負けるな!eitoman!

久しぶりに、バレーボールの関係のRSSを開いてみて、衝撃を受けました。

バレー繋がりのS氏、しばらくブログの更新がなかったのですが、久しぶりの記事更新、それがなんと、脳梗塞で倒れてしまったのだそうです。

まだ40歳半ばです。

ジュニアのバレーの練習中に倒れ、一時は生命が危ぶまれたそうですが、幸い一命はとりとめたということです。

身体的な後遺症は無いようなのですが、ダブってものが見える複視という症状があるということで、クルマの運転も出来ず、パソコンの画面もよく見えない状態だという事です。

仕事も辞め、自宅も手放す決断をしたようです。

大血管障害というのは、本当に突然やってくるのですね…。

血糖値が高かったのか、血圧は?コレステロールは?それは分かりませんが、何も問題がないのに突然…ということもないのではないかと思います。

私だって、誰だって、可能性は否定できないのですから、毎日の健康に対する意識を忘れてはいけませんね。

もしも、S氏がご迷惑でなければ、一度伺って、リハビリテーショントレーニングを一緒にやってこようと考えています。

S氏は、甲府にお住まいです。
クルマで2時間半ほどです。

これが、私に出来る精一杯のお見舞いかなと思っています。

実際にお会いしたことはないのですが、バレーのことでいろいろと交流がありました。
なにか他人事に思えなくて…。

糖尿病であっても、半数の方は治療にさえ取り組んでいません。

さしたる自覚症状がないからでしょうが、問題を放置すれば、必ずそれは自分に帰ってきます。

S氏がそうだという意味ではなく、私も含めて、40歳を過ぎたら自分の心身の健康に関心を持たなければいけないと思います。

我々は、糖尿病であると自覚しているからこそ、健康管理にも取り組めるのです。

やはり、一病息災です!

ある程度の年齢になれば、無病息災はあり得ないと考えた方がいいですね。

まずは、陰ながらS氏にエールを送りたいと思います。

命があって、本当に良かった!

負けるな!eitoman!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モンチ
2009年11月20日 19:19
覗いて見て下され!

果物摂取と中性脂肪に関する誤解
果物、穀類、牛乳(乳糖を4~5%含む)などから供給される糖類(炭水化物)は、生命を維持し、健康に活動するためのエネルギーの供給源とし最も重要な栄養素であると結論づけました。

http://www.kudamononet.com/LifeStyle/medical/diet/obesity_9.html
sho
2009年11月21日 09:34
モンチさん、おはようございます。

糖質はエネルギー源には違いありません。

私も、糖質が悪者だとは考えていませんが、糖尿病患者は、糖質が血糖値を上げるという事実を認識しなければならないでしょう。

また、果物に限らず、食べすぎはよくありません。

中性脂肪の蓄積は、食べ物の影響だけでなく、運動不足によってももたらされます。

また、果物や穀物、牛乳を摂っていれば糖尿病が改善される訳ではありませんからね。

一般論として、ご紹介のサイトを読ませていただきました。

この記事へのトラックバック