ただ今、風邪気味…

水曜の夜から、喉が痛くなり、それから鼻水、くしゃみ、咳…とステップアップしてしまいました。
病院も、年内はそろそろ終了ですので、それ程ひどくはないのですが、病院に行ってきました。

市販の風邪薬は、気休めにしかなりません。

風邪かな?と思ったたら、やっぱり病院に行った方がいいと思います。

さて、どこの病院にしようかな?

以前、糖尿でかかっていた市立病院には行きたくないし…。

そこで、新しくできた循環器のクリニックにいってきました。
診療科目は、内科・循環器となっていますので問題なしです。

初診という事で、問診表を書きました。

「糖尿病」…。
薬…「ビタノイリンカプセル」…。

飛び込みでしたので、40分以上待たされましたが、それでも市立病院よりも、ずっとましです。

医師 「糖尿病ですかぁ…。薬飲んでないんですね。A1cはどれ位?」

sho 「6.2~6.6くらいでコントロールしています」

医師 「う~ん、微妙ですねぇ…。薬使えば、もっと下げられると思いますが…」

とりあえず、糖尿の話はそこまででしたが、やはり、医者は薬を出したがるようですね。

確かに、薬の力でA1cをもう少し下げられるかも知れませんが、薬は諸刃の剣だと思っています。

低血糖は、ゴメンです。

どうせ待たされるだろうと、持ちこんだ本が下記です。



著者は、整形外科医なのですが、自身が糖尿病になり、糖質制限から糖質ゼロへ、そして自己流の低糖質食にたどり着くまでの軌跡を、日記風に綴っています。

有名な釜池氏や、渡邊昌氏、江部氏の名前も出てきます。

お陰で、糖質制限の歴史をみることができました。

また、著作では、現状の糖尿病治療のあり方にも、警鐘を鳴らしています。

丁度、「とかく、医者は薬ありきだ」という下りを読んでいただけに、「薬を飲めば、もう少し下げられます…」という医師の言葉に、思わず苦笑いしてしまいました。

診断の結果は、喉の炎症から来ている風邪ということでした。
インフルエンザの検査をしましょうとか、予防注射をしましたか?という質問はありませんでした。

今日担当の医師は、ちなみに院長ではありません。
若い医師でした…。

やはり、物足りないですね。

薬を処方してもらい、となりの調剤薬局へ。

ここも初めてですので、例によって問診表。

薬剤師 「糖尿病のお薬は飲んでないんですか?」

sho 「ハイ!運動と食事だけでコントロールしています」

薬剤師 「そ~ですか。じゃ、軽いんですね」

sho 「もう10年以上の病歴です」

薬剤師 「そ~なんですか!スゴイですね」

何もすごくないんですねけどね…。

ここでも、話はそこまでにしました。

上記の著作によれば、A1cの目標は自ら決めよ!とあります。
その目標次第で、糖質をどれだけシビアにカットするのか、あるいは運動をどうするのかを、自らの意思をもって決めるのだそうです。

まさに、「自己管理型療法」の真髄ですね。

ちなみに、著者も飲酒派でした(笑)…。





"ただ今、風邪気味…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント