今年もまた…腸健康法で

今年もまた、「腸」から始めます(笑)。



腸はぜったい冷やすな!
松生恒夫著 光文社新書

著作にもあるように、以前は、胃がんが多かったのですが、今は、大腸がんの方が増えています。

その原因についての考察も書かれていますので、是非、ご一読を。

腸が、我々にとって、とても大切な器官であるという記述は、他の著作と変わりありません。

しかし、この本では、より具体的に、摂るべき食品に触れています。

ちなみに、腸の適正温度は、37.2度です。

これを、わきの下などで計測すると、36.5度くらいになります。

体温が、35度台の方の場合、腸温度も低く、腸の働きが鈍っている状態です。

体温が1度下がると、免疫が30%下がるともいわれています。

我々の「運動教室」に参加されている、70代の女性で、当初、35度台だった体温が、6か月後の教室卒業時には、36度台に戻った方がいます。

便通が良くなり、体調の自覚も良くなったそうです。

その方にも、ご案内したものがあります。

とりわけ、腸温度を上げ、体温の上昇を期待できるスペシャルドリンクです。

用意していただくのは、ココアパウダー(無糖)、オリゴ糖(液状のもの)、エキストラ・バージン・オリーブオイルです。

ココアを、300mlほどのお湯で溶いてください。

よく掻き回して、それに、ティースプーン3~5杯のオリゴ糖を加えます。

最後に、EXBオリーブオイルを、ティ―スプーン2~3杯、加えます。

オリーブオイルは、表層に浮いて溶けませんが、スプーンで掻き回しながら、ゆっくりと、このドリンクを飲んでください。

オリーブオイルの香りが際立って、とても美味しいドリンクですよ(笑)。

私も、朝は、コーヒーではなく、このスペシャルドリンクを飲んでいます。

体が、温まるとともに、便通も絶好調です(もともと、便秘はありませんが…)。

さらに、食物繊維についての記載もあります。

著者は、炭水化物を減らすと、食物繊維が減ってしまうと考えているようですが、野菜の摂取が十分であれば、その心配はないと思います。

また、動物性食物繊維(ヨーグルト)だけでなく、むしろ、日本の伝統食品に含まれる、植物性食物繊維(納豆や味噌、醤油)の摂取を呼び掛けていますが、これも、問題があります。

日本伝統の植物性食物繊維を多く含む食品は、同時に、塩分が含まれていることが多いですよね。

納豆も、お醤油や添付のだし無しで食べられますか?

また、キムチや糠漬けのお新香にも、相当の塩分が含まれています。

この点は、注意が必要だと思います。

今年もまた、まずは、腸健康法から始めてみませんか!

さらに、腸の健康のためには、運動もプラスしていきましょうね!

今年も、お互いに、頑張りましょう!







"今年もまた…腸健康法で" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント