衰えはハムストリングから…

日々、高齢者の体に触れて、とりわけ、ハムストリング(腿の裏側)の衰え、萎縮を顕著に感じます。

施設には、レッグカールのマシンがありませんので、座位から、徒手抵抗で引いてもらうのですが、ほとんどの方が、片手で動きを阻止できてしまいます。

力を入れることすらできない方もいます。

さらに、筋持久力も落ちていますので、3回目以降、引く力が半減してしまう場合も、多く、あります。

ハムストリングが萎縮すると、立って膝をピンと伸ばすことができなくなります。

皆さんも、実験してみてください。

膝を少し曲げた状態で、上半身を真っ直ぐに伸ばし、胸を張ることができますか?

出来なくはないでしょうが、楽ではないはずです。

この場合、背を丸めた方が、楽に立っていられるでしょう。

そうです…、これは悪循環ですよね。

背を丸めた姿勢は、とりわけ「伸筋群」が衰えた場合の、安楽姿勢なんです。

この状態で、長い間座っていることによって、今度は、背骨の変形が進行します。

これが、高齢者の膝が曲がり、腰をかがめて背を丸めた姿勢の正体です。

変形した脊柱を治すことはできませんが、股関節、膝関節、足関節の可動域を自力でいっぱいに動かすことが可能な筋力を取り戻すことによって、歩行の改善や転倒の予防に繋がると考えています。

現在、座位でできるパートナーストレッチとセットにした下肢筋トレをマニュアル化し、アシスタントの介護職員にもやってもらっています。

スタティック(静的)な筋ストレッチと、下肢関節の可動域をいっぱいいっぱい動かす関節のダイナミックストレッチを組み合わせ、その後に行う3~5種の徒手抵抗による筋トレをメニュー化しました。

ハムストリングがターゲットの徒手抵抗によるレッグカールは必須ですが、マシントレを行った方は、ストレッチがメインとなります。

立位が取れない方は、これがメインとなります。

意志疎通ができる方は、すべて対象となります。

また、マシントレーニングに移行する前段階の方にも適用しています。

このストレッチの後は、脚がよく動くようになりますので、ストレッチ後にマシントレを行っていただく場合もあります。

先日も、デイ3回目の方に、そろそろ、リハビリの運動を始めましょうと誘導し、実施しました。

この方は、歩行の際に脇を支える必要があります。

時間にすると、15分~20分程のメニューなのですが、実施後は、膝が上がり、顕著に歩幅が大きくなります。

ご本人も、驚いていました。

多くの方で、その効果を実証することができました。

普段、自力ではありえない動きを、パートナーが加えることで、関節や関節周りの筋が刺激を受け、神経ニューロンが活性化するんですね。

では、高齢者予備軍の我々はどうしたいいのでしょうか…。

まずは、チェックです。

立った状態でハムストリング(腿の裏側)に力を入れてみてください。

そこが固くならなかったら…、すでに萎縮が始まっています…。

その時に、一緒に大殿筋(お尻)や中臀筋(お尻側面と太腿の付け根辺り)も固くなるか、確かめてみましょう。

多くの場合、臀部からハムストリングという流れで萎縮しているはずです。

後程、いくつかのエクササイズをご紹介しようと思います。

レクの担当とも、「一日中、リハビリ三昧のデイにしよう」と話し合っています。

リハビリは、週に1~3回、一回20分~30分では、効果は限定的です。

出来れば、毎日最低60分!

週に2~3回デイサービスをご利用なのであれば、一日に手を変え品を変え(作業訓練も含めて)、休み休み、飽きさせないように…正味120分~180分、やっていきたいと考えています。

片麻痺の方にやっていただいている「棒体操」も、レクでも取り入れていきます。

また、座位でのエアロビックステップ運動、研修を兼ねた座位ストレッチと、企画中です。

ストレッチは、マッサージに引けを取らないくらい、好評です。

ストレッチについても、後程、詳しく書きたいと思います。

どうやら、職員全体が、機能訓練に意識を向け始めています(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

生駒山
2012年01月10日 10:44
8日の日曜日は、相国寺で坐禅をしてきました。窓を開け放っての坐禅は爽快です。不思議なんですが、坐禅中は寒くないのです。坐禅の後の講話の時間になるととたんに寒さが身にしみてきます。皆さん、同じ事をおっしゃる。これは坐禅中の腹式呼吸と姿勢にあるのかもしれません。禅の高僧で背中が曲がっている方におめにかかることはまずありません。日頃からの姿勢にあるのでしょうか。とにかく、坐禅中は背中をぴんと張れて言われますからね。歩くときも同じ事を言われます。日頃の行いの集積が高齢者になって現れてくるのかもしれないと思います。これは、脳についても同じです。人間、一生勉強だ。講師の上田閑照先生のお言葉です。
sho
2012年01月11日 06:33
生駒山さん、おはようございます。

座禅中は、「体幹」のトレーニングをしているんですね!

間違いなく…日ごろの行いの集積が高齢期になって現れるのだと思います。

高齢期を健康で過ごしたければ、今が大切です。

糖尿病の管理をしながら、日々、脳も体も、活性化していきましょう!
生駒山
2012年01月24日 11:36
なかなかHPの更新もままならないようですねえ。東京は雪のようで、大寒ですねえ。奈良も大変に寒いです。しっかし、寒風を毎日歩いております。歩かないとおられない。ウォーキング依存症になってしまいました。スーパーの半額セールを購入するのもなにやらやみつきになっております。いやはや。
sho
2012年01月24日 22:42
生駒山さん、こんばんは。

「ままなりません」…(笑)。

今日は、会社まで3時間、送迎に3時間…。

帰りの送迎と帰宅とで、ほぼ、車の運転に終始しました。

職員とは、「まぁ、こんな日もあるでしょう」と…(笑)。

ところで、運動が「依存症」になるくらい昇華すれば、鬼に金棒です。

そうそう、半額といえば…、私は、スポーツショップの「半額」ですね。

これもまた、楽しみの一つですよね!

この記事へのトラックバック