あまりにも大きい格差…

天と地の差!

ある意味…それほどの格差です!

片や、フィトネスジムの高齢者。

一方、介護施設の高齢者。

高齢者の定義には、いろいろとあると思いますが、一応、70歳以上としておきます。

しかし、年齢では語れないのです。

介護施設では、「デイサービス」がすべて。

フィトネスクラブでは、登山にスキーにテニスが趣味です。

ほとんど、同じ年代の方が、それどに、生活の質の格差を抱えているのです。

介護施設では、どこかに不具合があっても、ドクターからは「歳のせい」にされ、機能訓練士からは「まぁこんなもんでしょう」とされてしまう。

今日、80歳と77歳の方に、「幾つになっても、筋は努力を裏切りませんよ。頑張れば、必ず、筋は鍛えられます!」と、言いました。

その時の、お二方の目の輝きが忘れられません。

「本当に、頑張れば、できるんですか…」

出来ます!

そのうちのお一人は、私の母と同年代です。

体力レベルは、それこそ、私の母と天と地の違いです。

玄関は2階以上のところにあり、階段の昇降が必要です。

やや、認知的に曖昧ななところがあり、体力もないところから、階段の昇降を含めた生活の質の維持が心配です。

一昨日、昨日と、二日連続で見守らせていただきましたが、あの時の目の輝きが忘れられません。

私は、裏の方で隠れるようにして、10分程で昼食をすませるのですが、今日は、この方が、隣に座り、少しだけお話しすることができました。

わざわざ、私のところに来てくれました。

私は、食事介助もしていますので、自分の食事は皆さんが終わってからになります(私の食事に関するレポートは後程)。

昨日と比べ、ものすごく明るい表情です。

そこで、なにを仰るのかと思えば…「私…、なんでも食べられるようになる?」…。

思わず…、ぐっときてしまいました…。

この方は、インスリンの処方で、食事は皆さんの半分の量。

しかも、おやつも無しです。

半分の量といっても…ほとんど糖質です。

看護師さんが、食事前に血糖値を測り、インスリンを投与します。

実際に、何もできないという無力感に苛まれました。

「糖質が問題なんですよ。あとは、何でも!食べられます」といいましたが、80歳で、懸命に生きている方に、他の方の半分、おやつ無しは、虚しい思いでした。

しかも、この方は、セルフ・コントロールの範疇を超えています。

全部で、16名の方を、一人でみました。

無理です!

それは、無理!

勤務してまだ3日。

一人ずつ、しっかりと見極めて、必ず、機能改善を果たしたいと思います。

無理は分かっているけど…、プロならば…やるしかないですよね。

本当に、大きすぎる格差です。

この格差を埋めるためには…、今が大事ですよ!

運動は、絶対に必要です!!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

蝶々
2011年04月02日 20:07
shoさんこんばんは(^-^)
ほんとに格差が激しいですよね…。院内でテレビ『だけ』が楽しみという方もいらっしゃいます。
動く楽しさ、鍛えることで広がる世界。
活動的に過ごしていただくことで、『趣味』『食』共に謳歌しやすくなる。
そのために、いかに『様々な方法』を提供し、『個々人がライフスタイルの確立をしていただく』、そのための助力。
私たちの『手腕』が試される時代です(>_<)
お互いに頑張りましょう!!
sho
2011年04月03日 08:28
蝶々さん、おはようございます。

>私たちの『手腕』が試される時代です(>_<)

その通りだと思います。

そのためにも、プログラムの個別性を尊重しなければいけませんよね。

お一人お一人、状況が違います。

体を動かしたくない方を、どう、運動に誘うか…。

この傾向は、残念ながら、男性に多いように思います。

課題です。

お互いに、頑張っていきましょう!

この記事へのトラックバック