食生活を、どう評価する?

薬を半分にして、11日になります。
1週間で、ある程度の傾向が読めるかなと考えていたのですが、今のところ、判断しかねています。

早朝空腹時血糖(週平均)は、若干の上がり傾向です。

2週間続いていた「130台」が、先週は「141」。
この4日間は、「148」となっています。

昼食後2時間も、30分のジョキングで140~150まで落とせていたのですが、この所、179、184、175、186、172、と苦戦しています。
また、10日のうち、5回しかジョキングが出来ませんでした。

夕食が問題で、この10日のうち4回飲酒の機会があり、落ち着いた管理ができませんでした…。
夕食後に、十分に血糖を落とせないことも、早朝血糖に少なからず影響を与えていると思います。

自分の中で、しっかりと管理したにもかかわらず現在の結果なのであれば、やはり、薬に一定の効果があり、薬を止めれば血糖は上昇せざるを得ないと判断できるのですが、現状ではどう判断したらよいのか、計りかねています。

そこで、もう暫く、薬半分を継続していきます。

ところで、mixiの問いかけをきっかけに、今、自分の食生活をどう評価しようかと考えているところです。

7ヶ月以前と以後で、食生活の何が変わったのか?
糖尿病発病以来10年、どんな食生活をしてきたのか?
それ以前はどうだったのか?

時間を遡るように、考えてみました。

7ヶ月前、主治医を替える以前と以後で違う事といえば、やはり主食を制限しているという点です。

以前の「記録」がありませんので、曖昧なのですが、概ね以前の25%以下しか主食を摂っていないと思います。

1/4くらいか…と感じています。

主食には、「ごはん」だけでなく、「そば」「うどん」「パン」「パスタ」「ピザ」等が含まれます。

また、ジャガイモやサツマイモ等の根菜もほとんど食べていません。

「お好み焼き」や「たこ焼き」などの「粉もの」も、食べていません。

逆に、以前よりも増えたのが、「チーズ」。
以前は、ほとんど食べませんでした。

また、夕食時の飲酒も、以前は無かったことです。
酒は外で飲む、と決めていたからです。

実は、今は食べていない上記の食品こそ、私が好きだと思う品なのです。

だとすると、以前は、「好きな」ものばかり食べていたのだと思います。

勿論、糖尿病の事は意識していましたし、栄養指導も受けたことがありますので、カロリーコントロールしようという気持ちはありました。

しかし、単位計算も面倒だし、要は体重をコントロールすれば良いのだと、おおいに勘違いしていたわけです。

朝は、残り物の鍋の「雑炊」。400kcalかなぁ?
昼は、「そば」と、軽く「ごはん」1杯。500kcalかなぁ?
3時のおやつに、ジャムパンと牛乳。200kcalかなぁ?
夜は、「鉄火丼」に、お新香、とん汁。700kcalかなぁ?
全部で、1800kcalかなぁ?

体重計に乗って、「OK!」。

以前は、こんな感じでした。

「糖質制限」的には、ありえません…。

では、それ以前(発病以前)はどうだったのでしょう…。

バブリーな時代でもありました。

バレーの練習は、週4回。
毎週末、あるいは試合の後は必ず「飲み会」。
バレーのない日曜日は、必ず家族と外食。
あるいは、子どもたちも小さかったので、キャンプや小旅行にも、良く行きました。

良く飲み、良く食べ、良く肥えていました…。

今よりも、10kg以上体重がありました。

ある飲み会の話題で、「あそこのこれが美味かった」「どこそこのあれが美味かった」といような昔話になりましたが、思えば、良く食べていたものです。

そんな「生活習慣」が、悪かったなどとは、思っていません。

ある意味、充実し、ある意味、若く、無軌道な時代だったのです。
あの頃は楽しかったと、素直に思えます。

食へのこだわりと嗜好(指向)は、時とともに移り変わっていくものだと思います。
大切なことは、今、何を食べていくのかという事。

過去に、どんなに美味しいものを食べたとしても、その「思い出」で腹は満たされない。

今、この時の食生活を、「美味しい」と思えなければ意味がないし、過去が決して褒められない食生活だったとしても、今がカラダのために良くなければ、糖尿病という現実の前には、意味がありません。

