フィトネスクラブと介護施設…その両極端

フィトネスクラブと介護施設…、両極端です。

しかし、その一端である介護施設の実情は、決して、他人事ではないんです。

我々が、将来、どちらの利用者になるのかは、まさに、いま、この時にかかっています。

どちらが良い悪いということではなく、生活、人生の質を、自らに問いかけてください。

そして、介護施設の実情を知ることで、一人でも多くの方が、「今」から、運動に取り組んでいただければと思います。

ある意味、介護施設の利用者の方の方が、切実です。

しかし、杖を着いて歩いているような方であっても、しっかりと、レジスタンストレーニングをやっていただいています。

あそこが痛い、どこが痛いは誰にでもあります。

しかし、それを言っていては、いつまでたっても、何もできません。

問題は、「やり方」なんですね。

今日も、「○○さん、機能訓練やってるんですか?」と、看護師さんからお尋ねがありました。

「やってますよ!すべてのプログラムをこなしています。今は、膝痛の訴えもありません」と、お答えしました。

「すごいですね!」

私が担当してから、極力、皆さんに頑張っていただいています。

好循環を作り出したいからです。

その方に合わせて、無理の無いようにすれば、筋に負荷を掛けることは可能です。

そのためには、想像力と創造力が必要です。

教科書に書いてあるようなプログラムだけだは、対応できないんですよね。

関節と、筋の動き・・・、運動機能に則ったラインで、運動を作っていくことが必要です。

そうすることで、機能改善が果たせるのです。

翻って、フィトネスジムに通う方の場合、膝痛や腰痛の改善の余地は、大きいのです。

運動のキャパの違いは、介護施設の利用者さんに比べれば、段違いです。

それだけ、構成メニューの幅が広いということです。

本当に、たまたまなのですが、「両極端」の機会に恵まれた私は、ラッキーだと思います。

まさに、「実践」することで、経験を積むことができます。

間違いないこと…、それは、何も運動しなければ体は衰えるということです。

反面、運動を積み重ねていけば、好循環が作れるということも紛れもない事実です。

どちらを選択するかは…あなた次第ということです。

その「解」は明白ですが…もう一度、考えてみてください。









"フィトネスクラブと介護施設…その両極端" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント