第二回ワークショップ報告

昨日は、第二回のワークショップでした。

今回は、時間的にもスペース的にも、ゆったりとトレーニングに取り組んでいだこうと、第一部と第二部に分け、定員も4名として実施しましたが、一部が男性2名、二部が女性1名と、名実ともにゆったりとトレーニングしていただけたと思います。

まずは、参加者の声です。

第一部に参加してくださった男性のKさんは、ワークショップに参加する前に、「果たして毎日続けられる内容なのか?」という不安を持っていたそうです。

ワークショップを終えて、その不安は解消されました。

筋肉痛のある間は、トレーニングを休むこと。
トレーニングは、全身を一辺にやろうとせず、上半身の日、下半身の日と、分けて行っても構わないということが、その不安解消に役立ったということです。

筋トレは、毎日行わなくても、週2から3回で十分です。

休養…、これを忘れてはいけないんですよね。

もう一方、MAMORUさんは、「図解や写真入りのトレーニング資料が欲しい」という要望でした。

これについては、ワークショップ参加者には写真付で、運動名、方法やフォームを解説した添付ファイルを送信して、ご自宅での自主トレをサポートしたいと思います。

第二部に参加くださった、かぁこさんは、強度とフォームの確認が目的でしたが、自宅でのトレーニング後に膝に若干の痛みがあるという事でした。

そこで、下半身のトレーニングでは、膝への負担の少ない種目を紹介しました。

「フロント・ランジ」という大腿四頭筋を主動筋とする運動があるのですが、同じ動作を後ろ側で行う「バック・ランジ」の方が膝への負担が少なくなります。

また、スクワットも、ワイドスタンスで足先を外側に向けて行うと、膝への負担が少なくなります。

いずれも、実際に行って、確認していただきました。

また、バランスや集中力も重要なトレーニングの要素であるということも、実感していただけたようです。

今回、期せずして、第二部は1対1のパーソナルトレーニングになりました。

かぁこさんが、私のパーソナルセッションの記念すべき最初のお一人です(笑)。

私自身、貴重な勉強をさせていただきました。

時間の配分。
運動記録の書き込みのタイミング。
フォームチェック。
声がけ。

改善を重ね、セッションの精度を上げていきたいと思います。

次回のワークショップから、定員を2名とし、時間を1時間半に凝縮して行おうと思います。

そうなれば、午後から、三部に分けて行うことができます。

第一部に参加した方の懇親会参加が気になりますが(笑)…、柏は時間をつぶすのに退屈する街ではありません。

柏の駅前散策も楽しんでいただき、懇親会にも参加していただければと思います。

今回も、勿論、懇親会を行いました。

懇親会には、私のPT契約の祝杯を共にするため、naonaoさんがわざわざ駆けつけてくださいました。
ブログを借りて、お礼がしたいと思います。

ありがとうございました!

いつもの焼き鳥屋で、皆さんと楽しく談笑し、私自身も、大いにモチベーションを上げることができました。

次回の日程が決まり次第、お知らせします。

皆さんの参加を、お待ちしています。






"第二回ワークショップ報告" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント