心肺機能の強化

薬をのんでいた時と止めた現在、1日の血糖の流れが明らかに変わってきたようです。

薬をのんでいた時、朝食後の血糖管理に苦労する事はなかったのですが、現在では、食事内容に変化はないにも関わらず、午前中から夕方まで下がりにくい状況が続きます。

早朝空腹時血糖と、夕食後の血糖に関しては、特に問題はありません。

昨日の昼食は外食でした。

和風ラーメンの店で、家族のお気に入りの店です。

家族が美味しそうに食べる「アサリラーメン」を横目で眺め、私は、「レバー炒め定食」にし、ごはんを目分量130g程度摂りました。
餃子も、2個…食べました…。

ところが、この「レバー炒め」…かなり味付けが濃く、甘い感じがしました。
砂糖たっぷりだったのかなぁ…。

食事後、買い物をし、帰宅後、3:50分に測定したところ、285!

夕方、ジョキングするつもりでしたので、早速支度してジョキング開始。

通常、昼食後1時間からジョキングを開始し、帰宅後シャワーを浴び(汗だくで…とても着替えだけでは…)、少し休んで2時間後値測定という段取りになります。

この場合、たとえジョキングしてもなかなか下がらず、200以上である事もしばしばで、概ね180以上が相場です。

その後、格段に下がるわけでもなく、150~160で夕食を向かえ、夕食後の20分強のウォーキングを経て、120~130に落ち着くというのが最近の相場です。

夕食前が180以上の事もありますが、食後ウォーキングを行えば、120~130位まで下がります。

さて、285から、どの位下がるのか…。

結果は、114!

随分下がりました。

ある程度、上がりきってからジョキングした方が効果的なのかも知れません。
あるいは、夕方以降という時間帯かも知れません。

その後、夕食前で127でしたので、ウォーキングは省略しましたが、食後2時間で149…。
OKでした。

私の行っているジョキングは、「最大心拍数管理型」のエアロビックトレーニングです。
一定距離をジョキングし、この最大心拍数(私の場合、126)を越えないことを条件に、タイムアップを図るものです。

タイムが上がれば、心肺機能が向上したことになります。

また、タイムが、その時の体調を表します。

そのタイムは、下記のように推移しています。

4月21日 35′40″
4月22日 32′45″
4月23日 31′55″
4月25日 33′14″
4月28日 31′04″

そして、昨日…29′41″と、30分をきりました。

実は、昨日は、心拍を気にせずマイペースで走ろうと考ええていたのですが、走り始めると、思いの他心拍が上がらずに、結局、最大心拍126をキープしてのジョキングになってしまいました。

このタイムが、私が今まで行っていたペースだといえます。

4月21日には、心拍を守ってのペースは、なんと遅いのだろうと感じていたことを考えれば、たった1週間ですが、心肺機能の向上が図れたのだと思います。

ちなみに、4月26日には、この同じコースをウォーキングしてタイムを計測してみました。
結果は、34′51″。

この場合の心拍数は、106~108となります。

本来、血糖値を下げる事が目的の運動なのですが、今のところ、軽度の運動では十分に下がらないという傾向があります。

しかし、運動効果は、短期的なものばかりではありませんから、心肺機能の強化、筋力強化と、運動の継続を図っていきたいと思います。












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック