仕事も職場も…出会い

やっと、念願の機能訓練スタッフに入社いただきました!

トレーナーの資格を持った、20代男性のMさんです。

かねてから、あるSNSで、この職種でのトレーナーの可能性を呼び掛けていましたが、活発なレスポンスはありませんでした。

やはり、若い人と介護の現場はミスマッチなのかなと、諦めていたのです。

ところが、1本のダイレクトメールから職場見学が実現し、前向きに、やってみたいという返答をいただき、それが実現したのです。

まだまだこれからですが、センスもあり、利用者さんとのコミュニケーションも上々です。

オリジナルストレッチのPSRTも、すぐに覚えて頂きましたので、2名の介護職員(うち1名は、研修中です)に加えて、4名がPSRTを行うことができるようになりました。

拒否される方を除いて、全員がPSRTを受けることが可能となり、これでリハビリ効果をさらに高めることが可能になったのです。

PSRTを、もう少し詳しく説明したいと思います。

PSRTは、ダイナミックストレッチと、レジスタンストレーニング、スタティックストレッチを組み合わせたもので、パートナーストレッチ&レジスタンストレーニングの頭文字略です。

ダイナミックストレッチでは、膝関節、足関節、股関節を可動域一杯までスローで動かしていきます。

この際、出来るだけ被験者自身に動かしていただく(随意運動)のですが、パートナーがシンクロすることで、安全かつ正しい方向に稼働域を広げていくことができます。

勿論、随意的に運動できない方もいますが、その際は、力を抜いてもらい、パートナーがリードします。

これであっても、関節と筋は適切にウォーミングアップされます。

続いて、徒手抵抗で、いくつかの動作を行っていただき筋出力を導きます。

この筋出力は、筋肥大を目的にしたものではありませんが、虚弱な方には、これだけで筋肥大効果もあるようです。

実際、「足が太くなってきた」と仰る方もいます。

事実、触って大腿四頭筋やハムストリングが確認できるくらいにしっかりとしてきました。

この方は、マシントレーニングなどの本格的な下肢筋トレは行っていません。

脇を支えて、半介助での歩行がやっとだった方ですが、今では、スタスタと歩いています。

自力歩行も、相乗的に筋への負荷をもたらし、好循環が生じたのでしょうね。

筋出力は、パートナーの判断で、いくつかのバリエーションから選択をしてもらっています。

歩行訓練を行う方は、ダイナミックストレッチを終えた時点で行い、その後に筋出力をおこないます。

この筋出力は、その後のスタティックストレッチの効果を高めるために行っています。

マシントレーニングを行う方は、その後にPSRTを行いますが、その際も、最低2種類の筋出力は行います。

最後に、足裏から下肢、臀部、腰までも含めて、丹念にストレッチしていきます。

勿論、すべて座位です。

このポジションでの大腿四頭筋のストレッチには「悩み」ました(笑)が、圧迫法で乗りきっています。

これがまた、気持ちいいんです…。

PSRT終了直後は、筋が緩んで歩き難い場合もありますので、パートナーは、必ず、見守りで席までご案内することにしています。

車椅子の方の場合、その方の状況によって椅子に移乗してもらう場合と、そのまま行う事もあります。

椅子への移乗も、ある意味、ADL訓練ですので、移乗可能な方はそうしていただいています。

4名の利用者さんがPSRTを受け、何名かがマシンや階段昇降に取り組み、1名がマッサージを受けている構図は、圧巻です(笑)。

関心のある方は、是非、見学にお出でください。

歓迎しますよ(笑)。

4月から、介護保険が改訂されます。

私どもの施設では、OT、PTを必要とする個別機能訓練加算は取らない方針ですが、私と、もう一人のトレーナーであるMさんとともに、より効果的な生活期のリハビリを実現できるように頑張っていきたいと思います。

仕事や職場に巡り合う…、これもまた出会いなんですよね。

引き続き、スタッフは募集中です。

PSRTを覚えたい方、資格は問いません。

あるいは、介護職希望の方も、募集中です。

チームワークのできる、良い職場ですよ。

まだまだ…出会いの予感です!





"仕事も職場も…出会い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント