食の欧米化…ではない、多様化!

今日は、午後から市の委託事業である、介護予防の受講者の方のトレーニングでした。

制度の利用率が下がっているのは、残念なことですが、まずは、参加していただいた方に、全力投球したいと思います。

少し、風邪気味のようでしたので、運動を控えめにし、栄養指導と転倒予防、さらに、失禁予防についてのレクチャーを長めに行いました。

栄養の話では、本当に、愕然とするようなお話を伺いました。

「高齢者は、腹八分ではなく、腹六分が良い」という話しです。

これを、信じてしまっているんですよね。

皆さん、どう思いますか?

どなたか、腹六分であれば、健康長寿が全うできるというエビデンスをご存じの方がいれば、教えてください。

一方、低栄養が問題であり、油脂類や動物性タンパク質の摂取が頻回な高齢者の方が、生存率が高いことは、10年間の地域高齢者の追跡調査で明らかになっています。

腹六分の問題点は、多くの場合、炭水化物に偏ることです。

大正時代の、平均的な農家(多くの日本人が、平均的な農家でした)の一日の食事は、コメ4合、味噌汁6杯、たくあんの食事の繰り返しでした。

摂取カロリーは、2,100kcalを超えています。

栄養費は、炭水化物が90%となります。

それで、平均寿命は40代です。

平均寿命の延びは、実に昭和40年代まで、顕著ではありません。

40年代から50年代にかけ、急激な伸びがあり、今では、女性の平均寿命は、ダントツ世界一です。

この年代に今の日本の食生活が定着し、いち早く、新しい食生活を取り入れた結果が、今の高齢化を支えているのんです。

それでは、新しい食生活とは、何なんでしょうか…?

よく言われることに、食の欧米化が、現在における、糖尿病や生活習慣病を招いたという話があります。

しかし、実際には、食の欧米化が、現在の高齢社会を実現したといえるんですね。

正確に言うと、食の欧米化ではなく、「多様化」です。

ハンバーグあり、カレーあり、中華料理あり、寿司ありの、そんな、多様性です。

90年代のWHOが、世界で最も優れているのが日本食であると発表しましたが、これは、日本食の「多様性」を評価したもので、伝統的なごはん食である「日本食」を評価したものでなかったのです。

ところが、曲解が曲解を生み、今では、「日本食」が優れているというように誤解されています。

大切なことは、「多様性」なんですよね!

世界でも、日常的にこれほど多様な食事をしている国はないでしょう。

炭水化物中心の食事は、どうしても、偏ってしまいます。

幸い、我々は、低炭水化物を前提とするため、おかずをメインに食べています。

これが、「多様化」に繋がっていると思います。

こちらの書籍が参考になりますよ。



この著者は、今回の介護予防運動指導員講習の、教科書、「低栄養予防特論」の著者でもあり、本と教科書は、ほぼ同じ内容です。

エビデンスについても、詳しく書かれていますので、「ホントかいな?」と思われる方は、ご確認ください。

壮年期までは、疾病の予防や管理がメインですが、高齢期からは、老化の防止がメインとなります。

そこには、大きなパラダイムの転換が必要です。

そのあたりは、次回に…。

"食の欧米化…ではない、多様化!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント