セルフコントロールラリー/2014

時の流れが、激流のごとく早く感じられる今日この頃です(笑)

毎日、毎日、高齢者のリハビリとコンディショニングに、ひたすら取り組んで、もうすぐ3年になります。

東日本大震災がきっかけでした。

その間、一日に6~8名の個別機能訓練を行ってきましたので、週に30~40回、一か月に延べ120~160回。
一年で1400~2000回の機能訓練を行ってきました。

3年の累計では、5000回を超えていると思います…。

担当した方も、この3年で200人に近くなりました。

個別機能訓練のメソッドも、「コンビネーション・ストレッチ」(ダイナミックストレッチ⇒徒手抵抗負荷⇒スタティックストレッチ)をメインにした、下肢、上肢・体幹、手指、また、体幹を中心にしたアイソメトリックなもの、ラバーマットや、ラダーを活用した機能的な歩行トレーニングと、数々のメニューをスタッフとともに開発し、メソッドとしてきました。

今年は、このメソッドを、実証しながら、さらなる普及を目指していきます。

このブログは、糖尿病の運動療法や、糖尿病と付き合っていくためのセルフコントロールから、シニアのフィットネスに関するブログへと、モデルチェンジしようと思います。

長い間、「セルフコントロールラリー」を読んでいただき、ありがとうございました。

次回から、「シニアフィットネス研究所」とタイトルを替え、新装開店(笑)しようと思います。

どうか…宜しくお願い申し上げます!

"セルフコントロールラリー/2014" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント