歯の健康管理

ここ数日、親不知のところの歯茎が腫れて、思うように口が開けなくなっています(笑)。

右上の奥なのですが、ここは、歯ブラシも届きにくいため雑菌が繁殖しやすく、注意はしているのですが、私の疲労度のバロメーターになっているんです。

疲れが免疫を落とし、ウィークポイントであるこの部分にしわ寄せが来るんですね。

このため、朝の血糖値は、150~160と高めになっています。

てきめんです…。

現在、抗生物質を飲んで、様子見です。

口を開かなければ、痛みはないのですが、重だるい感じが不快ですね。

さらに、重なるもので、先日の右上に引き続き、今日も、ガムを噛んでいたら、左下の歯の詰め物がとれてしまいました。

両方とも、まだ半年もたっていません…。

こんなにすぐにとれてしまうのも、初めてです。

治療は、両方とも、同じ、若い歯科医です。

行けば、一回で入れ直してもらえるのですが…。

そして、炎症が治まったら、この親不知を抜いてしまおうと考えていましたが、この先生で大丈夫なのだろうかと…、不安も残ります。

一生懸命、やってくれてるんですけどね。

以前、左奥の親不知を抜いた時のことです。

東京に住んでいたころの話しですので、現在の先生とは別なのですが、一晩中、出血が止まらず、とても難儀しました。

出血というよりも、不良肉芽というものだそうです。

血の泡のようなものが噴出してきて、口の中がいっぱいになってしまうのです。

一晩中、うがいしてました…。

抜歯の最中、何回も麻酔を追加打ちし、相当手間取っていましたので心配だったのですが、案の定、でした。

翌日、再治療してもらい、治りましたが、治療費返せ!といいたかったですね。

抜歯の後処理が不十分だったのが原因であると、その歯科医は認めています。

ここには、二度と行きませんでした。

歯医者さんの選択は、難しいですよね。

行ってみなければ分かりません。

だからといって、「はしご」はしたくありませんし…。

内科医と違って、歯医者さんは、職人的な要素がありますよね。

手業が決めてです。

今通っている若い歯科医のお父さんは、実に職人的で、入れ歯もぴったりだと、母は絶大な信頼を寄せています。

私も、以前は大先生だったのですが、いつの間にか、せがれさんに担当が変わってしまいました(笑)。

私の遠い親戚ですが、東京で歯医者をしていた方がいました。

昔かたぎの歯医者さんで、入れ歯や詰め物の型取りも、造りも、技工士さんに任せず、ご自分でやっていました。

ここのせがれさんも、歯医者を継いでおり、近所のお年寄りに好評をはくしているそうです。

やはり、入れ歯が合うんだそうです(噂が聞こえてきます)。

歯の健康管理は、血糖値に直結するだけでなく、食べることの根幹をなす要素です。

おざなりにはできません。

何しろ、我々は、歯に不具合があるからと、「おかゆ」や「お茶漬け」で済ませる訳にはいかないのです。

我々が食べられるものといえば、しっかり噛まなければならないものが多いですからね。

できれば入れ歯ではなく、一生、自分の歯で「食べたい」と思っています(笑)。

今日は、お墓参りに行ってきましたが、疲れの自覚もありますし、たまには、何もせず、休養日にあてようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

蝶々
2010年09月26日 19:08
shoさんこんばんわ(^-^)
糖尿病があると血糖コントロールの如何によって細菌に対する免疫低下が起こりやすいので、要注意ですね。
でもそこはトレーニング効果で♪免疫力強化もできますから、運動ってすごいですよね(^-^)
こないだ、ジムの風呂で脛をぶつけて出血しましたが、1時間したら傷口が塞がりはじめてました(笑)修復能力も高まってる感じです♪

あと、本日さっそく『レジスタンスチューブ』を買いに行きました!………というか、糖尿病の私のためではなく、彼女が欲しがって(笑)
私より影響を受けたみたいです( ̄□ ̄;)!!
同時に欲しかった20キロダンベルも許可がおりましたので感謝です(感謝の方向性が間違ってますかな(笑))
内容に関してはまた改めてコメントさせていただきますね(^-^)
日々トレーニングだ~!!
ナターシャ
2010年09月27日 10:32
親知らずの治療は他の歯異常に難しい部分があるようなので信頼出来そうな歯科医を選びたいですよね。
親知らずが虫歯で更に歯肉に埋まってしまっていいる場合は切開しなくてはならないそうですし。
よくよく調べてみてここ!というところが見つかるといいですね!
sho
2010年09月28日 09:27
蝶々さん、おはようございます。

これでまたおひとり、運動を始めるきっかけに貢献できたということですね(笑)。

良かったです!

レジスタンスチューブは、「引っ張る」系の運動に適しています。

上腕三頭筋の運動は、腕の引き締めにもなります。

どこかにひっかけるのではなく、蝶々さんが持ってあげれば、いろいろなバリエーションのトレーニングが可能ですよね。

ペアトレです(笑)。

本で紹介したものの他、いろいろとありますので、どうか、お相手に教えて差し上げてください。

また、忌憚のない書評をお待ちしています。
sho
2010年09月28日 09:32
ナターシャさん、おはようございます。

さてさて、歯医者さんの選択は、難しいですね(笑)。

女房は、別の歯医者さんのところに通っており、そこを薦めてくれます。

しかし、私にすれば、初めていく歯医者さんで抜歯するのもどうかと思い、迷っています(笑)。

まずは、取れてしまったかぶせものを直してもらい、炎症が治まったら、考えましょう。

この記事へのトラックバック