ウォーキングと消費カロリー

久しぶりに、朝食後にウォーキングしました。

今週は、早朝空腹時血糖も順調に推移しています。
【123】【140】【121】【114】【137】【136】【137】=平均【130】です。

当面の目標が、140未満ですから、達成です。

薬を止めたのが4月5日。
あれから4ヶ月が経ちました。

当初、朝食後にウォーキングしても、その効果が全くなくなってしまったように感じていました。

薬に慣れてしまった体の抵抗反応だったのかも知れません。

今日は、【137】⇒5,222歩(3.65㎞)、42分のウォーキングで、2時間後【137】と、同点。

久しぶりに、ウォーキングの運動効果が戻ってきたようです。

今週の流れを見てみると、やはり、ウォーキング無しの場合は、やや高めになってしまいます。

8/1 【123】⇒2時間後【157】(+34)---昼食前【133】
8/2 【140】⇒2時間後【174】(+34)---昼食前【162】
8/3 【121】⇒計測無し    
8/4 【114】⇒2時間後【186】(+72)---昼食前【124】
8/5 【137】⇒2時間後【203】(+66)---昼食前【165】
8/6 【136】⇒2時間後【181】(+45)

ちなみに、食事内容は、みそ汁の具を除き、ほとんど同じです。
推定カーボ量は、10g…。
昼食前には、まぁまぁ落ちていますので、遅ればせながら、インスリンも作用しているように思います。

今日のように、朝食後【137】と低めに抑えられる日は、コントロールも楽です。

ところで、今日のウォーキング≪5,222歩・3.65㎞≫ですが、歩数計によると、消費カロリーは【213.2kcal】となっています。

基礎代謝は、計算値ですが【1,355kcal】(実際は、もう少し多いと思いますが…)。

摂取カロリーは、推定ですが2,000kcal前後だと思いますので、一日一回、ウォーキングなりジョキングなり、すれば、十分だと考えています。

それ以上に運動していますので、体重管理は今のところ問題ありません。

運動により消費するカロリーも確かに重要ですが、長い目で見れば、全消費カロリーの60%といわれる基礎代謝を増やすことが大切です。

多くの方が、体重ばかりに注目していますが、いくら体重が減っても、体脂肪が増えてしまっては基も子もありません。

たとえ体重は変わらなくても、体脂肪を減らせば、相対的に筋量が増え、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がれば、リバウンドし難い体質になります。

また、インスリン抵抗性の改善も期待できます。

特に我々中高年は、それでなくても筋量が激減していきます。
それは、体重は変わらなくても筋量は自然に減り、相対的に体脂肪が増えるという事を意味します。

ましてや、体重が増え、何もしなければ…。

極論すると、中高年のダイエットは食事だけではいけないという事です。

ウォーキングのような有酸素運動だけでなく、筋維持の為のトレーニングも取り入れる必要があるようですね。

適正体重を保ちながら、体脂肪を減らす。
単なる減量よりも、このことが大切な戦略です。

もしも、ご近所の方がいらっしゃいましたら、お気軽に声を掛けてください。

一緒に、トレーニングしましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2型カーボカウント
2008年08月07日 20:01
年とともに筋肉量落ちますね。

12年前 体重84kgで筋肉質でしたが、
今体重77kgでもポッチャリでぶです。
筋量増加を心がけて運動する必要を感じます。

お互い頑張りましょう。
sho
2008年08月07日 21:49
2型カーボカウントさん、こんばんは。

50を過ぎると、それはもっと顕著になります(汗)…。

継続こそ力!

お互い、頑張りましょう。
ゆるる♪
2008年08月08日 11:35
基礎代謝・・・先日、中学生の甥と薬局で面白半分に体脂肪計で計測した時に基礎代謝が1250kcalと表示されました。
一方の甥は1550kcal。

比べる相手が悪いけど(笑) 
こんなにも差があるのですね~^^;;

日々の生活の中で、少しでも運動や筋肉を鍛えられそうなもの探してみようと思います。
sho
2008年08月08日 12:00
ゆるるさん、こんにちは。
毎日、暑いですねぇ!!

