昼食にごはんを、ほんの少々…

腰の調子は、順調に回復に向かっています。
通常、1週間くらいで目途が立ちますので、今週中には、ほぼいつも通りの生活に戻れるはずです。

人間のカラダは、本当に不思議だと思います。

「ギックリ腰」の場合、腰椎周辺に炎症が起こる訳ですが、その途端に、カラダの消炎反応が起こり、時間と共に、炎症が解消される。

カラダの持つ、防衛反応です。

また、免疫という不思議な作用もあります。

まさに、江戸市井の「火消し」のようですね…。

ところで、今日は、昼食時に「ごはん」を90gほど食べました。
金曜日以来、6日ぶりの「ごはん」です。

ごはん90g
大粒納豆
ひじきの煮物(砂糖不使用、大豆、椎茸、人参入り)
マグロの生姜焼き
さつま揚げ1枚
とん汁(人参・大根・豚肉・こんにゃく・豆腐入り)

今日は暖かく、腰の調子もまあまあなので、昼食後、ウォーキングをしました。

食前は計測していないのですが、久しぶりに、ウォーキングしてナンボのものかと、試してみたくなったのです。

ウォーキングの前に、腕立て30回(腰に影響はなし。むしろ、パソコンの前の椅子に、30分座ることがつらい。厳密にいうと、座った後、腰が曲がったままになる)。
1時間15分ウォーキングして、2時間後値を計測してみました。

腕立て?ウォーキング?でも、そんなの関係ねぇ。。。

ということで、【240】!!
たたそれだけの、糖質量(まぁ、野菜の糖質も、そこそこ摂ってますが)で…。

やっぱり、ウォーキングでは落とせません。

昼食後は、少なくともジョキング。

できれば、もっとハードにバレーボール…?!

困りました。

腰が完治したら、ジョキングでどれ位落とせるのか、再度、トライしようと思います。

朝食と夕食に主食を抜くことに比べると、昼食時の主食抜きは、やや不自由に感じます。
3食抜きは、やってやれなくはないのですが、やはり作り手(女房や母)の負担を増やしてしまうようです。

主食抜きでは、どうしても、もう一品欲しくなってしまいます。

朝食は、ルーチンなもの。
夕食には、焼酎がありますし、女房が適当につまみを作ってくれますので心配はいりません。

昼食は、運動と組み合わせて、やっぱりごはんやそばを食べたいと思います。
そうすれば、おかずは残り物でも十分です。

今週は、バレーの練習と、加圧トレーニングを休みます。

ただジッと、カラダの消炎作用の仕事ぶりに、期待をかけて…。









この記事へのコメント

sakeoni1616
2008年03月26日 22:42
順調に回復してきて良かったですね。
私も昼食の実験は一休み中なので、今日はご飯を思いっきり減らしました。多分90gなかったんじゃないかと思います。
ホントにほんの少しですよね。

その分のカーボは夜に摂れるようになったとは言え、まだまだ体重は減少傾向なので、かなりのローカーボ(当社比)継続中です。
sho
2008年03月27日 07:17
sakeoni1616さん、おはようございます。

90gのごはんって、さびしいですよね(笑)。
昔だったら、2~3口…。
そこで私は、ごはんに納豆をかけて食べます。
これで、ボリュームは満点?!

私も、「糖質制限」後、しばらくは体重が減少傾向でしたが、今は下げ止まりました。
59kgプラスマイナス0.5kgくらいです。

この記事へのトラックバック