なるほど!メンタル筋力かぁ…

ついつい、書き出しに釣られて買ってしまいました。



タイトルではなく、書き出しです。

≪私たちの身に起きたことの中から、どのように考え、決断し、行動すれば、どんな境遇にあっても不運すら幸運に変え、運を実力にできるのか。それをメンタル筋力と定義し、読者の皆さんが再現性高く身につけることができるのかを書きおろしました。いわば、『メンタル筋力のトレーニング案内』です。≫

この書き出しです(笑)。

競技スポーツとメンタルタフネスは、切っても切れない関係ですが、セルフ・コントロール(自己管理)にも、大いに関係がありそうです。

ところが、この本自体は、あまり私の好みではありませんでした。
著者の別の著作も読んでいますが、横文字が多く、いかにもMBA的な発想と文章が、姓に合わないようです。

「あなたが立派で、もの知りなのは分かったんだけど…」というのが、私の感想です。
なにか、まとまりがない感じがしました。

私の読解力や知識が不足しているのだと思いますが、もう少し、噛み砕いて、私のような凡人でも分かり易く書いて欲しいと思いました…。

ところが、この本では、別の収穫があったのです。

この本では、原典となった著作や、著者が愛読している書が沢山紹介されているのですが、その中に、実に面白い本がありました。



これは、収穫でした!

ストレングス、ファインダーというおまけがついています!

ストレングス・ファインダーとは、自分の強みを知るためのテスト。
質問にネット上で答えることによって、評価を受け取ることができるのです。

なんと、裏表紙に「パスワード」が印刷されています。

つまり、この本を買わなければ、アクセスできない仕組です。

とかく、人は自分の欠点を補正することに躍起になってしまいがちですが、実は、元々の資質を活かした人生を送るほうが有益であり、結果も伴うという内容です。

得意な分野以外のことに時間を費やすのは、無駄ということです。

「起きていることはすべて正しい」の著者の、強い(得意な)資質は、【学習欲】【着想】【最上志向】【活発性】【目標志向】の五つで、強い順番です。

さて、私も、早速サイトにアクセスして、このテスト、ストレングス・ファインダーをやってみました。

私の強みは、下記になります。

【社交性】【活発性】【未来志向】【戦略性】【学習欲】

なるほど、納得!です。

これは、梅田望夫著 「ウェブ時代をゆく」に書かれている、≪ロールモデル思考法≫に通じるものがあります。


この本も、私は何回も読んでいます。

セルフ・コントロール(自己管理)の方法も、さまざまですが、やはり、自分自身の強みや資質を知り、そこを磨いていくような方向性でなければ継続できないと思います。

まさしく、私は、このブログを通じて、自らの強みと資質を活かしていると実感することができます。

セルフ・コントロール(自己管理)とは、我慢することではなく、自分を活かしていく道なんですね。

私も、身体の筋力だけでなく、是非、メンタル筋力もアップしたいと思います(笑)。









この記事へのコメント

カッパ
2009年02月20日 09:24
【社交性】【活発性】【未来志向】【戦略性】【学習欲】
おおー。スゴイです。
shoさんに直接お会いしたことはないですが、先生からのお話やこのブログを通して受ける印象がすべて当てはまってます!
ブログだけに収まらず、もっと広く活躍の場を広げてほしいなぁと思いました。
講演とか向いてそうですね!
sho
2009年02月20日 10:55
カッパさん、おはようございます。

ストレングス・ファインダーは、かなりの数の問題を、ほとんど直感的に答えていくのですが、こうして結果を見てみると、あらためて、自分の特性に気付かされます。

本来、自分の強み(ストレングス)というものは、自己評価するものではなく、外から見た場合の(他人から見て感じる)際立つ特性なんですよね。

良い悪いということではなく、このような特性を活かして生きていくことで、ますます自己実現の資産(お金ではありません)を蓄積することができ、充実した人生に繋がっていくのだと思います。

糖尿病との関わりの中で、私の特性を活かして、いろいろと考えていることもあります。

具体化すれば、このブログにも書いていこうと思います。



この記事へのトラックバック

  • 筋トレ大百科

    Excerpt: 東京都世田谷区郭さん39歳1、身長174cm2、『筋トレ大百科』購入時の体重と体脂肪率 77kg26、8%3、現在の体重と体脂肪率 71kg19,7%4、筋トレ暦9ヶ月5、筋トレ大百科の実践歴5ヶ月6.. Weblog: ITC racked: 2009-03-07 15:37
  • ウェブ時代をゆく

    Excerpt: これで「ウェブ」関係のは最後(^.^)b ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)著者:梅田 望夫販売元:筑摩書房発売日:2007-11-06おすすめ度:クチコミを見る 「.. Weblog: ☆ひま人日記☆ racked: 2009-03-14 16:24