ゆるるさんも、頑張ってウォーキングなさっていますね!
女性は、体脂肪も落ちにくいし、基礎代謝も上げにくいので大変だと思いますが、まずは血糖管理のためにも運動が必要です。

そのうち、近所の公園等で簡単にできる「スローな筋トレ」を紹介したいと思います。
勿論、室内でもできるものです。

熱中症に気をつけて、お互い運動と食事の管理、頑張りましょう。

ナターシャ
2008年08月10日 17:55
スローな筋トレに反応しました〈笑)
四股立ちなんかいいですよ。
きつかったら最初は腰幅くらいにし足先を45度くらいに開いて屈伸してみて下さい。
手は腿のあたりに置きます。
慣れたら膝を曲げたところで止まりゆっくり呼吸を続けます。
お尻を後ろに出さないで前傾しないのがこつです。
これに慣れたら足幅を広くして四股立ちを練習するといいですよ。
これも屈伸してから膝を曲げたところで止まりゆっくり3~5呼吸してみて下さい。
たしか相撲体操の本が出ていると思うのですが、参考にするといいかもしれません。
筋肉量を増やす近道は足を鍛える事なんです。
両腿の筋肉量は一番体の中で占める割合高いですからね。勿論腹筋なども平行してやったほうがいいですね。
地味な事は続けるのが難しいですが効果は必ずありますよ!
sho
2008年08月11日 07:19
ナターシャさん、おはようございます。

スローリフトの方法は、「スロトレ」という言葉で一般化していますよね。

例えば、スクワットの場合、4秒かけてしゃがみ、10秒かけて立ち上がる動作10回で、かなりの効果が期待できるようです。

ただし、常に筋緊張を解かないようにする必要があり、これがキツイです…。

「呼吸」というフレーズが、「ヨガ」の肝なのでしょうか…。

相撲の「四股」には、股関節を柔軟にするストレッチの意味もあると思います。

ほとんどの場合、その方の足、とりわけ大腿筋を見れば、その方の運動量が推測できますよね。

私も、頑張ります…。

ナターシャ
2008年08月11日 11:56
呼吸を深くすると、心拍数は上げなくても効率良くガス交換できます。
吐ききると新鮮な空気がたくさん吸えて、横隔膜も充分動かす事が出来ます。
横隔膜も筋肉なのでコアな部分の活性化に繋がります。
スクワット系や連続したヨガの動きでも呼吸は一定に保ったままです。
苦しい時もありますが、チャンネルをきりかえて続けると酸欠にもならずキープ出来るようになります。
夏は汗だくになりますけれどね。
ヨガは活性酸素の問題もクリア出切ると思っています。
運動し過ぎて活性酸素が悪さすると言う事もあるようですからね。
sho
2008年08月11日 12:57
ナターシャさん、詳しい説明ありがとうございます。

活性酸素といえば、老化の一ファクターですよね。
アンチエイジングも、私のように50歳を過ぎると、他人事でない課題です。

確かに、過度の運動には活性酸素発生のリスクが伴うようです。

今のところ、最大酸素摂取量の50%程度の強度の運動(ウォーキングやゆるやかなエアロビック運動)が、安全圏のようです。

エアロビック運動は、長期にわたっておこなった場合、60歳になっても最大心拍数を180程度に保てるそうですので、運動は「無理なく」、継続することで、相乗効果をあげられるのだと思います。

もしも、運動を行う事で、かえって体調を崩したり、ケガが絶えないようであれば、活性酸素の弊害を疑う必要があるかも知れません…。

運動しすぎて、かえって老けてしまったのでは本末転倒ですからね。

この記事へのトラックバック

  • 基礎代謝量とカロリーの関係は?

    Excerpt: 普段の生活の中では基礎代謝量がどれくらいだから、食事でのカロリーはこれくらい必要で、これくらいなら良いと言ったように意識することは、ダイエットをする時くらいにしか考えないことでしょう。ダイエットに関わ.. Weblog: 健康維持することは、自分を知ることから racked: 2008-09-25 23:14