除脂肪体重と糖尿病

昨日は、体育指導委員の行事で、外出していました。

画像


午前中は、功労者表彰式、ヨーコ・ゼッターランドさんの講演、冨里高の演奏でした。

画像


このような行事の時は、決まって昼食はお弁当です。

そこで、在庫で持っていた「グルコバイ」を持参し、食前に飲みました。
これは、糖の吸収を遅らせる作用がある薬ですが、私の場合は、それ程の効果があるとは思えません。

SU剤の方が効果はありますが、以前、ディズニーランドに行く際、オイグルコン1.25mg(SU剤)を飲んでいき、低血糖気味になったことがありますので、今は、SU剤は飲めません。

仕方なく、この気休め剤を飲みました(笑)。

ごはんは、150gほど食べ、後は残しました。

午後からは、成田山新勝寺と、周辺の散策でしたので、何とかなるかなと…。

散策は、約2時間、9,000歩強でした。
結構なアップダウンでしたので、上り坂ではグイグイ歩きました。
心拍も、120以上に上がっていたと思います。

午後5時過ぎには柏に戻りましたが、昨日は、その後6時から支部の納会。
少し時間がありましたので、納会のウォーミングアップ?!を兼ねて、仲間と赤提灯で一杯。

納会は、今回と、少し前に全国で表彰された方のお祝いを兼ねて、楽しく飲みました。

このところ、このような席では、いつも「最近、痩せたでしょう…」と、私のことが話題になります(苦笑)。

実は、体重は変わっていないのです。

1年前の昨年2月、体重は58.5㎏(+-0.5㎏)です。
現在の体重も、同じく58.5㎏(+-0.5㎏)。

しかし、体脂肪率は、15%台から12%台と、3%減量しました。
痩せたように見えるのは、そのせいでしょう・・・。

そこで、除脂肪体重を計算してみます。

昨年2月 58.5×0.85=49.7㎏
今年2月 58.5×0.88=51.4㎏

総体重は同じですが、脂肪を除いた除脂肪体重は、1.7㎏増えています。
これは、筋量が1.7㎏増えたということを意味します。

それだけ、基礎代謝が上がったということです。
基礎代謝の53%以上が筋で消費されますので、筋量増加は、代謝向上に直結しているのです。

基礎代謝が上がれば、寝ている間の脂肪燃焼も増えますので、ますます好循環になります。
また、筋量が増えれば、それだけ筋に取り込めるグルコース量も増えますので、我々糖尿人にとっては、好都合です。

総体重を落とすことも大切ですが、それよりも、除脂肪体重を増やすこと(即ち、体脂肪の減量)が、糖尿病管理の中長期的重要戦略となります。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

knacke
2009年02月16日 10:15
前回の記事同様
これは私への励ましエントリーに違いないわ!
と、軽く勘違い気味で拝見しました(笑)
「真面目に」ダイエットを始めて3週間が経ち
やっと山が動いた・・・体脂肪率が約1%減です
夫も週5でスポーツで汗を流していますが
帰宅後、就寝2.5時間前の多糖質が原因でしょう
もう少し頑張れ!ってお腹です
sho
2009年02月16日 14:56
knackeさん、その通りです。
特に女性への励ましのエントリーです(笑)。

女性は、とかく体重だけを気にしますが、体脂肪を減らすほうが、リバウンドし難いのです。

3週間で…動きましたね!
1%減は、立派です!

女性の場合、相当な筋トレをして筋量が増えたとしても、筋骨隆々にはなりませんから、ご安心下さい。

また、筋トレ後の有酸素運動は、さらに効果的です。

また、週5回のスポーツとは、ご主人も、スポーツマンなんですね。

それだけ動いているなら、問題なしですよ。

この記事へのトラックバック