皆、歳をとる、老化するんです!

皆さん、デイサービスや老人ホームといった、高齢者施設の事て…、実感はありませんか?

介護…といっても、身近に切羽詰まった問題が無い限り、きっと、何処吹く風ですよね。

実際、我が家でも、私がこの仕事に携わらなければ、昭和6年生まれの母もいたって元気ですから、何所吹く風なんです…。

しかし…、あと10~15年もすれば、今は介護する立場の団塊の世代が、今度は一転、介護される立場になるでしょう。

介護保険の事や年金のことなど、考えたくもありませんが、これが現実です。

その時、一体、どうなるのか…。

そこからが、本当の「大変」です。

ドジョウさんは、どうするんでしょうね???

毎日毎日、思いが巡り…、何をどうしていいのか分かりません(笑)。

それでも、リハビリに思を馳せる利用者さんの為に、日々、全力投球しています。

ある意味、デイサービスって、中途半端な存在だと思います。

健康センターのような…、娯楽施設なような…、リハビリステーションのような…。

大声を上げる認知症の方がいます。

昼食後、直ぐに、大声をあげます。

すると、ある方が、「みんながまったりしてる時に、デカい声出すんじゃねよ!」と怒鳴るんです。

どっちも、どっちでしょう…。

皆、介護認定受けてるんです。

まったりするも何も、介護保険は娯楽保険ではありません。

ここは、健康センターじゃないいですよね。

認知症も片麻痺も、ある面、年齢差60年!が混在するのが、介護の現場です。

最年少が40歳(介護保険の最年少対象)、最年長は98歳です!

さらに、私どもは身体障害の適用施設ですので、最年少はさらに下で30歳。

68歳差…。

気が遠くなりますよね。

それでも、目線、思いは一つです。

人として…、どう生きていくのか。

そうなんですよ。

「生きていく」ことなんです!

リハビリ難民の狭間に、我々は、あくまでも「生活期(維持期)」のリハビリを担当しています。

だからこそ、ADLの改善を最重点に考えているのです。

とても遣り甲斐がある仕事。

一方、社内でのポジションから、経営者との板挟みにもなっています。

そして、利用者の多様な…ニーズ。

それはそうですよね。

年齢差を考えれば。

誰だって、自分が大事。

あまりにも広範囲なデイサービスの役割に、戸惑っています(笑)。











"皆、歳をとる、老化するんです!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント