みんなの家庭の医学 グルット4

今更なのですが…「グルット4」です(笑)。

その通り…、意義はありません。

こちらを読んでいただければ、万全です。



何のことはありません、「かんたん体操」を実践してください(笑)。

何故なのか?

すべて、著作に書いています。

私自身、基本は「かんたん体操」です。

プラスして、加圧ベルトとダンベル等の負荷があるだけです。

筋トレと有酸素運動の組み合わせ…、即ち、クロストレーニングこそ、決めてなんですよね。

ピンクレディーのmieさんは、ステージそのものがエクササイズですよね!

改めて、ジムに通う必要もないでしょう。

加えて、早歩きも素晴らしい!

mieさんの食事にもヒントがありましたね。

タンパク質中心の食事です。

筋の再合成にタンパク質は欠かせませんからね。

「グルット4」だなんて、今さら言うまでもないことですが、糖尿病と運動との関係をメインに情報提供がなされたことは、素直に喜びたいと思います。

ちなみに、「グルット4」は、ややきつい運動で最大化されると考えています。

プラス、筋の収縮時間です。

運動し続けるのあれば、極端な話し、どれだけ糖質を摂っても、大丈夫ですよ。

しかも、インスリン分泌無しで。

食後に筑波山に登るのなら、牛丼だってラーメンだって、何でも食べられます(笑)。

mieさんのように、やや歩幅を広げた早歩き(息が少し上がる程度の運動)を継続することで、血糖値がみるみる下がると思います。

一方、筋トレでは、一時的には血糖値が上がってしまう場合もあります。

それは、ホルモンとの関係なのです。

ホルモンバランスこそ、血糖変動のkeyなんですよね。

血糖値は、一筋縄ではいきません。

それでも尚、運動は必要です!

筋トレは、短期的に考えるのではなく、糖貯蔵庫の拡大という中長期的な戦略だと理解してください。

ボディーメイク!です!




"みんなの家庭の医学 グルット4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント