やっぱり…腸!だった

久しぶりに、面白い本に出会いました。



脳はバカ 腸はかしこい
藤田紘一郎著

タイトルにひかれました(笑)。

人は誰でも、「幸せ」になりたいと思っていますよね。

「幸せ」を感じるのは、セロトニンやドーパミンなどの脳内ホルモンの分泌があるからです。

セロトニンは、歓喜や快楽を伝え、ドーパミンは、気持ちを奮い立てたりやる気を起こす働きがあります。

だから、ポイントは、すっかり脳だとばかり考えていました。

ところが、セロトニンやドーパミンの前駆体をつくるのは、実は、腸だったというお話しです。

正確には、腸内細菌叢です。

セロトニンは、トリプトファンという必須アミノ酸から、ドーパミンは、フェニルアラニンという、こちらも、必須アミノ酸から作られます。

必須アミノ酸ですから、体内で合成することはできません。

食品から、摂る必要があります。

しかし、いくら材料があっても、腸内細菌がバランスよく増えていないと、合成できないのです。

作られた前駆体は、血液脳関門から、神経細胞によって、脳に運ばれます。

ブータンという国が、世界で最も「幸福度」の高い国だと言われています。

これは、きっと、価値観の問題なんだと思っていましたが…そうではないかも知れませんね…。

世界で一番、国民の腸内環境が良いのかも知れません(笑)。

価値観を変えていくのは簡単ではありませんが、腸内細菌叢を整える食生活なら、何とかなるのではありませんか。

この著作のなかで、一点だけ、間違った記述がありました。

運動に関することですが、血液中のブドウ糖は、エネルギー源にはなりません。

運動すると血糖値が下がるのは、運動によって血液中のブドウ糖がエネルギー源として消費されるからではなく、筋肉に取り込まれるからです。

ドクターは、運動が苦手なようです…(笑)。

著者は、自身も糖尿病で、糖質制限の食事をしています。

糖質と健康に関する記述も多く、きっと、参考になると思いますよ。

最後に、著者が実践する27項目の「腸がよろこぶ生活習慣」が書かれています。

すべてに共感できますが…とりわけ…26と27は、私もそうありたいと思います!

この著作には続きがあります。

50歳からは炭水化物をやめなさい 病まない・ボケない・老いない腸健康法
藤田紘一郎

こちらは、次回、ご紹介します。

皆さん、腸を鍛えましょう!!



"やっぱり…腸!だった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント