みんなの家庭の医学 グルット4

今更なのですが…「グルット4」です(笑)。

その通り…、意義はありません。

こちらを読んでいただければ、万全です。



何のことはありません、「かんたん体操」を実践してください(笑)。

何故なのか?

すべて、著作に書いています。

私自身、基本は「かんたん体操」です。

プラスして、加圧ベルトとダンベル等の負荷があるだけです。

筋トレと有酸素運動の組み合わせ…、即ち、クロストレーニングこそ、決めてなんですよね。

ピンクレディーのmieさんは、ステージそのものがエクササイズですよね!

改めて、ジムに通う必要もないでしょう。

加えて、早歩きも素晴らしい!

mieさんの食事にもヒントがありましたね。

タンパク質中心の食事です。

筋の再合成にタンパク質は欠かせませんからね。

「グルット4」だなんて、今さら言うまでもないことですが、糖尿病と運動との関係をメインに情報提供がなされたことは、素直に喜びたいと思います。

ちなみに、「グルット4」は、ややきつい運動で最大化されると考えています。

プラス、筋の収縮時間です。

運動し続けるのあれば、極端な話し、どれだけ糖質を摂っても、大丈夫ですよ。

しかも、インスリン分泌無しで。

食後に筑波山に登るのなら、牛丼だってラーメンだって、何でも食べられます(笑)。

mieさんのように、やや歩幅を広げた早歩き(息が少し上がる程度の運動)を継続することで、血糖値がみるみる下がると思います。

一方、筋トレでは、一時的には血糖値が上がってしまう場合もあります。

それは、ホルモンとの関係なのです。

ホルモンバランスこそ、血糖変動のkeyなんですよね。

血糖値は、一筋縄ではいきません。

それでも尚、運動は必要です!

筋トレは、短期的に考えるのではなく、糖貯蔵庫の拡大という中長期的な戦略だと理解してください。

ボディーメイク!です!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ごぶさたです^^
2011年08月17日 21:58
お元気ですか?
今年の暑さはなかなか厳しいですね。

台所仕事をしながらだったので
ちゃんとは見てなかったんですが
こちとら何年も前にshoさんに
教えて貰ってるわいっ!という
感想です~

この番組を見た人が実践して
くれたら言う事ないですね^^

私は実践出来てませんが((爆))
やらなきゃとは思うんですが><


↑ naonaoです><
2011年08月17日 22:00
またやっちゃったー><
sho
2011年08月18日 06:34
naonaoさん、おはようございます。

「セミナー」を思い出しますね(笑)。

あらためて筋トレしなければならないほど、現代の生活は運動を伴わないということです。

文明の発達とは、そういうものなんでしょう。

頑張って、「実践」してくださいね(笑)!
生駒山
2011年08月22日 16:29
嫁さんが、知人が糖尿になったと打ち明けられ、糖質制限と運動を進めたら。あらま。その知人はみるみる血糖値が下がり、投薬をしなくて済んでいるようです。感謝されたとのこと。
なんせ、旦那が見本だもんね。自分も糖質制限をして運動をすれば、太鼓腹がへこむと思うのですが、恐ろしくて申せません。夜に歩いていて思うのは、太鼓腹のおばはんのウォーキング姿。運動されのは結構なんですが、その前にすることがあると思うのですがねえ。
sho
2011年08月22日 21:26
生駒山さん、こんばんは。

女性のスリム化は男性のそれより、難解なんです(笑)。

それでも、後期高齢者まで淘汰されることなく生存できた場合、女性の方が、やっぱり強い。

平均寿命が、女性と男性で10歳以上違うのが分かります。

運動するのは、女性ばかり…(笑)。

勿論、片麻痺の男性の方は、総じて熱心ですが、それ以外で、継続的に運動に取り組む方は少ないですね。

健康管理は、中年期の今から!です。

この記事へのトラックバック