部分痩せは可能!?

とりあえず6月は、水曜日の夜間の体育館使用が許可され、バレーの練習が始まりました。

土曜日に関しては、5月中旬から、練習が始まっています。

私自身は、昨日は、震災以来、初めての練習でした。

これでやっと、運動の柱が元に戻ったということになります。

練習前のウォーミングアップでは、筋トレも意識して行うようにしています。

昨日は、ノーインタバルで「クランチ15回」「リバースクランチ15回」「クロスオーバークランチ左右各15回」、最後に、「オプリークランチ」…、これは5回しかできませんでした(笑)。

クランチは、腹筋運動なのですが、回数ではなく、継続時間で行おうと考えています。

その後、バレーボールという、有酸素性の運動と無酸素性の運動ミックスを継続することで、腹筋を引き締めようという≪作戦≫です。

実は、部分痩せはできないというのが通例だったのですが、最近の研究で、その可能性が見えてきたんです。

引き締めと言えば、お腹…。

この場合、腹筋運動の継続時間がテーマです。

様々な腹筋運動を組み合わせて、15回1セットに、ほとんどインタバル無しで15分!~30分!!!繰り返し続けます。

その後、「ややきつい」有酸素運動を行うことで、レジスタンス運動で使った筋の周辺、即ち、腹回りの体脂肪(又は内臓脂肪)が優先的に使われるということです。

しかし、腹筋運動を時間という尺度でやるのは、「過酷」ですね(笑)。

5分も継続できませんよ…。

この方法は、職場の鍼灸マッサージ師さんにも伝授しました。

今日、その報告があり、「いやぁ~、マシンなんていりませんねぇ!効きまくってます」ということでした。

「2分ももたないですよ」

例えば、「腕立て伏せ」も、一気に何十回もやるのではなく、15回を15秒のインタバルで繰り返すんです。

そうすると、2~3セットでは、15回ではなく、7~8回でいっぱいいっぱいとなるはずです。

この鍼灸マッサージ師さんも、3セット目で7回でギブアップしたそうです。

何セット目に、この状態になるかは個人差がありますので、過酷な方法ではありますが、間違いなく、80%1RM強度まで追い込むことができます。

何も、重いウェイトと挙げなくても、低負荷、短インタバルで、80%1RMという、筋肥大に最適な運動強度を得ることができます。

ただし、「条件」があり、正しいフォームと一定のスピードコントロールで行うことが前提となります。

腹筋を30分継続するなんて…(笑)。

その時は、間違いなく、「シックスパック」ですよね。。。

"部分痩せは可能!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント