィットネスジムのトレーニングスペースの活用法についてでしたが、実は、ジム会員でも、トレーニングスペースとは無縁の方も、多くいらっしゃいます。 スタジオプログラムには、ヨガやエアロビックダンス、太極拳、ステップ運動など、さまざまなプログラムが組まれています。 この、スタジオプログラムが目的で入会している方も、珍しくあ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

フィットネスジム活用法…、トレーニングスペース編

フィットネスジムの会員の方も多いと思います。 糖尿病管理に限らず、ジムに入会することは、ある意味、運動を動機付ける第一歩ですから、大歓迎です。 ところが、多くの会員の方が、折角のジムのインフラを活かせず、時間を無駄にしているように思います。 それは、何故でしょうか? 銭湯代わりに入会している方もいらっしゃいますの…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

第6回 ワークショップのお知らせ

糖尿病管理のための運動には、中長期的な目標を持って取り組むことがきわめて重要です。 その運動とは、筋トレです。 食後のウォーキング等の有酸素運動と、週に1~3回の筋トレを習慣化することによって、驚くほど、血糖値を安定的にコントロールしていくことが可能になります。 有酸素運動と筋トレ、この二つの運動戦略、これを、クロス・…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

生きることは、食べること…

「朝は、おにぎり1個と豆乳、昼は仕事が忙しくて、カロリーメイト1箱…。これって、400kcalなんだよね。結構、満足できる。夜は、場合によっては、バナナ1本」 60歳前半の男性、ジムでの実際の話しです。 皆さん、どう感じますか? さらに、「怖くて食べられない…」と、仰っています。 これが、いたずらにカロリーを制限…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

またまた…脂質?!

相変わらず、脂質悪玉論がばっこしているようです(笑)。 試してガッテン…。 モンチさんから、お題をいただきました。 エビデンスが間違っているのではなく、ある方向に誘導する番組作りに危うさを感じます。 番組のサブタイトルです。 「AMPキナーゼを運動で活性化させ、血糖値や中性脂肪を下げる/ためしてガッテン(NHK…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一人でも多くの方が、運動を始めるきっかけに…

糖質を摂らなければ、必要以上に血糖値を上げることはありません。 では、糖質制限さえしていれば、それでいいのでしょうか? 私は、その考えには、同意できません。 糖尿病管理は、食事と運動がセットであり、不可分、不可欠なものだと考えているからです。 短期的には、糖質を制限、あるいは管理すれば、血糖値は安定し、A1cも改…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

初期消火の重要性

現在、インスリン分泌には、3つのスイッチがあることが分かっています。 ①小腸からのGLP-1によるインクレチン効果 ②消化による神経系のスイッチ ③血糖値の上昇、この三つです。 糖尿病があると、このうちGLP-1が不活性になることが分かっています。 GLP-1は、インスリンの初動発動を促すものだといえるのでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋と糖尿病の関係

血液中のブドウ糖濃度、これが血糖値です。 このブドウ糖が筋や肝臓に取り込まれることで、血糖値が下がります。 まずは、肝臓に取り込まれるのですが、仮に、筋に蓄えられているグリコーゲン(ブドウ糖は、このグリコーゲンに変換されて、蓄えられています)が枯渇した場合、肝臓よりも筋への貯蔵が優先されるんですよ。 筋へのブドウ糖貯蔵…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エネルギー代謝から、糖尿病を考える

一昨日は、上志津店でセミナーを行いました。 今回、参加いただいたかたがたは、皆さん、固定観念を配して、前向きに捉えていただけたと思います。 いつも、皆さんが仰るのは、「病院では、こんな話をしてくれなかった」ということです。 診察という範囲では、時間がないのかも知れませんが、糖尿病に関する医学的な事実と、体の基本的なメカニズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

インクレチン効果の低下が、糖尿病の主因?!

先日も紹介しましたが、下記の著作、インクレチン製剤を服用している方は、是非、一読をお勧めします。 なるほどと納得できるところや、大変に勉強にもなります。 しかし、それでもなお、違和感…があり、それは違うだろうと思うことがらもあるのです。 先の記事では、それを「病気」と「体質」という切り口で考えてみましたが、もう少し、掘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more