さぁ、今晩は、昨日買ってきた「半額」の枝豆と、ゴーヤチャンプルで一杯やろう…。





























この記事へのコメント

sakeoni1616
2008年03月18日 22:40
私も起床時の血糖値昼食後は依然苦戦中です。
shoさんの環境は似た部分がありますから、私も数年後を思うと他人事ではありません。
薬を止める判断基準は何なんでしょうね。

栄養指導は受けたことありませんが、カロリー制限は体重以外の効果があるのでしょうか?
今までかなり調べましたが他のメリットは見つけてません。

ゴーヤーチャンプルー、いいですね。
この辺りではちょっと無理ですが…
まや
2008年03月18日 23:10
 他にも書きましたが、カロリー制限をすれば、そのカロリーの半分が糖質でも、総カロリーが少ないから、結果的に糖質の絶対量は、カロリー制限以前よりは少ないというだけではないかなあ、とも思います。私も、体重は少ないし、インスリン抵抗性は小さいと思うんで、これ以上痩せるメリットはないですが、教育入院なんかでのカロリー制限のモデル食を見ていたら、絶対量がほんとにこれだけ少なきゃ、何食べても大したことないなあ・・って思います。
 私はチョコレートやチーズなどでオーバーカロリー気味なので、消化器官自体はけっこう酷使してるんで、たとえ全体からの率としては少ないローカーボでも、ちょっと入ってきただけで血糖関係が過剰反応するのかなという気はします。
 
sho
2008年03月19日 07:50
sakeoni1616さん、おはようございます。

肥満=抵抗性の改善という点では、減量は一定の効果はあるんでしょうね。しかし、1800kcalで減量を果たし、それでも改善できずに、今度は1400kcalね…などという笑えない話も聞きます。(どうやって、生きていったらいいんだ!)
日本人は、きっと、基礎分泌不足の要因の方が多いのではないかと思います。

ゴーヤチャンプルですが、昨日の作は見事に失敗でした。
奥方が、ゴーヤの苦味とりの塩もみに失敗し、しょっぱくて食べられませんでした(笑)。しかも、玉子忘れてるし…。
仕方なく、ゴーヤを除いて食べました(泣)。
来週、リベンジです…。

ゴーヤも、今は宮古島産ですが、これから多く出回り、価格も手頃になってくると思います。
ゴーヤには、血糖を下げる効果があるようですよ。
sho
2008年03月19日 08:04
まやさん、おはようございます。

≪カロリー制限で、総体が減っている≫…。
そうかも知れません。カロリー制限下では、いくらなんでもどんぶり飯は禁止でしょうからね…。

私の場合は、悲しいかな、たった100gのごはんの糖質処理に苦戦しています。

≪ちょっと入ってきただけで血糖関係が過剰反応するのかなという≫…という事は、私も感じていますが、実際、今までもそうだったのが、血糖自己測定と、カーボ量の推定によって顕在化したという事もあります。

いずれにしても、A1cは不可思議なものです。
まやさんと私を比較すれば、A1cはあまり変わらないのに、明らかにまやさんのアベレージが低いですよね。

今回は、血糖アベレージが上がっているのですが、それがA1cにどのように反映されるか……。

迷路にはまりそうなので、とりあえず、食後2時間のコントロールにフォーカスしようと思います。

sakeoni1616
2008年03月20日 20:39
まやさんのブログでもコメントしましたが、私はサプリ好きな方なので、苦瓜エキス入りのサプリもしっかり摂ってます。(少しですが)

でも、ゴーヤーに関しては、サプリより実物の方が好きです。
sho
2008年03月20日 22:01
sakeoni1616さん、こんばんは。

ゴーヤは血糖を下げる効果があると、江部氏のブログに書いてありましたよ。

苦味成分と、植物インスリン成分があるんだそうです。

効果のほど、実験してみましょう。
sho
2008年03月24日 09:43
モンチさん、おはようございます。

私も、コメントどこに付けたら良いのか分からずに、足跡残していませんが、モンチさんのサイト、見させていただいていますよ。

マメに写真を撮られているのですね。

私の場合、食事はすべて手帳に記録しています。
写真の方が「量」も分り易いと思いますが、自分ではいつもの事ですから、「量」を器で把握しています。
また、おかずがいっぺんに揃わず、三々五々出てくるものですから、出揃ってから「写真撮影」といかなくて…。

アドバイスありがとうございます。

この記事へのトラックバック