転倒した…かも知れません

お酒の失敗は数々ありますが、先週土曜日に、また一つ、歴史を刻みました(笑)。

といっても、誰かに迷惑をかけたわけではありません。

その日は、デイサービスの職場の初めての飲み会でした。

特に、気合が入り過ぎるでもなく、ごく自然体で臨んだのです。

その日は、飲み放題とコース料理の設定でした。

私が食べることができたのは、刺身3切れ、サラダ小皿②、もつ鍋小鉢①…これだけ。

後は、炭水化物のラッシュでしたので、これしか食べられませんでした。

対して、飲み放題の方は、芋焼酎をロックで、バンバンいってました(笑)。

2次会に行ったようなのですが、記憶無し(笑)。

最も、その日の記憶が無かったのは、私一人ではなく、数名いましたので、少しホット…。

今日は、まず、支払を確認しました、それは問題なかったようです。

問題は、私のこめかみと肘にある傷…。

擦過傷です。

左側頭部にコブもあり、膝も痛いので、多分、転んだのだと思います。

覚えてません(笑)。

全く、バカなオヤジです。

おまけに、武蔵野線、逆方向の最終電車に乗り、定番のタクシー帰宅です!

今日、確認すると、皆さん、それぞれ最終電車だったようですが、そのあたりの記憶がありません。

全く、懲りないオヤジです。

それでも、今日、上司のマネージャーからは、「そんなに酔ってない感じでしたよ」…と…。

昨日は、二日酔い以上に具合が悪く、ほぼ、一日中寝ていました。

やはり、転倒の影響だったかも知れません。

反省しきりです。

でも、同じ間違えは繰り返しませんので?!、次回の職場の飲み会は大丈夫です?!。

お酒を飲まない方には分からないかも知れませんが、明らかに、飲みニュケーション効果は表れています。

一人一人のパフォーマンスは限られていますが、それが、チームプレーとして発揮されるとき、足し算ではなく掛け算になるのだと思います。

役割分担とチームワーク。

これが基本ですね!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

蝶々
2011年05月16日 21:28
shoさんこんばんわ(^-^)
おおう!記憶無し+転倒大丈夫ですか!?
気を付けてくださいね(;^_^A
私もスタッフと飲みに行きますが、以前は糖質を気にして焼酎ロック→でも飲み過ぎちゃう(笑)。
だったので、最近は糖質込みの日本酒を最初に飲むことで、『糖質高いから飲み過ぎたらあかんぞ自分!』的に、歯止めをかけるように企んでいます(笑)
まあ、あれですね。
『飲んでも呑まれるな』
でも、
『楽しく♪』
かな゚+。(*′∇`)。+゚
sho
2011年05月17日 06:25
蝶々さん、おはようございます。

お恥ずかしい限りです。

「呑まれて」はいけませんよね。

やはり、食べながら飲むのが基本です。

職場では、「来月は、暑気払いしよう」と…、大いに盛り上がってます…(笑)。
グッチ
2011年05月17日 09:12
ハハハ(^v^)
先日はありがとうございました
大ケガにならなくて良かったですね
グッチは若い頃の方が記憶無くしてました(^^;)
翌日仕事に行こうと思ったら乗って帰ってきたのが不思議なくらい自転車が壊れてたり
似ている他人の自転車が止まっていたり(汗)
最近は,自己防衛が働きすぎるのか・・・全く記憶を無くすことはなくなりました
でも楽しく飲んでますよ!この前みたいにネ
あの日の翌日(深夜だから当日か!)は,8時半には元気に野球やってました!元気モリモリグッチです。
また,飲みましょうね!
sho
2011年05月17日 20:06
グッチさん、こんばんは。

あの日、私も、翌日は普通に活動していました…。

Mさんは、大丈夫だったかなぁ…?!

やっぱり、あの日のように、食べながら飲まなきゃだめですよ。

お酒の失敗は数々ありますが、基本は「楽しく飲むこと」です。

是非、また、お付き合いを!
生駒山
2011年05月18日 13:37
本当の酒飲みは糖尿病になりません。飲むだけで食べませんから。宮本さんはどっちつかずかもしれませんね。私は、飲みません。食べます。だから糖尿病になりました。論理的だなあ。飲まないと言っても、ビール1本ぐらいは飲みます。この頃は、焼酎の水割りを頂いておりますが。お酒はコミュニケーションを図るには最適ですねえ。
sho
2011年05月18日 20:55
生駒山さん、こんばんは。

どっちつかずですか…(笑)。

私…、基本的には食べる派です。

しかし、当日は、食べたくても食べられるものがありませんでした。

さらに、個人的に発注できる状況でもありませんでした。

仕方なく、「飲んでいる」うちに、「食べる」気を失ってしなった訳です(言い訳!笑)。

食べない派であっても、日本酒やビールなど、糖質を含むお酒を好んで飲む場合、糖尿病のリスクはあると思います。

肝臓とアルコールの関係は、一律ではありません。

アルコールが糖質を許容してくれる場合もありますが、私は、ほとんど関係ありません。

お酒が入っていても、摂取した糖質はきちんと反映されてしまいます。

個人差がありますよね。

お酒と糖質…というよりも、お酒とセルフコントロールという点で、反省しています。

この記事へのトラックバック