健康第一じゃ…ダメですか?!

健康ナビゲーターを自認する私としては、見逃せないタイトルの本がありました。

こちらです。

画像


「健康第一」は間違っている
名郷直樹著
筑摩選書

果たして、健康を第一に考えることは、間違いなのでしょうか…。

現在、日本人の平均寿命は世界一です。

しかし、健康寿命、すなわち、さしたる病気がなく、自立した生活を送ることができる平均年齢と、平均寿命との間には、男女ともに、10年以上の差があります。

なにがしかの介護や介助を必要としながら、10年以上、生きていかなければならないというのが現実なのです。

ピンピンコロリ(PPK)は、誰しもが考える理想の「老い」ですが、現実には、そう簡単ではないということです。

この本は、特に、ドクター向けに書かれているようです。

ドクターが考える「健康」とは、「無病息災」。

我々が考える「健康」は、「一病息災」です。

病気になる。

ドクターは、それを治すのが使命。

確かに、そうかもしれませんが、そこに著者は警鐘を鳴らしています。

「死なないための医療」から、「死ぬからこそある医療」への転換です。

どうやっても治すと思うから、延命治療や、高齢者の手術なども行われています。

しかし、誰でも、行きつく先は同じ。

だとすれば、著者のいう「死ぬからこそある医療」は、超高齢化した日本にジャストフィットしているように思います。

データも豊富に掲載されており、エビデンスに基づいた記述は、信頼を持てます。

だたし、「一病息災」という概念は譲れません(笑)。

超高齢化社会だからこそ、「一病息災」(あるいは、「複病息災」)が重要なのです。

糖尿病だからこそ実現できた「健康」は、確かにあります!

健康とは、なにも病気がない、または、それが完治した状態をいうのではなく、病気があっても、充分にセルフコントロールできていて、食事・運動・生活習慣の好循環(フィットネス活動)がある状態をいうのだと、私は考えています。

病気が無くても、不健康な循環を持つ人は、早晩、「健康」は破たんするでしょう。

たとえ持病があっても、好循環をつくることで、健康寿命を延ばしていくことが可能です。

考えさせられる著作です。

ご一読を。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック