高齢期への備え/その①

このところ、高齢者のお話しばかりになっていますが、現場で得たことをもとに、中年世代にフィードバックすることも大切ですね。

10年、20年、30年後には、我々も間違いなく高齢者と呼ばれる立場になります。

その時になって、こうすれば良かった、ああすれば良かったと思っても、後戻りはできません。

まずは、高齢者にどのような問題の訴えがあるかです。

ほとんど、例外なく、手足のしびれや痛みを訴えています。

そして、これらの症状の多くは、「年齢だから仕方がない」と「診断」され、我慢を強いられているのです。

そうならない為には、どうするか…ですよね。

我々のサービスを受けられる方は、介護認定を受けていますから、何か不具合があるのは当然といえば当然なのですが、介護認定を受けず、いたって元気な81歳の私の母には、同様の訴えはありません。

どこが違うのかと考えてみました。

大きな違いは、背骨の変形の有無です。

頸椎や腰椎を含めた背骨の変形が進めば、手足の神経にあたることが多くなり、それが、痛みや痺れの原因となります。

母は、やや猫背にはなっていますが、外観上、大きな変形はありません。

ところが、痛みを訴える方は、外観上も認められるほど、背骨が変形しています。

腰が屈んでしまい、さらに、左右もねじ曲がっている方もいます。

直接的には、圧迫骨折であったり、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどがありますが、可動部分の問題点と併合して、さらに、深刻な状況になっていることもあるんです。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアだからといって、背骨が変形するとは限りません。

実は、背骨の変形は、変形するに至る要素の長年の積み重ねの結果といえます。

背骨は「体幹」部分を支えていますから、重力の影響をまともに受けます。

正常でない背骨のポジションは、やがて変形を生じる訳です。

手足の痺れを訴える方に、背骨以外の共通の外観上の特徴があります。

直立した状態で、膝が曲がっているんです。

膝関節の屈曲拘縮です。

膝の曲がりこそ、背骨の変形の主因といえます。

皆さん、膝をやや曲げた状態で直立してみてください。

この状態で、上半身を真っ直ぐに(頭のてっぺんを真上に吊り上げる感じで)してみてください。

きっと、腰や上半身に負担を感じる(キツイ)と思います。

なんとも、不自然な姿勢ですよね。

そこで、膝を曲げたまま、楽な姿勢をとって見てください。

すうすると、自然に骨盤が後傾し、猫背になり、頭が前に突き出したような姿勢になると思います。

そのままの状態で椅子に座ると、これが、「安楽座位」と呼ばれるものです。

そうそう…、我々も、パソコンの前で、見事にこの姿勢ですね(笑)。

この姿勢を続けると…、そうです、いずれ、背骨が変形します!

では、この、膝の曲がりはどのような原因でもたらされるのでしょうか。

三つあります。

一つには、膝関節の関節包や靭帯の短縮。

二つ目は、太ももの裏側のハムストリングの短縮です。

三つ目が、体幹の筋短縮です。

短縮、即ち、老化です。

それでは、三つの原因を踏まえて、その「老化」を、どのように食い止めたらいいのでしょうか…

≪続く≫









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

生駒山
2012年04月16日 09:46
お元気ですか。奈良は桜が満開から散り始めました。勤務先は新入社員の研修中です。新しい人が入ってくると組織は活性化しますねえ。会社の楽しいところは、いろんな世代の人と仕事
ができることです。定年退社すると、家の中にいるとそれがないですからね。無理をしてでも外に出て行かなくては、老けてきます。その勇気が大事なんですがね。私もそろそろそんな時期に来ております。幸いなことに4月から娘が帰ってきて新しい空気に触れております。是も活性化ですか。
sho
2012年04月16日 21:44
生駒山さん、こんばんは。

私の方も、息子が帰ってきててんてこ舞いしています(笑)。

職場も、20歳の青年が活躍してますよ。

定年退職が、転機かも知れませんね…。

決して、閉じ込まらないでください。

地域デビューですかね(笑)。

蝶々
2012年04月17日 20:09
shoさんお久しぶりです(^^)ブログは毎日チェックしているのですが、仕事、自己学習、私生活、トレーニング(笑)に加えて、デイケア開設でてんてこ舞い(^o^;
なかなかコメできない状況です(汗)
それでも充実した人生を送れていると感動の毎日です♪
ではまた改めて!!私自信もセルフコントロールラリー(マッチョ(笑)で楽しんで頑張りますo(^∇^o)(o^∇^)o
sho
2012年04月17日 22:15
蝶々さん、こんばんは。

久しぶりです(笑)。

私の方も、更新が滞っていますね…。

同じく、充実した人生を、多忙の中に見出しています。

今日、整形外科医(スポーツ整形)目指す医学生が、見学にみえました。

その方にも話しましたが、整形外科の最終的な価値を決めるのは、理学療法士のレベルだと思っています。

勿論、手術や診断にはプロとしての医師のスキルが必要ですが、その後、長く付き合うのはPTですよね。

病院の評価は、PT込みなんですよね。

私も、ドクターには納得できても、PTに納得できなくて、自身の五十肩を自分で何とかしました(笑)。

蝶々さんのようなPTにお世話になりたかったですよ…。

私のホソマッチョは…、もう少し努力が必要のようですが、お互いに、頑張りましょう!

ps:私の著作ですが、多分、7月に新書版が発刊になる予定です。こちらも、宜しく!

この記事へのトラックバック